[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

キリンなるほど研究所

キリンなるほど研究所トップに戻る

ペットボトルのリサイクル

ペットボトルは、PET樹脂という単一の素材からできているので、リサイクルするのにとても適しています。そのため飲み終わった後のペットボトルをリサイクルするための法律が定められています。

容器包装リサイクル法

その便利さから広く普及したペットボトルですが、最終処分場の逼迫や環境問題への関心の高まりから、軽量化やリサイクルがますます重要視されています。それを実現する仕組みとして、容器包装リサイクル法を通じ、分別排出・分別収集・再商品化といったリサイクルの流れが全国で構築されています。

詳細

容器包装リサイクル法の正式名称は、「容器包装に係る分別収集及び再商品化の促進等に関する法律」です。家庭から出るごみの約6割(容積比)を占めるといわれる容器や包装に用いられた廃棄物。それを原料として再商品化するリサイクルの仕組みを構築することにより、一般廃棄物の減量と再生資源としての利用を進め、資源の有効活用を図る目的で制定されました。ペットボトルも再商品化の義務対象となる容器包装に指定され、市町村による分別収集が行われています。

混ぜればゴミ、分ければ資源

全国の市町村では、分別排出や資源回収・ゴミ収集のルールをつくっています。そのルールに従って、家庭では資源もゴミも種類ごとに分けて出しています。

詳細

キャップやラベルは、ペットボトルとは別の素材でできています。そのため、リサイクルしやすいように、ペットボトルと分けて排出することを、多くの市町村でルール化しています。なおボトル口部に残るキャップのリングは、再商品化事業者の選別工程で除去が可能なので、無理に取り外す必要はありません。

生まれ変わるペットボトル1

ゴミと分別されて集められ、分別基準を満たしたペットボトルは再商品化事業者のリサイクル工場に送られ、細かく粉砕されて、ボトルに残るキャップのリングなども取り除かれます。その後、きれいに洗浄して安全で清潔な再生フレーク(裁断状)に生まれ変わります。さらに溶解して再生ペレット(粒状)にすることもあります。

生まれ変わるペットボトル2…マテリアルリサイクル

次に、回収ペットボトルから生まれた再生フレークや再生ペレットは、繊維、シート・フィルム、成形品に加工され、再び使える製品に生まれ変わります。PET樹脂はポリエステルの一種なので、繊維に再生されたものは洋服、カーペットなどの繊維製品になります。再生しても透明なので、シートに再生されたものはタマゴパックなどのシート加工品になります。成形加工もしやすいので、自動販売機横の空き容器回収ボックスなどに成形加工されたりもします。こうした手法をマテリアルリサイクルといいます。

生まれ変わるペットボトル3…ボトルtoボトル・メカニカルリサイクル

マテリアルリサイクル用の再生フレークや再生ペレットをさらに清浄化処理し、再びペットボトルの原料として使用することを、メカニカルリサイクルといいます。わずかな不純物をも取り除いた再生フレーク・再生ペレットは、飲料食品用途にも使用できる安全衛生レベルになることから、ボトルtoボトル(ボトルからボトルへ)というリサイクルが可能になるのです。

分けやすく、集めやすく、リサイクルしやすく…キリングループの取り組み

キリングループをはじめとする飲料の充填やペットボトル成形を行う会社は、ルールや自主的な目標をつくって、よりラベルをはがしやすく、ボトルは薄く軽くつぶしやすく、無色透明にする、といった取り組みを進めています。PET樹脂という資源がムダにならないように努力しているのです。

 

[ここからフッタです。]

先頭へジャンプ