[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

容器の設計と採用

資源の保全と環境負荷低減への取り組みをより推進するために、キリンでは「環境に配慮した容器包装等設計指針」を制定し、
お取引先にもご協力をいただき環境負荷の少ない容器包装等の開発に努力しています。

環境に配慮した容器包装等設計基本方針

1. 目的

地球の豊かなめぐみと環境を持続的なかたちで将来につなぎ、お客様と社会全体に価値を提供し続けるために、 法令ならびに「環境に配慮した容器包装等設計指針」を遵守することにより、 配慮した商品開発ならびに営業活動における廃棄物の削減およびリサイクルの推進を通し、 バリューチェーンから生じる環境負荷を地球が賄うことができる能力とバランスさせる 「資源循環100%社会の実現」を目指す。

2. 容器包装の開発・設計・採用の基本的考え方

  • (1)開発・設計に当たっては、内容物の品質保持・安全衛生と容器包装自体の安全性、製品情報の適正表示を前提に、環境適性、お客様の使いやすさ、輸送効率ならびに経済性を考慮する。
  • (2)採用に当たっては、さらにお客様の購入・飲用形態、販売形態および内容物の特性に応じたものを選択する。

3. 容器包装の開発・設計・採用に当たっての環境配慮の考え方

  • (1)調達からリサイクルまでの容器包装のライフサイクル全体での環境負荷低減を図り、自然環境への影響を最小限に抑える。
  • (2)資源有効利用、循環型社会の実現に寄与するために、リサイクルや廃棄が容易で、環境負荷の少ない素材を使用する。
  • (3)低炭素社会の実現に寄与するために、容器包装製造および商品輸送工程でのエネルギー使用量および温室効果ガス発生量の少ない素材を選定する。
  • (4)廃棄処理時の環境汚染防止に配慮した素材を選定する。
  • (5)3R(発生抑制・再使用・再生利用)は、次項に従って推進する。

4. 3R(発生抑制・再使用・再生利用)推進の指針

  • (1)発生抑制(Reduce)
  • 1.容器包装および販売促進用ツール等の軽量化に努め、材料の使用量の低減に努める。
  • 2.リサイクル時や廃棄時に、折りたたみ、押しつぶし等により、できるだけ体積が小さくなるように減容化に努める。
  • 3.簡易包装への切り替え、個別包装・外装の省略を推進し、包装の適正化に努める。
  • (2)再使用(Reuse)
  • 1.再使用および再充填の回数ができるだけ多くなるように努める。
  • 2.再使用および再充填に係る環境負荷ができるだけ少なくなるように努める。
  • (3)再生利用(Recycle)
  • 1.できるだけ単一素材を使用し、2種以上の素材を使用する場合は、容易に分離が可能となるように努める。
  • 2.再生された素材および再生品使用比率の高い素材を使用するように努める。
  • 3.分別排出、分別収集、選別を容易にする仕様・デザインに努める。

2015年9月3日
CSV推進部長

容器の採用
  • Reduce(リデュース:発生抑制)
  • ペコロジーボトル®

    2Lペットボトルで63gから
    28.9gに軽量化。

  • ワイン用ペットボトル

    ガラスびんと比べ割れにくく軽量。
    容器製造時、輸送時の
    CO2発生量を削減。

  • 軽量大びん

    従来の大びんより
    21%軽量化。

  • ワンウェイびん

    330mlワンウェイびんとしては140gの国内最軽量。

  • 軽量缶(204径缶)

    小口径の缶蓋導入による軽量化。

  • アルミ缶

    1990年比で約19%軽量化。

  • スチール缶

    FIREブランド「挽きたて微糖」の缶は、2012年に2008年比で
    1本あたり約23%軽量化

  • ラミネート缶

    成型時に水を使用せず
    内側の塗装行程の省略により
    CO2発生量を削減。

  • 6缶パック

    板紙を軽量化し紙資源を節約。

  • コーナーカットカートン

    四隅を切り落として省資源化。

  • スマートカットカートン

    缶ビールカートンでは
    コーナーカットカートンからさらに
    長側面上部の角も切り落として
    省資源化。

  • ショートフラップカートン

    側面フラップ面積を縮小し
    省資源化。製造時のCO2発生量
    も10%削減

  • Reuse(リユース:再使用)
  • リターナブルびん(酒類)
  • リターナブルびん(清涼飲料)
  • 業務用樽詰生大樽(ステンレス製)
  • Recycle(リサイクル:再生利用)
  • ボトルtoボトル

    ペットボトルをリサイクルして
    新たなペットボトルに再生。

  • アルミ缶

    できる限り再生地金の比率が
    高い缶を使用。

  • 焼酎びん

    ワンウェイびんはカレットにして
    再生利用。

  • 外箱カートン

    再生利用に適した段ボール

  • ペットボトル

    再生利用を容易にするため
    透明ペットボトルを使用。

  • 紙パック

    再生利用を容易にするために
    透明外装フィルムを除去。

[ここからフッタです。]

先頭へジャンプ