[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

環境活動・トピックス

2016年2月19日

レインフォレスト・アライアンス認証取得に取り組むスリランカの紅茶農園を訪問してきました

スリランカ訪問の様子

キリンは、紅茶農園が自然や人権に配慮しながら継続的に紅茶葉を生産できるように、2013年からスリランカの紅茶農園が持続可能な農園認証制度であるレインフォレスト・アライアンス認証を取得する支援を行っています。
2013年の支援開始から毎年現地訪問を行っていますが、今回は2016年1月11日から1月16日にかけて、スリランカのディンブラとキャンディー地区の紅茶農園を訪問し、現地確認を行いました。

ストーニークリフ農園ではキリンの支援でレインフォレスト・アライアンス認証を取得した農園に対して、そのことを示す記念の楯の贈呈式を行いました。
農園の入口では楽団と子供たちが出迎えてくれていました。また、レイを掛けられ、額には赤い顔料で印をつけてもらうなど、現地の風習に則った、心のこもった歓迎を受けました。
農園の会場では近隣の5農園のマネージャー達が集まり、楯の贈呈式が厳かに行われました。

また、スリランカ・フレンドシップ・プロジェクトの一環として、学校や農園附属の幼稚園に、図書や文具も贈呈しました。
学校に図書を届ける取り組みは2007年から開始したもので、第1期として既に5年間でのべ18校に寄贈した後、現在は第2期として5年間で100校に各100冊程度の図書を届ける予定にしています。
今回訪問したディンブラ地区にある学校では生徒全員が校庭に出て歓迎式典を開催して頂きました。学校の先生によると、図書寄贈が始まってから生徒たちの学力も上がり、上位の学校に進学する生徒も増えたとのことで、支援がお役にたてていることを実感しました。

スリランカ訪問の様子

幼稚園への文具贈呈では、3つの農園の附属幼稚園を訪問しました。現在、キリングループの工場で販売している茶葉商品の売り上げの一部を寄贈文具の購入に充てています。今回は、これに加えて、キリン・スクール・チャレンジに参加いただいた学校の学生のみなさんがイベントで物品販売をされた収益の一部も文具購入に充てさせていただきました。
どこでも子供たちが大歓迎をしてくれましたが、貰った文具をさっそく開けて絵を書きだした無邪気な子供たちの笑顔が印象的でした。

スリランカ訪問の様子

2013年から開始したスリランカの紅茶農園のレインフォレスト・アライアンス認証取得支援は、2015年末で既に累計70農園以上がトレーニングを開始、約30農園が認証を取得しています。キリングループでは、今後もより生産者と良いパートナーシップを築き、原料生産地の持続性向上のために取り組みを進めていきます。

(1) マシュケリア・プランテーションのハプガステン農園

1コロンボ市内を早朝に発ち、車で5時間程掛けてディンブラのハプガステン農園にやってきました。

2この農園はキリンの支援でレインフォレスト・アライアンス認証を取得しています。

3農園では除草剤を使わない農業に挑戦をしていて、その成果発表会があり、多くの農園関係者が集まっていました。

4具体的には紅茶の木に悪影響を与える雑草のみを手で駆除し、その他の雑草は残すというシンプルな方法です。

5ハプガステン農園では一定の成果が上がったとのことでしたが、まだまだ他の農園でのテストはこれからです。

6発表会の後は、農園附属の幼稚園を訪問しました。

7さっそく幼稚園の先生が色々な写真を見せながら、取り組みを説明してくださいました。

8キリン フレンドシッププロジェクトの一環として、幼稚園に文具を贈呈しました。

(2) アパラパサナ・プランテーションのバルモラール農園

1バルモラール農園もキリンの支援でレインフォレスト・アライアンス認証の取得をした農園です。

2入口にはレインフォレスト・アライアンス認証の規定である農園内の動物を調べた結果の掲示がありました。

3レインフォレスト・アライアンスの規定は、農園で使う機械の燃料油や農薬、試薬などの化学物質を施錠の掛る形で隔離保存することを求めています。

4この農園でも、燃料倉庫は施錠管理されて、関係者以外は立ち入りできないようになっていました。

5また、もし燃料が漏れた場合も、床下に設けられた排出口から貯蔵スペースに流れて周辺を汚さずに油を回収できるようにするなどの工夫がなされていました。

6化学物質の管理も、同様に施錠管理されていました。

7更に、安全シートが掲示され、安全衛生管理がしっかりと行われていることが分かります。

8これらも、全てレインフォレスト・アライアンス認証を取得した際に指導されることなのです。

9バルモラール農園でも、付属の幼稚園で文具を進呈してきました。

10子供たちの笑顔には癒されますね。

(3) コトガラ・プランテーションのストーニークリフ農園

1今回も昨年に引き続き、キリンの支援でレインフォレスト・アライアンス認証を取得したことを示す楯の贈呈式を行いました。

2ストーニークリフ農園の入口では、楽団と子供たちの大歓迎を受けました。

3子供たちの先導で、贈呈式会場へ入っていきます。

4キリンからは、レインフォレスト・アライアンス認証の取得に対するお礼を述べました。

5贈呈式には、5つの農園のマネージャーが集まってきてくれました。

6式典の後は、当然のようにアフタヌーン・ティーの時間。スリランカの紅茶園では、これが欠かせません。

(4) カハラワッテ・プランテーションのクレイグヘッド農園

1クレイグヘッド農園は、今回訪問した農園の中で、唯一これからレインフォレスト・アライアンス認証を取ろうとしている農園です。

2大変に美しい農園で、ちょうど茶摘みをしているところでした。

3現在は、農園内の住民の生活排水は川にそのまま流れている状態ですが、これを改善する予定になっています。

4認証取得に合わせて排水処理場を作り、綺麗な水に戻して川に流す計画です。

5ここでも農園附属の幼稚園に文具を贈呈してきました。

6子供たちは貰った文具に興味津々です。

7さっそく文具を取り出して絵を描き始めてくれました。

8この美しい景色の中で、子供たちにすくすくと育ってほしいですね。

[ここからフッタです。]

先頭へジャンプ