[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

環境活動・トピックス

2019年2月22日

CDP「ウォーターセキュリティ」で最高評価の「Aリスト」、「サプライヤー・エンゲージメント・レーティング」で最高評価の「A」をキリングループが獲得

CDPウォーターセキュリティ「Aリスト」ロゴ 「サプライヤー・エンゲージメント・レーティング・リーダー・ボード」ロゴ

キリンホールディングス株式会社は、環境情報開示システムを提供する国際的な非営利団体であるCDP※1により、ウォーターセキュリティで「Aリスト」企業に認定され、1月22日(火)に発表されました。当社がウォーターセキュリティで「Aリスト」企業に認定されるのは3年連続です。

また、2月6日(水)には「サプライヤー・エンゲージメント・レーティング」において最高評価「A」を獲得し、サプライチェーンにおける気候変動対策の世界的リーダーとして「サプライヤー・エンゲージメント・レーティング・リーダー・ボード」に初めて選定されたことが発表されました。

写真

CDP2018日本報告会で登壇する
キリンホールディングス(株)常務執行役員 溝内 良輔

  • ※1 CDPは、企業や政府がGHG排出量を削減し、水資源を保護し、森林を保護することを推進する国際的な非営利団体です。CDPはさまざまな気候変動に関する調査の中で投資家による投票で第1位に選ばれ、機関投資家と協働し、投資や購買の力を活用して、企業の環境影響の開示と管理を促進しています。2018年は、運用資産総額87兆米ドルを有する650の機関投資家や、調達費用総額3.3兆米ドルにのぼる115の企業・団体を代表して、調査が行われました。世界の時価総額の50%以上を占める7,000社以上の企業がCDPを通じて環境データを開示しています。
<< 参考 >>

[ここからフッタです。]

先頭へジャンプ