[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

KIRIN News Release

2007年10月31日

和洋酒類と一部チューハイ類への
オープン価格制度および新自主ガイドライン導入について

 キリンビール株式会社(社長 三宅占二)は、2008年4月1日から、和洋酒類と一部チューハイ類※1にオープン価格制度および新自主ガイドラインを導入し、これまで取り組んできた「価格から価値へ」の転換を進めていきます。
 ※1 メルシャン社から移管されたチューハイ類。

 当社は、公正な取引環境づくりを目指して2002年6月に表明した「公正取引遵守宣言」を契機に、ビール・発泡酒の合理的な取引基準を設定した「自主ガイドライン」を2002年9月に定め、その遵守と実行を徹底してきました。
 さらに2005年1月1日からは、ビール・発泡酒・新ジャンル※2に、2007年1月1日からはチューハイ類にオープン価格制度を導入し、三段階建値制※3の廃止と「コストオン」に基づく取引を推進することで、業界全体における公正な取引環境の整備に取り組むとともに、付加価値を持った商品やサービスをお客様に提案する「価値営業」を推進してきました。
 ※2 新ジャンルは2005年4月6日の「キリン のどごし〈生〉」発売時よりオープン価格導入。
 ※3 メーカーがメーカー出荷価格、希望卸売価格、希望小売価格を参考として提示する価格制度。

 今回、和洋酒類とメルシャン社から移管されたチューハイ類へもオープン価格制度および新自主ガイドラインを導入することで、公正な取引環境づくりを推進すると同時に、お客様へこれまで以上に様々な価値を持つ商品やサービスを提案していきます。

 キリングループは、「おいしさを笑顔に」のグループスローガンを掲げ、いつもお客様の近くで様々な「絆」を育み、「食と健康」のよろこびを提案していきます。

1.対象商品

  • ・和洋酒類(焼酎、合成清酒、ウイスキー、ブランデー、スピリッツ、リキュール)
  • ・一部チューハイ類(メルシャン社からの移管商品)

2.導入時期

2008年4月1日(火)

以上

【お問い合わせ先】
キリンビール お客様相談室 フリーダイヤル:0120-111-560
【キリンホームページ】
https://www.kirin.co.jp/

[ここからフッタです。]

先頭へジャンプ