[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

キリンなるほど研究所

キリンなるほど研究所トップに戻る

ペットボトルはヒーローのように変身する

飲料によって、ペットボトルの形はそれぞれ異なりますが、その最初の姿はみんな一緒。ビーズのようなPET樹脂です。それを、まずは試験管のような形状のプリフォームに加工します。そして、このプリフォームを、加熱と高圧の空気によって瞬時にふくらませ、目的に応じて用意された金型に合わせて様々な形状のペットボトルに変化させるのです。このような加工工程を経て、いろいろな形のペットボトルがつくられるのです。

PET樹脂からペットボトル生成までの流れ

PET樹脂

PET樹脂からプリフォームをつくる

1.乾燥 あらかじめ、PET樹脂をホッパーと呼ばれる器で乾燥させます。

加熱したプリフォームからペットボトルをつくる

1.加圧・延伸1 ボトル金型内にプリフォームをセットします。

ペットボトル

ペットボトルの完成です。

金型を変えればいろいろな形状ができる

ボトル金型を変えることで、同じプリフォームからいろいろな形のペットボトルができあがります。

ペットボトルにいろいろな種類がある理由

 

[ここからフッタです。]

先頭へジャンプ