[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

「熊本県経済農業協同組合連合会」に支援金1,000万円を助成 熊本県産いちご「ゆうべに」でみんなを"にこやか"に くまもとの赤「ゆうべに」smile事業を応援

集合写真
2017年8月24日(ホテル熊本テルサ 1階・テルサホール)

熊本地震からの創造的復興へ向けて、『復興応援 キリン絆プロジェクト』熊本支援」の包括支援協定に基づく「食産業復興支援」「地域の活性化支援」の一環として、熊本県経済農業協同組合連合会が実施する「~熊本県産いちご『ゆうべに』でみんなを"にこやか"に~ くまもとの赤『ゆうべに』smile事業」へ支援金1,000万円を助成しました。

熊本地震からの創造的復興へ向けて、キリングループと熊本県、公益財団法人日本財団との間で締結した「『復興応援 キリン絆プロジェクト』熊本支援」の包括支援協定に基づく「食産業復興支援」「地域の活性化支援」の一環として、熊本県経済農業協同組合連合会が実施する「~熊本県産いちご『ゆうべに』でみんなを"にこやか"に~ くまもとの赤『ゆうべに』smile事業」へ支援金1,000万円を助成。その目録贈呈式が、8月24日にホテル熊本テルサで開催された「熊本県オリジナルいちご『ゆうべに』進発式」にて行われた。
ゆうべには、2015年に熊本で誕生した新品種のいちご。名前の由来は、熊本の「熊(ゆう)」と、「紅(べに)色」からきており、色鮮やかで大玉、甘みと酸味の絶妙なバランスとフレッシュな果汁、そして芳醇な香りが特徴だ。昨年から本格的な生産がスタートし、本年度は作付面積が飛躍的に拡大。今後県内で栽培されるいちごの主力品種となる見込みだ。それに合わせ、「くまもとの赤『ゆうべに』smile事業」を推進し、生産者の栽培意欲向上と消費者の認知度向上につなげると共に、同ブランドの育成を図り、震災後の熊本の農業と地域活性化に貢献することを目指す。
進発式では、平成29年度の定植前に関係機関が一堂に会し、一枚岩となって同ブランドの確立を行うために生産方法や販売方法、6次化の取り組みについての説明があり、最後は熊本城おもてなし武将隊による"ガンバロウ三唱"で幕を閉じた。

キリングループの商品パネル
熊本県オリジナルいちご ゆうべに進発式
飲料の提供
目録贈呈式
目録贈呈
集合写真
「ゆうべに」について
ガンバロウ三唱
ゆうべに太郎・次郎・三郎
熊本城おもてなし武将隊、麻生 芳彦

コメント①
熊本県経済農業協同組合連合会 代表理事会長 加耒(かく) 誠一 様

この度はキリングループ様、日本財団様に多大なるご支援をいただき、心より厚く御礼を申し上げます。今回のご支援は、熊本県が約10年の歳月をかけて研究し、オリジナル品種として誕生した「ゆうべに」の認知向上、そして"売れる農水産物"を全国に向けて発信するという目的に活用させていただければと思います。大玉で糖と酸のバランスに優れ、芳醇な香りを持つ「ゆうべに」が、"くまもとの赤ブランド"を代表する商品として、消費者はもちろん、流通・加工関係者、生産者にも受け入れられる商品に育てるべく、関係者が心を一つにして取り組んでまいります。

加耒 誠一 様

コメント②
キリンビール株式会社 熊本支社長 麻生 芳彦

「復興応援 キリン絆プロジェクト」は、昨年12月にスタートしました。「絆を育む」をテーマに、「食産業復興支援」「地域の活性化支援」「心と身体の元気サポート」の3つの幹で、熊本の復興から未来へつながる活動の支援を行っています。今回の"くまもとの赤・ゆうべに"のブランド力向上への応援については、同プロジェクトの「食産業復興支援」「地域の活性化支援」の一環として応援させていただくものです。キリングループでは、かねてより「世界一の九州をつくろう。」というスローガンの下に、九州そして熊本の食・旅・人を中心に、熊本の元気を応援する活動を展開しております。10月には阿蘇の草原再生を応援する商品も発売になります。これからも地域に寄り添い、熊本を元気にする活動を続けてまいります。

麻生 芳彦

コメント③
公益財団法人 日本財団 経営企画部長 荻上 健太郎 様

この度は「復興応援 キリン絆プロジェクト」より、「くまもとの赤『ゆうべに』smile事業」に対して支援金を贈呈させていただきます。この事業は、熊本で生まれた「ゆうべに」の名が全国に知られ、食べた方々が幸せを感じられるような商品として、大きく育っていくこと期待した支援です。ブランド化を進めるにあたっては、生産者の方々の多大なるご苦労に加え、ゆうべにが消費者の元に届き認知されるまでには相当な時間が必要です。本日お集まりの皆様方が、進発式の名にちなみ、「ブランド作りを引っ張っていく」という思いを持って取り組んでいただければ、必ずやゆうべにが「くまもとの赤」を代表するブランドに育っていくものと期待しています。

荻上 健太郎 様

コメント④
一般社団法人 熊本県野菜振興協会いちご専門部会 部会長 西村 一広 様

熊本県オリジナルいちご「ゆうべに」進発式において、キリングループ様、日本財団様より「復興応援 キリン絆プロジェクト」のご支援をいただき大変ありがたく、また力強いと感じております。当部会では2020年の東京オリンピックに向け、熊本県オリジナルのゆうべにの知名度アップに取り組んでいます。紅色の鮮やかな見た目や、甘みと酸味のバランスが取れたフレッシュな味わいは、すでに市場で高い評価をいただいています。しかし、生産者も多くいることから、今後は味の統一、より良いパッケージ作りなども進めていく必要があります。他県のいちごに負けないよう、頑張ってまいります。

西村 一広 様

[ここからフッタです。]

先頭へジャンプ