[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

福島県いわき市「いわき6次化協議会」に支援金を助成

贈呈式の様子
2015年2月24日

福島県いわき市「いわき6次化協議会」に対し、「いわき〝食Labo〟プロジェクト」の応援のため、日本フィランソロピー協会の協力のもと、支援金を助成しました。

キリンビールマーケティング株式会社(社長 布施孝之)は、福島県いわき市「いわき6次化協議会」が取り組む、「いわき〝食Labo〟プロジェクト」への支援金として、総額3,000万円を公益社団法人 日本フィランソロピー協会(理事長 髙橋陽子)の協力のもと2月24日(火)に助成しました。
今回の助成は、震災によって大きな被害を受けた福島県いわき市での、農産物や加工品のブランド育成と6次産業化による販路の拡大を図るため、「いわき6次化協議会」が、地元の農業生産者・加工販売者・料理人等と協働で取り組む「いわき〝食Labo〟プロジェクト」に対するものです。本プロジェクトでは、単価や出荷単位の問題から個々の生産者では難しかった少量での加工品開発を行うことで、いわき産の食の復興とブランド化を進め、次世代に繋がる1次産業のモデルづくりに取り組みます。今回の助成金は、本プロジェクトでの加工設備の導入、加工品の新商品開発、ブランド育成、情報発信などに活用されます。

試食の様子
商品の数々

[ここからフッタです。]

先頭へジャンプ