[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

Scenario G

  • 安定衰退
  • 内的価値
  • 一極集中
イラスト。街

豊かでないながらも
安心感がある社会

市場人口減少に伴い、日本経済は緩やかに縮小。
縮小していく日本市場に対し魅力を感じず、日本から撤退していくグローバル企業も増加。
結果として、国内は日系企業主導でガラパゴス的な独自の発展を遂げている。
経済は縮小しているものの、一人当たりGDPの低下を招くほどではない。
賃金より雇用を重視し、女性・高齢者もワークシェアなどで全員が低賃金を受容する。
非正規雇用も増えるため、マルチジョブも増える。

多様化するニーズに対応しつつ、
社会インフラとしての機能を拡充する大手流通

経済規模の縮小に伴い、流通業は大手数社に集約。
モールを中心に生活機能が集まり、「ゆりかごから墓場まで」の教育や医療も含めた商品やサービスを供給するようになっており、
社会インフラとしての地位を確かなものにしている。
セーフティネットとしての大手流通があることから、生活者の将来への不安は比較的少ない。

経済状況が良くないこと、そして流通が大手に集中した結果としてPBが強化され、
NBはカテゴリー1位ブランドのみの取り扱いとなった。
特徴のない大手メーカー、特に流通対応していない企業は生き残りが厳しくなる。

生活者はより安いものを消費する傾向にある一方で、
自分のチョイスを納得させてくれる主張・特徴のある店舗・商品を選ぶようになる。
国内市場は大手流通による寡占状態ではあるが、生活者を自社の経済圏に囲い込むために、
各社は多様化する生活者ニーズに応える努力をせざるを得ない。
大手流通はニーズに応えて様々なタイプの店舗を展開、PBも多様化している。
流通各社は、ID-POSにひもづけられた行動ログや生体情報をビッグデータとしてうまく利用し、
クラウドサービスを充実させることでエリアマーケティングの質的向上を成し遂げ、店舗別に特徴を出すことで細分化する顧客ニーズに密着できている。

地域コミュニティへの関与を重視

テレワークの進展や地方移住もあり、東京集中の動きは一服する。大手流通の手が届かないところでは、地域内の互助的な動きが発展。
コミュニティ内では労力のシェアや冷暖房シェア、自分でつくったモノのCtoC取引など、貨幣によらない交換も行われている。
高齢者シェアハウスなど家族機能のシェアや地域での支えあいも進展する。
地域のコミュニティスペースとして、流通企業の提供するイートインスペースも重宝されている。

[ここからフッタです。]

先頭へジャンプ