[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

Scenario A

  • 乱高下
  • 外的価値
  • 一極集中
イラスト。あなたの信用スコア:低い

競争社会の中で生活者は利便性を重視し、
信用スコアに縛られストレスが高まる

日本企業は、アジアの成長を取り込むことに成功するも、中国の経済危機の影響でアジア経済が停滞し、大きな影響を受ける。
経済が乱高下する中、インフラ・仕組み・資金力を持ち、マイナスを吸収できる大企業だけが生き残る。

仕事上の能力や健康状態などを評価する信用スコアにより、目に見える階層化が進み、
人々はスコアに気を遣いながら生活を送ることになる。
競争社会の中で、毎日忙しい生活を送っているため、効率や利便性を重視しネットショップで商品を購入し、
自分が提供したログに基づくリコメン商品をそのまま購入するケースも増える。

厳しい競争社会の中で、信用スコアを維持向上するためのストレスが高まり、
高額な費用を払ってでもメンタルヘルス改善を図る人も出てくる。

生活者のニーズをうまく捉えた
グローバルEC企業が巨大化し幅広い領域に進出

PBが強化され、NBの棚がますます縮小するため、NBは1位ブランドしか生き残れない。
生活者のニーズをうまく捉えたグローバルEC企業は、PBのアンテナショップなども展開しながら巨大化している。

家庭内で行われていた調理や食事を家庭外に依存する人が増える中、
食品産業も調理食品や惣菜、弁当といった「中食」の提供や市場の開拓に注力し、食の外部化が一層進んでいる。

グローバルEC企業や大手量販企業は、中食の普及を利用して、栄養・カロリーなどの食生活や日常的な運動の管理を、
アプリを用いた無料サービスとして提供し、顧客の囲い込みを進めている。食品に関してはわざわざ購入の手間をかけなくても、
生体情報に応じて必要なものが自動的に届く予測購買を利用する生活者もいる。

高齢化が進む中、いきいきと働き続ける高齢者が社会的に良い評価をされるため、
高所得者は金に糸目をつけず高額治療を受けるようになる。
日本で開発した知見のグローバル展開を狙う企業も出てくる。

[ここからフッタです。]

先頭へジャンプ