[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

コミュニケーションのリスク

アルハラは人権侵害行為

アルハラとは、アルコール・ハラスメントの略で、飲酒に関連した嫌がらせや迷惑行為、人権侵害を指します。

飲酒の強要

上下関係・部の伝統・集団によるはやしたて・罰ゲームなどといった形で心理的な圧力をかけ、飲まざるをえない状況に追い込むことです。

イッキ飲ませ

場を盛り上げるために、イッキ飲みや早飲み競争などをさせることです。「イッキ飲み」とは一息で飲み干すことで、早飲みも「イッキ」と同じです。

意図的な酔いつぶし

相手がお酒に弱いのを知っていて、酔いつぶすことを意図して無茶な飲み方をさせることです。
飲酒の強要やあおりは命をも脅かす危険な行為であり、急性アルコール中毒になれば「過失傷害罪」、死亡すれば「過失致死罪」に問われます。
また、酔いつぶれた仲間に必要な保護をせずに死に至らしめた場合、「保護責任者遺棄致死罪」に問われることもあります。

飲めない人への配慮を欠くこと

本人の体質や意向を無視して飲酒をすすめる、宴会に酒類以外の飲み物を用意しない、飲めないことをからかったり侮辱する、などです。

酔ったうえでの迷惑行為

酔ってからむこと、悪ふざけ、暴言・暴力、セクハラ、その他のひんしゅく行為です。

【出典】
イッキ飲み防止連絡協議会「アルハラの定義5項目」「イッキ飲み法律学」

ついうっかりは許されない

お酒を飲み、感覚が麻痺すると大声になりがちです。自分ではいつもと変わらないと思っていても、周りの人は迷惑と感じることもあります。また、お酒を飲んで気が緩んでしまい、業務上の機密情報や、誹謗中傷やウワサ話など、軽率に話してしまう可能性もあります。帰りの電車やタクシーの中でもハメをはずさずに、社会人としてふさわしい行動をとっているか、常に意識しましょう。

「酔っているから」「酔った勢い」でしてしまった迷惑行為は、ノリで許さるものではなく、誰かを知らずに傷つけてしまうこともあります。被害にあわせない、被害を未然に防ぐためにも、正しくスマートにお酒と付き合いましょう。

[ここからフッタです。]

先頭へジャンプ