[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

KIRIN News Release

~さらに爽快なうまさへ、“のどごしのゼロゼロ”~「キリン のどごし ZERO」を中味パッケージともにフルリニューアル

  • 商品
  • 2018年9月6日
  • キリンビール株式会社

キリンビール株式会社(社長 布施孝之)は、昨年の発売以降好評いただいている「キリン のどごし ZERO」を中味・パッケージともにフルリニューアルし、10月2日(火)に新発売します。

当社調査によると、プリン体に関心がある方は505万人、健康意識の高い方も含めると、3,400万人にのぼります。またプリン体に関心のある方はビール類の消費量が最も多い40~60代に多く、プリン体0※1×糖質0※2のビール系市場(以後、ゼロゼロ系市場)は高いポテンシャルがあります。
またお盆の時期に体重が増えた場合の対応方法として、5人に1人がビール類を機能系商品に変えるという調査結果※3も出ており、夏から秋にかけては機能系商品への関心が高まる時期でもあります。

  • ※1 100ml当たりプリン体0.5mg未満のものをプリン体0と表示
  • ※2 100ml当たり糖質0.5g未満のものに表示可能。(栄養表示基準による)
  • ※3 調査期間 2018年8月20日(月)~8月26日(日) N=9105

今回のリニューアルでは、「キリン のどごし ZERO」の後味をすっきりさせ、よりゴクゴク飲める爽快な味わいにすることで、お客様が機能系商品に求める味覚ニーズを実現しました。またパッケージをゼロゼロ系市場の商品であることが一目で分かるデザインに刷新し、プリン体に関心があるお客様への訴求を強化します。

今後も「のどごし」らしい新しい提案を通じて、ブランドのさらなる強化と新ジャンル市場の活性化を目指します。

「キリン のどごし ZERO」について

  • 中味について
    • 後味をすっきりさせることで、よりゴクゴク爽快なうまさに進化しました。
  • パッケージについて
    • プリン体0×糖質0×人工甘味料0であることが一目で分かるデザインにしました。また6缶パックの板紙には、「キリン のどごし<生>」リニューアル時と同様に「新!」マークを大きくあしらい、新しいおいしさになったことを強く訴求します。

キリングループは、あたらしい飲料文化をお客様と共に創り、人と社会に、もっと元気と潤いをひろげていきます。

商品概要

1.商品名
「キリン のどごし ZERO」
2.発売地域
全国
3.発売日
10月2日(火)
4.容量/容器
350ml缶、500ml缶
5.価格
オープン価格
6.アルコール分
4%
7.酒税法上の区分
リキュール(発泡性)①
8.販売予定数
約390万ケース(50,000KL)※大びん換算
9.製造工場
キリンビール取手工場、名古屋工場、岡山工場(予定)
【お問い合わせ先】
キリンビール お客様相談室 フリーダイヤル:0120-111-560
【キリンホームページ】
https://www.kirin.co.jp/

[ここからフッタです。]

先頭へジャンプ