[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

KIRIN News Release

「シャトー・メルシャン 椀子ワイナリー」着工~ブドウ栽培からワイン造りまで全て公開する、地域と共生するワイナリーを目指して~

  • その他
  • 2018年10月25日
  • メルシャン株式会社

メルシャン株式会社(社長 代野照幸)は、2019年秋にオープンする「シャトー・メルシャン 椀子ワイナリー」(長野県上田市)について、2018年10月25日(木)より着工します。

同ワイナリーでは、「シャトー・メルシャン」のアイコンシリーズ「同 椀子オムニス」を始めとする「椀子ヴィンヤード」産ブドウを使ったワイン6種類や、「同 北信左岸シャルドネ リヴァリス」など「北信地区」産ブドウを使ったワイン4種類など、約10種類のワインの製造を、2019年秋より開始します。

当ワイナリーは、約20haの「椀子ヴィンヤード」内に建設する、360度畑に囲まれた“ブドウ栽培からワイン造りまでを公開するブティックワイナリー※”です。ワイナリーには、醸造設備の他にテイスティングやワインを販売する設備を設け、通年でお客様をお迎えします。

  • セラードア(直販)機能を備え、中規模かつ品質志向をもつワイナリー

ワイナリー外観完成予想図

当社は、2003年に上田市丸子地区陣場台地に、「椀子ヴィンヤード」を開園しました。以来、上田市や地権者など地元の皆さまに支えられ、2018年で開園15周年を迎えました。同畑のブドウから造るワインは、2010年の発売以来、国内外のワインコンクールで多数の受賞を重ね、「シャトー・メルシャン マリコ・ヴィンヤード オムニス 2012」が「G7伊勢志摩サミット2016」で提供されるなど、日本を代表するワインとなりました。
2019年には、上田市として初となるワイナリーをオープンし、地域の皆さまとともに、上田市のさらなる発展に取り組んでいきます。

シャトー・メルシャン 椀子ワイナリー

  • 「地域と共生するブティックワイナリー」、3つのコンセプト
    1. 産業・経済との共生
      地元の雇用、観光、経済的な側面から捉えた、地域経済の活性化と共生を目指します。
    2. 自然との共生
      生態系調査に基づく絶滅危惧種や草原の再生、ブドウに優しいワイン造りなど、自然との共生を実現します。
    3. 未来との共生
      子供たちの農業体験、若手人材育成、地域ワイナリ―との連携など未来の時間軸を大切にします。
  • 設備の特長~ブドウにやさしい「グラビティ・フロー」
    重力に従って優しくブドウ果実やワインを移動させる「グラビティ・フロー」を意識した設計としています。

メルシャン株式会社は、ワイン事業スローガン「ワインのおいしい未来をつくる。」のもと、ワインのある豊かな時間を通じて、人と人とのつながりを楽しんでいただけるよう、さまざまな提案を続けていきます。

「シャトー・メルシャン 椀子ワイナリー」概要

名称
シャトー・メルシャン 椀子ワイナリー
建設予定地
長野県上田市長瀬字一本木152番地 外17筆
醸造開始(予定)
2019年秋
建設内容
ワイナリーおよびセラードア施設
敷地面積
8,852.83㎡
延床面積
1,458.94㎡(鉄骨造2階建)
設計・施工会社
株式会社ヤマウラ(長野県駒ヶ根市)
初年度生産予定数量
約5,000ケース ※720ml×12本換算
製造する主なワイン(予定)

「椀子ヴィンヤード」産ブドウから造るワイン

  • アイコン シリーズ
    • シャトー・メルシャン 椀子オムニス
  • テロワール シリーズ
    • シャトー・メルシャン 椀子メルロー
    • シャトー・メルシャン 椀子シラー
    • シャトー・メルシャン 椀子ソーヴィニヨン・ブラン
    • シャトー・メルシャン 椀子シャルドネ
    • シャトー・メルシャン 椀子ロゼ

「北信地区」産ブドウから造るワイン

  • アイコン シリーズ
    • シャトー・メルシャン 北信左岸シャルドネ リヴァリス
    • シャトー・メルシャン 北信右岸シャルドネ リヴァリス
  • テロワール シリーズ
    • シャトー・メルシャン 北信シャルドネ
    • シャトー・メルシャン 北信シャルドネ アンウッデッド

テラスからの眺望イメージ

醸造設備見学エリアイメージ

【お問い合わせ先】
メルシャン お客様相談室 フリーダイヤル:0120-676-757
【キリンホームページ】
https://www.kirin.co.jp/

[ここからフッタです。]

先頭へジャンプ