[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

研究員が読み解くこれからのくらし

新しいタイプのポジティブシニアが増えていく?データから読みとくシニアの新しいくらしかたと飲食

手づくりとウォーキングでくらしを楽しむポジティブシニア

2015年には東京の老年人口は300万人を越え、首都圏などの都市の高齢化は既にはじまっています。シニアは、消費支出・貯蓄ともに多く、総務省家計調査による平成25年世帯最終消費支出額は、全体の46%を60歳以上が占めました。 60歳以上の方々は、他の年代に比べて「幸せ」と感じている人が多いようです。お金、時間そして健康にも恵まれた人たちが多いのが特徴ですが、今回はお金に余裕がなくても元気でくらしを楽しむ60代男性を「ポジティブシニア」と名付けて、そのくらし方に焦点をあてて分析してみました。

くらしの中の時間や経済にゆとりはありますか? 健康ですか?

  • ■ 時間・経済・健康 全てある
  • ■ 時間・健康がある
  • ■ 経済・健康がある
  • ■ 健康のみ
  • ■ 経済のみ
  • ■ 時間のみ
60代男性全体では70%が「幸せ」を感じている

PDF書類を開くためには、「Adobe Reader 7.0」以上のソフトが必要です。
お持ちでない場合はこのボタンをクリックしてください。ダウンロードサイトにジャンプします。

「研究員が読み解くこれからのくらし」のその他の記事

PICK UP

[ここからフッタです。]

先頭へジャンプ