[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

KIRIN News Release


【ご参考】本格的な日本緑茶「キリン 生茶 無糖」をタイで新発売
より一層の市場への浸透を目指す

2007年9月27日

 サイアムキリンビバレッジ社(社長 能宏彰)は、「キリン 生茶」の新たな商品として、「キリン 生茶 無糖」を10月2日(火)から発売します。

高画質画像はこちら

 サイアムキリンビバレッジ社は、2006年4月に「キリン生茶」をタイにおいて発売し、キリンブランドの飲料事業をスタートしました。「キリン生茶 オリジナルフレーバー」と「キリン生茶 ロースイートフレーバー」の2つの商品を発売。同時に、TVCFや屋外サンプリング活動などの積極的なマーケティング活動を実施し、市場の話題喚起を図りました。さらに、2007年3月には、タイの消費者にも馴染みのある穀物フレーバー「キリン 生茶 みのちゃ」を発売し、ご好評いただいています。その結果、タイ市場において「日本発の本格緑茶ブランド」としてのポジションを確立しつつあります。

 この度新発売する「キリン 生茶 無糖」は、タイでの生茶ブランドの第四弾の商品となります。タイ市場で一般的な『甘い緑茶』とは一線を画し、お茶本来の旨みが楽しめる無糖の本格緑茶です。日本人が伝統的に飲んできた蒸した茶葉の旨みがしっかり味わえる味覚スペックとしました。更に「キリン生茶」の商品名の由来でもある「生茶葉抽出物」を使用し、お茶の旨みを引き立てています。パッケージデザインは、白ベースに和紙のテクスチャーをあしらい、日本の品質感・高級感を表現しました。

 タイの消費者でも健康志向は高まっており、より自然な味覚を好むトレンドも見られます。この消費トレンドの中、「キリン 生茶 無糖」を発売することで、「日本発の本格緑茶ブランド」のポジションをより強固なものとし、今後も「キリン生茶」のブランドの積極的な展開を継続します。

 サイアムキリンビバレッジ社は、タイ市場でのキリンブランドの商品展開を積極的に進め、キリンブランドの浸透を目指します。ご期待ください。


【サイアムキリンビバレッジ社の概要】
▽会社名:サイアムキリンビバレッジ (英文名:SIAM KIRIN BEVERAGE CO.,LTD.)
▽所在地:29th Fl.,Unit 2901 United Center Building.,323 Silom Rd.,Silom,Bangrak,Bangkok 10500 Thailand
▽設立:2005年5月
▽資本金:6,000万Baht(1Baht=3.3円)
▽出資比率:キリンビバレッジ株式会社:100%
▽代表者:能 宏彰
▽従業員数:17人
▽販売地域:タイ全土
▽事業内容:キリンブランドを中心とした清涼飲料のマーケティング


【商品概要】
商品名:「キリン 生茶 無糖」
発売日:2007年10月2日(火)
容器・容量 :500mlペットボトル
希望小売価格:20バーツ
商品の特徴:日本人が伝統的に飲んできた蒸した茶葉の旨みがしっかり味わえる無糖の本格緑茶。「生茶葉抽出物」使用。


【お問い合わせ先】
キリンビバレッジ お客様相談室 フリーダイヤル:0120-595-955
【キリンホームページ】
https://www.kirin.co.jp/

[ここからフッタです。]

先頭へジャンプ