[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

シャトー・メルシャンと地域とのつながり
シャトー・メルシャンと地域とのつながり

シャトー・メルシャンと地域とのつながり

SCROLL

日本でしか造りえない最高のワインを追い求め、
ワイン造り、ブドウ栽培に取り組んでいます。

また、自社管理畑や契約栽培でのブドウ栽培を通じて、
地域の皆様と共に、後継者不足や遊休地活用など課題の解決にも向き合っています。

これからも、より多くのお客様に、
「シャトー・メルシャン」のワインをお届けし続けたい、
それが地域の皆様と共に歩む、私たちの願いです。

シャトー・メルシャンと地域とのつながり シャトー・メルシャンと地域とのつながり

1877年現在の山梨県甲州市勝沼町に設立された日本最古の民間ワイン会社「大日本山梨葡萄酒会社」をルーツに持つメルシャンは地域とのつながりを大切にしてきました。

昭和13年、地元の要請にこたえて大黒葡萄酒会社(現メルシャン)は塩尻の地に塩尻工場(現塩尻セラー)を設立し、ワインづくりを始めました。

日本でしか造り得ない最高のワインを造るため、高品質なブドウづくりを追求しその土地の風土にあったブドウ品種を探索し続け、ブドウ栽培地は、山梨県、長野県、秋田県、福島県の4県へと広がりました。

日本ワイン全体の品質向上への取組み

日本ワインのパイオニアとして、その品質向上に取り組んできました。
日本固有のブドウ品種「甲州」では、業界に先駆けシュール・リー製法を取り入れ、旨みのある辛口タイプの甲州ワインの開発に成功、また、「シャトー・メルシャン 甲州きいろ香」の特長である柑橘系を思わせる爽やかな香りを引き出すための、栽培方法、醸造方法なども研究し、それぞれ製法技術を他のワイナリーに公開してきました。
また、ワイン用ぶどうの自社栽培事業を目的に長野県上田市に開園した椀子(マリコ)ヴィンヤードでは、試験農場や自社所有の海外ワイナリーなどで培ったブドウ栽培のノウハウを活かし、ブドウの垣根栽培を行い、より品質の高いブドウ栽培に挑戦しました。
他のワイナリーと協力して日本ワインの品質を向上させる環境づくりに貢献することが、日本はもちろん世界のお客様に日本ワインの美味しさを知っていただくためには欠かせないと考えているからです。

栽培農家さんとのつながり

「はじめにぶどうありき」、「ブドウ」と「ブドウ栽培に携わる造り手」は、ワインの味わいを決める大切な要素です。シャトー・メルシャンでは、各地の契約栽培農家をメルシャンの従業員が定期的に訪問。生育状況を確認し、季節ごとに必要な芽かきや新梢誘引、収穫時期の決定、冬季剪定といった具体的栽培指導を行っています。
栽培農家さんと力を合わせて、お客様に美味しいワインをお届けしたいと考えています。

地域と共に歩む

農産物であるブドウ栽培は、日本の農業全体が抱える課題とも向き合っています。
自社栽培地を拡大することで、遊休農地の活用に貢献、また、ブドウ栽培農家さんと直接契約しブドウを継続的に購入することで、長期的に地域農業の保全維持を目指しています。
2008年からは塩尻市と産学連携の協定を締結し、講師の派遣を開始、醸造やワイン分析の講義やブドウの剪定実習などの技術指導で、ワイン産業を担う人材育成に協力しています。
ブドウ栽培を通じて地域の皆様と共に課題を乗り越え前進し続けています。

ブドウ栽培を通じたつながり

椀子(マリコ)ヴィンヤードでの収穫体験は、地元行政や陣場台地研究委員会の協力のもと、毎年たくさんの地域のお客様が参加してくださり、地域の皆様、行政、シャトー・メルシャンの交流の場となっています。
「今日収穫したブドウがワインになるのは3年です」そんな説明に「是非、飲んでみたいな」「みんなで集まって飲みたいね」と、ブドウを収穫するお客様に笑顔がひろがります。
ブドウ栽培地域の皆様とのかかわりは、メルシャンにとって大切な財産です。栽培地域との接点を強化し、より地元に愛され・誇りを持ってもらえるブランドとして歩んでいく事を目指しています。

