[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

Project04

ペットボトルを循環利用できる社会をつくる

世界的な問題となっているプラスチックごみ。プラスチック容器であるペットボトルを取り扱うメーカーとして、私たちはこの問題に正面から向き合っています。

プラスチック容器を扱うメーカーとしての責任

軽くて丈夫なプラスチックは人々の暮らしを豊かにしました。一方で、廃棄されたプラスチックは海洋汚染など新たな問題を引き起こしています。持続的な社会の実現のために、ペットボトルを取り扱うメーカーとしてこの問題に正面から向き合う。それが私たちの使命であると考えています。

省資源から循環利用へ

私たちはこれまで、びん、缶、ペットボトル、段ボールカートンなど包装容器全般の軽量化を進め、省資源に取り組んできました。なかでもペットボトルは、技術革新を重ねて軽量化の限界に挑み続け、2019年には国内最軽量の2Lボトルを上市しました。2Lボトルは20年前と比べると50%以上※も軽くなり、省資源に大きく貢献しています。

そして現在、省資源を超える次のステップとして挑戦しているのが、ペットボトルを循環利用できる社会の実現です。通常、ペットボトルは石油原料からつくられ、使用後は卵パックや服の繊維へとリサイクルされますが(左図)、使用済みペットボトルを新しいペットボトルへと再生することができれば、石油原料を使用しない循環利用が可能になります(右図)。このようなペットボトルをキリンではR100ボトルと呼んでおり、すでに一部の製品で使用しています。しかし品質や製造適性などの問題で再生回数には限度があり、半永久的な循環は実現できていません。そこで私たちは、何度でも繰り返せる新たな再生技術の開発を通じて、循環利用システムの構築に取り組んでいます。

ペットボトルをもっと地球にやさしい容器に。未来に美しい地球を受け渡すことを目指し、私たちは挑戦し続けます。

※2003年以前は63g、2019年は28.3g

通常のペットボトルとペットボトルからリサイクルされたペットボトル

関連リンク

[ここからフッタです。]

先頭へジャンプ