[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

KIRIN News Release


<ご参考>〜「午後の紅茶」と「カフェごはん」で、食卓に贅沢な時間を〜
「午後の紅茶」新CM「カフェごはん」篇 3月6日(土)より全国でON AIR開始
【蒼井さんとケンタロウさんの共演でますますパワーアップ!】

2010年3月1日

 キリンビバレッジ株式会社(社長 前田仁)は、「紅茶のおいしさ、ひろげよう。」をテーマに、食事シーンを通じて「午後の紅茶」の魅力・おいしさを伝える新CM「カフェごはん」篇を3月6日(土)より全国でON AIRを開始します。

 デフレの影響により節約志向が続いており、家庭で食事をする「内食」や手作り弁当が増えるなど、節約しながらも、ちょっとした工夫で食生活や時間を楽しみたい、充実させたいという消費者の意識が高まっています。今年の「午後の紅茶」は、「紅茶のおいしさ、ひろげよう。」をテーマに、「紅茶が食卓を贅沢な時間にする」という食シーンの提案を「カフェごはん」を題材にしたキャンペーンを通じて展開し、日常生活の中で「ちょっとした贅沢感」を楽しめる提案をしていきます。

 広告では、3月6日(土)より新CM「カフェごはん」篇のON AIRを開始します。CMイメージキャラクターには、おなじみの人気若手女優の蒼井優さんに加え、料理家のケンタロウさんを共演者として起用。紅茶と一緒なら、いつもの食卓をちょっとオシャレなカフェのようにしたくなる「華やぐ気分」「生活の楽しさ・ゆとり」を魅力的に伝えていきます。

【CM ストーリー】
蒼井優さんと料理家ケンタロウさんの初共演となる今回のCMでは、蒼井さんとその友達がケンタロウさんの家でレポーターごっこをします。紅茶に合わせて、いつものハンバーグをカフェごはんのロコモコ丼に仕上げ、紅茶とのオシャレな食シーンを伝えます。蒼井さん、ケンタロウさん、その友達が午後の紅茶と共に自然体で楽しそうに掛け合いをするシーンや、料理を作っている姿など、何気ない日常生活のワンシーンを通じて、身近な共感とともに憧れの世界観を表現していきます。


【蒼井優さん プロフィール】
1985年8月17日生まれ。福岡県出身。
99年、ミュージカル『アニー』のポリー役でデビュー後、モデル活動を経て、01年『リリィ・シュシュのすべて』のヒロイン役で映画デビュー。その後、『花とアリス』『ニライカナイからの手紙』『ハチミツとクローバー』『百万円と苦虫女』『ホノカアボーイ』などの映画や、ドラマ『おせん』(日本テレビ系)に出演。06年に出演した『フラガール』ではブルーリボン賞等を、さらに09年には文部科学大臣新人賞を受賞。今年は読売演劇大賞女優賞を受賞し、山田洋次監督作品『おとうと』(配給・松竹)やNHK大河ドラマ『龍馬伝』にも出演。今最も活躍を期待される若手女優である。


【ケンタロウさん プロフィール】
1972年生まれ。
武蔵野美術大学在学中よりイラストレーターとして活動を始める。
その後、料理家としてデビュー。料理は“簡単で美味しく洒落っ気があって現実的なもの”をモットーに、さまざまな層に向けてジャンルにこだわらずに展開。“作る楽しさと食べる楽しさ”を大切にしたレシピを提案している。

【撮影裏話】

2月とは思えない、春を思わせる陽気に満ちたある日。神奈川県の住宅街にある一軒家を借りて午後の紅茶「カフェごはん」篇のTVCM撮影が行われました。蒼井さんが友だちとケンタロウさんの家に遊びに来て、ケンタロウさんに料理を教わりながらみんなで紅茶に合う食事を作って味わうという今回のCM。舞台は、ケンタロウさんのご自宅という設定のため、実際のケンタロウさんのキッチンを見せていただいた上で、都内近郊のおしゃれな家を探し回り、イメージに合う一軒を見つけ出しました。CMにはキッチンとダイニングしか映っていませんが、その他にも広い庭や趣のある和室など、人のあたたかみを感じることができる家で、「ここに住みたい。」というスタッフもちらほら。

早朝からの撮影準備も整い、いよいよ蒼井さんが現場に入られます。「おはようございます。」の声とともに、蒼井さんは元気いっぱい。おしゃれな家の雰囲気にぴったりな明るい笑顔を振りまいて、現場が一気に華やぎました。

共演のケンタロウさんも揃い、撮影はスタート。最初のシーンは、リポーター風にキッチンへ入っていく蒼井さんから始まります。家の中での撮影は、カメラの動きが限定されるのですが、何回もシミュレーションをして全員がスムーズな動きのできるルートを決めました。蒼井さんも、絶妙のスピード感で、カメラと息の合った演技を見せてくれました。

撮影が始まってしばらくは、カメラが回ると少し表情が硬くなっていたケンタロウさんも、カメラを長回しにして会話の中で自然なセリフを引き出す演出の工夫で徐々にリラックス。おなじみの味のある低い声で、いいセリフを収録することができました。そして料理シーンでは、ケンタロウさんの本領発揮。キッチンでのケンタロウさんは輝いて見えます。キッチン道具の一部は、ケンタロウさん本人のモノを実際に使用し、手さばき一つ一つが自然で美しく、気持ちに余裕があるので自然にジョークが次々飛び出します。今回は、ロコモコに使うハンバーグのタネのこね方を蒼井さんに教えるシーンも。

料理はすべてケンタロウさんのレシピによる現場での手作りで、その匂いでケンタロウさん本人も料理を作りながらおなかが鳴るほど、おいしそうな香りで撮影現場全体が包まれました。ロコモコ丼のジューシーな特大ハンバーグと黄身が美しい目玉焼きの盛り付けもケンタロウさんご自身で。美しい盛り付けに、ソースがかかった瞬間、あちこちから思わず「おいしそう」という声が漏れました。

友人役の二人とおそろいの特製エプロンをまとった蒼井さんは、料理シーンでも食事シーンでも、終始リラックスした様子で、共演者と会話を楽しみ、明るい笑顔を振りまき、カメラが回っていないところでもケンタロウさんと料理談義に花を咲かせていました。もともと、ケンタロウさんがやっているバンドの公式飲料と本人がおっしゃるほど、午後の紅茶フリークなケンタロウさん。今回は念願の午後の紅茶CM出演だったそうです。その高いモチベーションと、あたたかい人柄で撮影のムードメイクをして頂きました。蒼井さんも私物に色々とケンタロウさん関連のものがあるそうで、いつか会ってみたいと思っていたそうです。今回の撮影が初対面とは思えないほど打ち解けた様子で、撮影が終わった後も楽しげに会話をしていました。一軒家の舞台もスタッフも出演者も、まさにアットホームな雰囲気に包まれた現場で、終始快調に撮影することができました。


【お問い合わせ先】
キリンビバレッジ お客様相談室 フリーダイヤル:0120-595-955
【キリンホームページ】
https://www.kirin.co.jp/

[ここからフッタです。]

先頭へジャンプ