日本の魅力を世界に

1970年に誕生した「シャトー・メルシャン」シリーズは、「シャトー・メルシャン桔梗ヶ原メルロー」の1985年ヴィンテージが、1989年の国際ワインコンクールで大金賞を受賞しました。
その後も数々の国際的な賞を受賞しています。シャトー・メルシャンシリーズではラベルに産地名を記載し、全世界の人々に、日本と各栽培地の魅力を伝えています。

シャトー・メルシャンの想い 日本でしか造り得ない最高のワインを追い求めて、ワイン造り、ブドウ栽培に取り組んできました。そしてブドウ栽培を通じて、地域の皆様と強く深いつながりを育んでいます。これからも、より多くのお客様にシャトー・メルシャンのワインをお楽しみいただけるよう、栽培地を拡大し、より多くの深いつながりを地域の皆様と共につくっていきます。それぞれの地域が世界的に認められるワインの産地となること、そして日本をはじめ世界中の皆様が日本のワインを楽しんでくださることが、地域の皆様と共に目指す、シャトー・メルシャンの想いです。 シャトー・メルシャンの想い 日本でしか造り得ない最高のワインを追い求めて、ワイン造り、ブドウ栽培に取り組んできました。そしてブドウ栽培を通じて、地域の皆様と強く深いつながりを育んでいます。これからも、より多くのお客様にシャトー・メルシャンのワインをお楽しみいただけるよう、栽培地を拡大し、より多くの深いつながりを地域の皆様と共につくっていきます。それぞれの地域が世界的に認められるワインの産地となること、そして日本をはじめ世界中の皆様が日本のワインを楽しんでくださることが、地域の皆様と共に目指す、シャトー・メルシャンの想いです。
シャトー・メルシャン 桔梗ヶ原メルロー シグナチャー

シャトー・メルシャン 桔梗ヶ原メルロー シグナチャー

1985年産の初ヴィンテージ以来、日本最高の赤ワインの一つとして国内外から高い評価を受けている『桔梗ヶ原メルロー』、その中から特別な区画を選定し、更に樽セレクションにより厳選しました。『シグナチャー』とは「特別なワインに醸造責任者が署名を入れる」ことを表しています。

商品詳細へ
シャトー・メルシャン 新鶴シャルドネ

シャトー・メルシャン 新鶴シャルドネ

福島県会津地方の新鶴地区。栽培農家による努力と雨よけというアイデアが功を奏し、健全で充分に成熟したブドウを収穫できます。新鶴のテロワールを反映したトロピカルな香味がしっかりと表現された個性豊かな味わいが特徴です。「シャトー・メルシャン 新鶴シャルドネ」は、全て収量制限区の凝縮されたブドウを使用しています。

商品詳細へ
シャトー・メルシャン 椀子ソーヴィニヨン・ブラン

シャトー・メルシャン 椀子ソーヴィニヨン・ブラン

柑橘系の果実やパッションフルーツのアロマに加え、ハーブのニュアンスを感じさせる、さわやかな酸味が楽しめるワイン。長野県上田市丸子地区の陣場台地にある自社管理畑「椀子(マリコ)ヴィンヤード」のソーヴィニヨン・ブランを使用しています。

商品詳細へ

シャトー・メルシャンと地域とのつながりをシェアする

※ お酒に関する情報の場合、20歳未満の方の共有(シェア)はご遠慮下さい。

PAGE TOP

関連情報

シャトー・メルシャン Brand

シャトー・メルシャン Brand

はじめにブドウありき。日本でしか造り得ない、最高のワインを求めて。

シャトー・メルシャン・ワイナリー

シャトー・メルシャン・ワイナリー

『シャトー・メルシャン』の物語を楽しめる、山梨県勝沼市の新たな体験型ワイナリーをご案内いたします。

復興応援 キリン絆プロジェクト

復興応援 キリン絆プロジェクト

東日本大震災の被災地への支援として、継続的に復興支援活動に取り組んでいます。

キリンが応援する遠野のまちづくり

キリンが応援する遠野のまちづくり

遠野市の大切な資産であるホップの魅力を最大限に活用して未来のまちづくりに取り組むものです。

[ここからフッタです。]

先頭へジャンプ