[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

KIRIN News Release

キリングループが「ホワイト物流」推進運動 自主行動宣言を提出~持続可能な物流の実現に向けて~

  • その他
  • 2019年9月26日
  • キリンホールディングス株式会社

キリンホールディングス株式会社(社長 磯崎功典)は、国土交通省・経済産業省・農林水産省が推進する「ホワイト物流」推進運動の趣旨に賛同し、持続可能な物流環境の実現に向けた自主行動宣言を、キリンビール株式会社(社長 布施孝之)、キリンビバレッジ株式会社(社長 堀口英樹)、メルシャン株式会社(社長 長林道生)、キリングループロジスティクス株式会社(社長 戸叶弘)、協和発酵バイオ株式会社(社長 南方健志)の5社から、9月25日(水)に提出しました。

自主行動宣言

①キリンビール株式会社、キリンビバレッジ株式会社、メルシャン株式会社、キリングループロジスティクス株式会社 4社

取り組み項目 取り組み内容
物流の改善提案と協力 トラック運転手や倉庫作業員など、物流業務に従事する方々の負荷削減へ向け、取引先や関係会社との相互理解・協力のもと、待ち時間や付帯作業の削減など、効率化、改善の取り組みを積極的に実施します。
共同物流の推進 業界の枠にとどまらず、他業種との共同物流も推進します。31FTコンテナを活用したラウンド輸送などによってムリ・ムダを省き、輸配送効率の向上に取り組みます。
パレット等の活用 取引先との相互理解のもと、ビール4社共同でのパレット回収に取り組みます。取り組みエリアも順次拡大し、物流のムリ・ムダを削減します。
出荷準備時間の確保 物流業務に従事する方々の働き方改革へ向けて、早期受注の確定によるリードタイムの延長など、各種施策を講じ、深夜作業削減、トラック運転手の手待ち時間削減などに取り組みます。
発注量の平準化 物流業務に従事する方々の負荷削減に向け、取引先との相互理解のもと、曜日別出荷波動などの繁閑差の平準化に取り組みます。
船舶や鉄道へのモーダルシフト モーダルシフトを推進し、新たな輸送手段の確保、ならびに二酸化炭素排出量の削減など環境負荷の軽減に取り組みます。
運送契約の書面化の推進 関係会社と運送に関する諸事項を事前に確認し、適切な業務遂行に取り組みます。
荷役作業時の安全対策 積み込み場所での昇降ステップの設置、安全研修実施など安全対策を講じ、取引先の理解を得ながら、労働災害の発生防止に向けた取り組みを、さらに推進します。

②協和発酵バイオ株式会社

取り組み項目 取り組み内容
物流の改善提案と協力 トラック運転手や倉庫作業員など、物流業務に従事する方々の業務負荷削減に向け、取引先や関係会社との相互理解・協力のもと、待ち時間や付帯作業の削減など、作業の効率化、トラック運転手の労働環境改善の取り組みを積極的に実施します。また、チャーター便で輸送する場合も同様に、事前に荷受け作業手順を確認し、物流業務委託先会社従業員の待ち時間や付帯作業の削減を実現します。
パレット等の活用 商品をパレットに積載し、フォークリフトを活用したトラックへの荷積み・荷下ろし対応をさらに増やしていくことで、パレットを使用しない手作業での運用と比べて、物流業務に従事する方々の積み込み作業負荷低減、労災発生リスクの低減を目指します。
リードタイムの延長 緊急作業によるトラック運転手の時間外労働の回避と作業負荷の低減を目的として、荷受け先の要望納期も事前に確認しながら、余裕を持ったリードタイムを設定します。
混雑を避けた配送 お盆、年末年始など、混雑が予想される時期は、お客様に納期の調整や、通常より長いリードタイムを設定することを理解いただきながら、混乱を避けた配送を行います。
運送契約の書面化の推進 関係会社と運送に関する諸事情を事前に確認し、適切な業務遂行に取り組みます。
下請取引の適正化 無理な納期設定、値引き依頼をしないことを徹底します。
荷役作業時の安全対策 新規納品先発生時は、安全を考慮した荷下ろし手順を提示します。

「ホワイト物流」推進運動とは

深刻化が続くトラック運転者不足に対応し、国民生活や産業運動に必要な物流を安定的に確保するとともに、経済の成長に寄与することを目的として以下2点に取り組む運動です。

  1. トラック輸送の生産性の向上・物流の効率化
  2. 女性や60代以上の運転者等も働きやすい、より「ホワイト」な労働環境の実現

今年4月から、国土交通省・経済産業省・農林水産省が、上場企業及び各都道府県の主要企業約6,300社に対し、参加を呼びかけています。

キリングループのこれまでの取り組み

キリングループでは、メーカー間、製配販各層、行政と連携しながら、サプライチェーン全体の生産性向上、ならびに物流の負荷を軽減することで、持続可能な物流を実現していきます。

キリングループは、「酒類メーカーとしての責任」を果たし、「健康」「地域社会・コミュニティ」「環境」という社会課題に取り組むことで、こころ豊かな社会を実現し、お客様の幸せな未来に貢献します。

【お問い合わせ先】
キリン お客様相談室 フリーダイヤル:0120-770-502
【キリンホームページ】
https://www.kirin.co.jp/

[ここからフッタです。]

先頭へジャンプ