[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

KIRIN News Release

世界初「ホップによるプリン体低減効果」を発見~キリングループ独自技術の「ホップアロマ製法※」活用で、自然なホップ香気を持つプリン体オフのビール系飲料の開発につながる成果~

  • 研究開発
  • 2019年9月19日
  • キリンホールディングス株式会社

キリンホールディングス株式会社(社長 磯崎功典、以下キリンHD)の酒類技術研究所(所長 井戸田裕二)は、キリングループ独自技術「ホップアロマ製法」の活用により、世界で初めて「ホップによるプリン体低減効果」を発見しました。本研究成果は、「第71回日本生物工学会」にて、9月17日(火)に発表しました。

  • ホップを発酵中に漬け込む製法。ホップを冷却した麦汁に添加するため、香気成分の揮発が少なく、過度な苦みを抑えながらホップの香りを付与できる。

本研究成果により、これまで以上にビールに近い自然な香味のプリン体オフのビール系飲料を楽しめるようになると期待されます。

研究背景

これまでキリンビールでは、プリン体の含量が少ない原料を選抜し、酵母のプリン体生成を抑える発酵法等を用いることで、プリン体ゼロとおいしさを両立したビール系飲料を開発してきました。キリンHD酒類技術研究所は、さらなるおいしさを追求すべく、新しい製法の開発に着手しました。

研究内容

ビール系飲料において、ビールらしい自然な香りや飲みごたえには原料である「ホップ」や「麦汁」は重要な役割を果たしています。しかし、これらの原料を増量するとプリン体も増加してしまうため、味づくりにおける課題となっていました。そこでキリンHDの酒類技術研究所では「ホップ」に関する様々な研究を行い、「ホップ」自身にプリン体の1種である「アデノシン」を「アデニン」に分解する活性があることを見出しました。
「アデニン」はビール原料の1つであるビール酵母によって消費されるため、「ホップ」の分解活性を利用すればプリン体を低減することが期待できます。しかし、通常のビール製法では「ホップ」は煮沸工程で高温にさらされるため、「アデノシン」分解活性を失ってしまいます。そこで、この活性を維持するため、すでに既存商品に活用されている「ホップアロマ製法」を用いて、低温で実施される発酵工程で「ホップ」を添加したところ、プリン体の低減を実現することができました。

研究成果

「ホップ」にプリン体の1種である「アデノシン」を「アデニン」に分解する活性があることを世界で初めて発見し、キリングループ独自技術である「ホップアロマ製法」を活用してプリン体の低減を実現しました。
これらの知見を生かすことで、これまで以上にビールに近い自然なホップ香気をプリン体オフのビール系飲料において楽しむことができるようになると期待されます。

キリングループは、自然と人を見つめるものづくりで、「食と健康」の新たなよろこびを広げ、こころ豊かな社会の実現に貢献します。

該当論文について

タイトル
「ホップに含まれるアデノシン分解活性の発見と、ビール醸造への応用可能性」
著者名
太田 拓、土屋 友理、杉山 巧、太田 惣介、加藤 優、今井 健夫、稲留 弘乃
タイトル
「ホップのアデノシン分解活性を活用したプリン体オフのビール系飲料の開発」
著者名
土屋 友理、太田 拓、羽場 清人、杉山 巧、加藤 優、今井 健夫、稲留 弘乃
公開日
2019年9月17日(火)14時(日本時間)
学会名
第71回生物工学会
【お問い合わせ先】
キリン お客様相談室 フリーダイヤル:0120-770-502
【キリンホームページ】
https://www.kirin.co.jp/

[ここからフッタです。]

先頭へジャンプ