[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

適正飲酒のススメ

お酒の強さは一人ひとり異なります。
自分の適量を知った上で、正しく飲むことが大切です。特に高齢者は年齢に合った飲み方を心がけましょう。

性別、体重、年齢、遺伝などによって、お酒の強さは一人ひとり異なる

お酒の強さは人それぞれ

日本人の約4割は遺伝的に生まれつきお酒に弱い体質だと言われています。ほかにも性別や体重など、さまざまな要素が影響するため、お酒の強さ・弱さは一人ひとり異なります。

料理を食べながら適量を楽しみましょう。二日酔い、悪酔いの防止にも

適正飲酒を身に付けよう

まずは適量の目安を知りましょう。料理を食べながら飲む、水を飲む、休肝日を設けるといったお酒の上手な楽しみ方、二日酔いにならないための知識も取り上げます。

高齢者は特に適量が大切! おいしく飲むために定期健診で肝臓などのチェックを

好きなお酒を健康にいつまでも

一般的に高齢になるほど、アルコールの代謝機能が低下します。長くお酒を楽しむためには、定期的に健康診断を受け、年齢に合った飲み方をすることが大切です。

イッキ飲みはしない、させない! お酒やお酌の強要などのハラスメントもNG

無理強いはNG、断り方を覚えよう

イッキ飲みや、飲酒の無理強い、妊娠中や授乳期の女性にお酒をすすめるなど、お酒の席で絶対にしてはいけないことを覚えておきましょう。

アルコール摂取量が適量かチェック、体内で分解されるまでの時間もわかる

アルコール摂取量と処理時間

飲んだお酒が適量かわかるセルフチェックコンテンツです。摂取したアルコールが体内で分解されるまでの時間の目安もお知らせします。

自分の現在の飲酒習慣をチェックして、適量を心がけよう

飲酒習慣スクリーニングテスト(AUDIT)

自分の飲酒習慣に問題がないか、スクリーニングテストでセルフチェックできます。飲酒習慣の見直しに役立ててください。

[ここからフッタです。]

先頭へジャンプ