[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

KIRIN News Release

アサヒビール株式会社
キリンビール株式会社
サッポロビール株式会社
サントリー株式会社
ビール酒造組合

2008年11月26日

ビール4社によるコスト削減および環境負荷軽減に向けた共同取り組みについて
〜パレットの流出防止と回収促進を強化〜

 国内ビールメーカー4社(アサヒビール、キリンビール、サッポロビール、サントリー)およびビール酒造組合は、コスト削減および環境負荷軽減に向けた新たな取り組みを開始します。2008年12月より、ビール工場などから商品を出荷する際に使用する「パレット」の回収促進に共同で取り組みます。

 パレットは、得意先への商品配送後に回収し、繰り返し使用するものですが、流通過程における滞留や紛失、および流通外への流出などが発生しています。これにより商品出荷に必要なパレットが不足することから、新たなパレットを追加投入することとなり、これがビール各社にとってさらなるコスト増と、パレット製造に伴うCO2排出に繋がっているため、4社で対策を検討してきました。
 今回、物流パレットのマネジメントに高いノウハウを持つ日本パレットレンタル株式会社(社長 山崎純大)のグループ会社であるRTIマネジメント株式会社(社長 坂井健二)に回収促進業務を共同で委託し、パレットの適正な使用を推進することで、4社合計で年間約5万枚の未回収パレットの回収促進を図ります。これは4社が毎年新たに投入するパレット枚数の13%にあたり、年間で約3億円のコスト削減につながるとともに、約1,600tのCO2削減も見込まれます。

 少子高齢化や嗜好の多様化に加え、原材料価格の高騰など、酒類業界を取り巻く環境は厳しさを増しています。ビール各社は市場では公正な競争を展開する一方で、「競争と協調」の視点を共有し、物流部門の効率化に共同で取り組むことで、業界をあげてさらなるコスト削減を推進するとともに、環境負荷の低減にも貢献していきます。

共同取り組みの概要

1.取り組み内容 ビールパレットの適正使用の推進と、回収促進に向けた共同取り組み
2.委託先 RTIマネジメント株式会社
東京都中央区日本橋茅場町2−13−11 国際ビル
TEL 03−3666−5491
3.委託内容 ・ビールパレットの正しい運用方法の周知
・ビールパレット利用状況の実態調査と目的外使用の改善に向けた交渉
・通常のパレット回収ルートから流出したビールパレットの回収
4.開始日 2008年12月1日(月)

【今回のフロー図】

現状と今後の流れを図解しています

【お問い合わせ先】
キリンビール お客様相談室 フリーダイヤル:0120-111-560
【キリンホームページ】
https://www.kirin.co.jp/

[ここからフッタです。]

先頭へジャンプ