[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

KIRIN News Release

国内綜合飲料事業再成長に向けた清涼飲料生産体制の強化について〜 小型ペットボトル商品の製造ラインを増設し、2014年1月にキリンビバレッジ新事業所を設立 〜

  • 経営・財務
  • 2013年2月14日
  • キリンビバレッジ株式会社

 キリン株式会社(社長 磯崎功典、以下キリン社)は、国内綜合飲料事業再成長に向けて、キリンビバレッジ舞鶴工場から、キリンビール滋賀工場敷地内に新たに設立するキリンビバレッジ事業所へ生産拠点を移し、清涼飲料事業の生産体制を強化します。新事業所は、現在キリンビール滋賀工場内にあるペットボトル商品製造ラインに加えて同敷地内に小型ペットボトル商品製造ラインを増設し、2つのラインを持つ清涼飲料生産拠点として、2014年1月から新たに製造を開始します。なお、舞鶴工場における清涼飲料の製造は、2013年秋を目処に終了します。

 キリングループの国内清涼飲料事業会社キリンビバレッジ株式会社(社長 首藤由憲、以下キリンビバレッジ社)は、特定保健用食品史上初のコーラ系飲料「キリンメッツコーラ」のヒットや3年連続過去最高販売数量を記録した「キリン午後の紅茶」ブランド等の貢献により、2012年は厳しい国内清涼飲料市場において業界を上回る前年比109%で着地しました。販売量が上昇基調にあり、今後も強いブランドを育成し更なる成長を図っていくためには、競争力の高いペットボトル商品の製造を強化する生産体制へ見直すことが必要であると判断しました。このような背景において、キリン社設立を機に、戦略的な資源配分を行い、キリンビバレッジ新事業所の設立を決定しました。

 今回設立する新たな事業所は、年間合計1,700万箱のペットボトル商品を製造するキリンビバレッジ社の西日本の生産拠点となります。新設の小型ペットボトル商品製造ラインは、他のキリングループ清涼飲料工場と同様に、プリフォームと呼ばれる素材からペットボトル容器を成形し、無菌状態で充填する「インラインブロー無菌充填システム」を導入し、お茶、コーヒー、果汁、炭酸など様々な種類の商品を安全・安心且つ効率よく製造し、西日本を中心としたお客様にお届けします。

 キリングループは「おいしさを笑顔に」をグループスローガンに掲げ、いつもお客様の近くで様々な「絆」を育み、「食と健康」のよろこびを提案していきます。

 
 
キリンビバレッジ新事業所 概要
 
1.事業所名   未定
2.操業開始   2014年1月(予定)
                 ※キリンビール滋賀工場内の既存ペットボトル商品製造ラインの操業開始は2005年1月
3.所在地      滋賀県犬上郡多賀町敏満寺1600
4.事業所長   未定
5.従業員数   未定
6.敷地面積   368,278u※
                 ※キリンビール滋賀工場の面積
7.製造設備   @小型・大型マルチペットボトル商品製造ライン
           A小型ペットボトル商品製造ライン ※増設分
8.製造能力   @年間700万箱  A年間1,000万箱        合計: 年間1,700万箱
9.製造製品   「キリン 午後の紅茶」「キリン メッツコーラ」「キリン 生茶」「キリン アミノサプリ」
                   「小岩井 ミルクとコーヒー」等のペットボトル製品
 
 
 
 
キリンビバレッジ舞鶴工場 概要
 
1.工場名      キリンビバレッジ舞鶴工場
2.操業開始   1992年3月
3.所在地      京都府舞鶴市倉谷1350番地
4.工場長      竹重 和行(たけしげ かずゆき)
5.従業員数   62名 (2013年2月14日現在)
6.敷地面積   約45,000u
7.製造設備   缶商品製造ライン
8.製造能力   年間1,500万箱
9.製造製品    「キリン ファイア」「キリン 午後の紅茶」「トロピカーナ」等の缶製品
 
 
【お問い合わせ先】
キリンビバレッジ お客様相談室 フリーダイヤル:0120-595-955
【キリンホームページ】
https://www.kirin.co.jp/

[ここからフッタです。]

先頭へジャンプ