[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

KIRIN News Release

「キリンビール大学」レポート 2017年 世界主要国のビール消費量~世界ビール消費量は3年連続でマイナス、アジアは10年連続でトップ~

  • 調査
  • 2018年12月20日
  • キリン株式会社

キリン株式会社(社長 磯崎功典)では、インターネット上の仮想大学「キリンビール大学」を運営しています。これは、ビールの楽しさ・奥深さをお客様にお伝えするために2001年7月に開講したもので、おいしいビールの飲み方から、ビールに関する興味深いうんちくまで、さまざまな学部・施設があり、24時間365日通学できます。

今回は、世界各国のビール協会などに対して独自に実施したアンケート調査と最新の海外資料に基づき計170の世界主要国および各地域において、2017年のビール消費量をまとめました。この調査は1975年分から統計を開始しています。

トピックス

  • 世界の総消費量は、約1億8,672万kl(前年比0.2%減)で、3年連続でマイナス。東京ドームをジョッキに見立てると、約151杯分に相当。
  • 国別では、中国(前年比3.9%減)が15年連続で1位となったものの大幅減。この影響で、世界の総消費量もマイナス着地。4位のメキシコ(前年比6.8%増)は前年に引き続き増加。上位10カ国ではメキシコのほか、イギリス、ベトナム、スペインが増加。
  • 地域別では、アジア(前年比0.8%減)の構成比が33.7%となり、10年連続で1位。アフリカ(前年比0.5%増)は、7年連続で増加。

2017年の世界のビール総消費量は、前年より約33万kl(大びん633ml換算で約5億本)減り、約1億8,672万kl(前年比0.2%減、大びん換算で約2,950億本)となりました。東京ドームをジョッキに見立てると、約151杯分(東京ドーム1杯は約124万kl)に相当します。

  1. 1.国別ビール消費量(表1)
    • 中国(前年比3.9%減)が2003年から15年連続で1位となりました。
    • 日本(前年比2.6%減)は11年連続で7位となりました。
  2. 2.地域別ビール消費量(表2)
    • 地域別では、アジア、北米、ヨーロッパが減少しましたが、その他の地域は増加となりました。
    • 10年連続トップのアジア(前年比0.8%減)は、ベトナム(前年比5.8%増)、韓国(前年比5.6%増)、タイ(前年比15.8%増)、フィリピン(前年比13.8%増)が増加しましたが、中国(前年比3.9%減)の影響で減少しました。
    • アフリカ(前年比0.5%増)は7年連続で増加しています。
  3. 3.国別一人当たりビール消費量(表3)
    • チェコ共和国が25年連続で1位となりました。
    • 上位35カ国のうち、前年より消費量の伸びた国は12カ国でした。
    • 日本は40.1L、大びん換算で約63.4本(前年比2.0本減)という結果でした。

キリングループは、あたらしい飲料文化をお客様と共に創り、人と社会に、もっと元気と潤いをひろげていきます。

注:日本の消費量については、ビール、発泡酒、新ジャンルの合計

  • 四捨五入のため、数値が必ずしも一致しない場合がある
  • 前年実績が今年の調査で変更になった国については、変更した数値で前年比を算出している
  • ※前年の世界総消費量も最新の値に変更している(1億8,689万kl⇒1億8,705万klへ変更)

出典:各国ビール協会などへのアンケート調査(当社が実施したもの)

  • The Barth Report Hops 2017/2018(BARTH−HAAS GROUP)
  • GlobalBeverageForecastsSeptember2018(GlobalData Plc)
  • ※2013年度以降、調査データ会社を変更したため、過去レポートと数値が合致しないこともある

(表1)2017年 国別ビール消費量

解説

  • 世界の総消費量は、約1億8,672万kl。前年比0.2%減となり、3年連続でマイナスとなった。
  • 中国(前年比3.9%減)は、2003年から15年連続で1位となったが、消費者の需要が成熟し、飽和した影響を受けた影響で4年連続のマイナスとなった。一方で、中高価格帯の商品は好調に推移。
  • ベトナム(前年比5.8%増)は、2017年の経済成長率が6.8%となり、2008年以来最も高い成長率を記録。経済成長に伴い、消費動向が活発になり、ビール摂取量が増加したものとみられる。
  • フィリピン(前年比13.8%増)は、製造業、サービス業、農業等が好調に推移し、加えて雇用改善など持続的な経済拡大により消費が拡大。飲酒傾向も、主流である低価格なブランデーから、高級品であるビールへシフトが起きている。

(表2)2017年 地域別ビール消費量

※日本の消費量については、ビール・発泡酒・新ジャンルの合計

2017年 地域別ビール消費量構成比

解説

  • 地域別では、アジア(前年比0.8%減)の構成比が33.7%(前年33.9%)と、10年連続で1位。
  • 1位のアジアは、ベトナム(前年比5.8%増)、韓国(前年比5.6%増)、タイ(前年比15.8%増)、フィリピン(前年比13.8%増)などがけん引したものの、中国(前年比3.9%減)が影響し、4年連続の減少となった。
  • 3位の中南米(前年比1.3%増)は、メキシコ(前年比6.8%増)やアルゼンチン(前年比5.5%増)などがけん引し、増加となった。

(表3)2017年 国別一人当たりビール消費量

解説

  • チェコ共和国は25年連続で1位となった。
  • 上位35カ国では、消費が伸びた国は12カ国。
  • チェコ共和国は、2002年以降の人口カウント方法訂正により、一人当たりビール消費量を修正しています。
  • 今回の調査より、ビール総消費量が10万KL以下の国・地域を除いたため、過去の順位を変更しています。
【お問い合わせ先】
キリン お客様相談室 フリーダイヤル:0120-770-502
【キリンホームページ】
https://www.kirin.co.jp/

[ここからフッタです。]

先頭へジャンプ