[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

環境活動・トピックス

2019年3月4日

ビール6缶パック、製品用段ボールの上面にFSC®ロゴが付きはじめています

写真

みなさんは、6缶パックや製品用段ボールの上面に付いているこのロゴに気づきましたか?
このロゴは、その紙容器が再生資源または責任ある森林管理が行われている森林の原材料で作られたFSC認証紙を採用していることを示しています。実は、紙容器の裏側にはもっと大きなFSCラベルも表示しています。

キリングループは、キリンビール、キリンビバレッジ、メルシャン、キリン・トロピカーナで使用するすべての紙製の容器包装(6缶パック、ギフト箱、紙パック、製品用段ボール箱)を2020年末までにFSC認証紙への切り替えることを目指しています。
すでにビール6缶パックや製品用段ボールはすべてFSC認証紙に切り替わっていますが、お客様に森林を守り持続的に利用することの大切さを理解していただくために紙容器の上面へのFSCロゴ、および底面へのFSCラベルの表示を推進しています。
ビール6缶パックではすでに殆どの製品の底面にFSCラベルが表示されていますが、ビール6缶パックや製品用段ボールの上面へのFSCロゴ表示は2019年1月製造分から始め、今年中にはほとんどの製品で表示することになります。

FSCジャパン主催2018年9月と12月に実施したFSCラベルを撮影して投稿していただくキャンペーンでは、合計で400件を超える投稿をいただいています。
みなさんも、店頭で是非確認してください。

2018年10月末のFSC認証紙使用比率は以下の通りです。

種別 目標 目標年 達成率
(2018年
10月末現在)
FSC
認証紙
比率
FSC
ラベル
付与比率
ビール
6缶パック
100% 2017
年末
100% 約93%
飲料
6缶パック
100% 2017
年末
100% 約90%
ギフト箱 100% 2020
年末
100% 約70%
紙パック(飲料) 100% 2020
年末
約95% 約55%
紙パック(酒) 100% 2020
年末
約75% 約2%
製品用
段ボール箱
100% 2020
年末
約100% 約60%

FSC®C137754

[ここからフッタです。]

先頭へジャンプ