[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

ガラスびんのリデュース

キリンでは商品の品質の保護と安全性を確保したうえで、より軽くて丈夫なガラスびんの開発に努めています。
軽量びんは資源を節約し、軽くなることで輸送効率が上がり、
エネルギーの節約、CO2排出の抑制にもつながります。

リターナブル大びん・中びん・小びんの軽量化を実施

ビールびんの外表面にセラミックスコーティングを施し、従来の大びん(605g)より21%軽くした軽量大びん(475g)を導入しました。 20本入り1ケースでは約2.6kgも軽くなっています。2003年6月、軽量びんへの切り替えを100%完了しました。

小びんについても軽量化を実施し、従来の小びん(390g)より10%軽くした軽量小びん(351g)を導入し、1999年に切り替えを完了しました。

リターナブル大びん
リターナブル中びん

中びんも2014年11月、従来の中びん(470g)から90g軽量化した国内最軽量(※1)中びん(380g)を開発し、約20%の軽量化に成功しました。 20本入り1ケースでは約1.8kg軽くなります。2014年11月下旬に九州でテスト展開、10年間で全数の切り替えを完了する予定です。 今回の中びんの軽量化により、製造・物流工程のCO2排出量は年間約930トン削減(※2)できます。

※1 2014年11月12日時点。当社調査による。
※2 2年間1千万本吹製した場合。(2014年内は100万本投入予定)

ロゴが違います
ハートランド(リターナブルびん)

ガラスの素材を生かしたお洒落なエメラルドグリーンのエンボス(浮き彫り)加工のリターナブルびんです。330ml、500mlがあります。

エンボスのシンボルデザインを生かすためにネックラベルを採用しています。このため、メインラベルとバックラベルを貼付する通常中びん・小びんと比べ、500mlびんで約32%(0.45g)、330mlびんで約37%(0.34g)ラベル紙を削減しています。

リターナブル大びん
グランドキリン(ワンウェイびんの軽量化)

これまでの最軽量170gから30g軽量化した140gのガラスびんです。

「コンビニエンスストアで500ml缶の横に陳列されるサイズ」でガラスびんらしい形状を工夫し、直接びんから飲んだときでもグラスで飲むのと同じように口当たりが良く、香りが広がる口径33ミリの広口マキシキャップを採用しています。

ガラスは極限まで薄くしても日光を遮ることのできる深い緑色にしました。

30gの軽量化によって、原材料を削減し、製造時のCO2も1本当たり23g減らすことができました。

グランドキリン(ワンウェイびん)

[ここからフッタです。]

先頭へジャンプ