[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

キリングループの歴史

  • 文明開花華やかなる明治の頃、ビールは「新時代の飲み物」でした。1888年の「キリンビール」の発売以来、時代がめまぐるしく変化する中でも常にお客さまの暮らしに寄り添い、あたらしい飲みものをお届けしてきました。このページでは、キリンビールを中心としたグループの歩みをご紹介します。
  • ジャパン・ブルワリー重役会議事録

戦後、「キリンビール」は国内トップブランドへ

1949(昭和24)年
4

ビアホールを経営する金港商会株式会社の株式取得

12

商標「キリンビール」を復活して販売開始

青一色刷りのラベル

青一色刷りのラベル

1952(昭和27)年
-

株式会社鎌倉海浜ホテルを連結子会社とする(2013年清算)

1954(昭和29)年
6

「キリンジュース」発売

「キリンジュース」発売時の新聞広告

「キリンジュース」発売時の新聞広告

1957(昭和32)年
4

麒麟麦酒、東京工場完成(1998年操業終了)

完成時の東京工場

完成時の東京工場

1958(昭和33)年
4

株式会社栄麟商会設立

1960(昭和35)年
9

近畿飲料株式会社(のちの近畿コカ・コーラボトリング株式会社)を設立(2006年株式譲渡)

1961(昭和36)年
4

麒麟麦酒、横浜第二工場完成(1991年操業終了)

1962(昭和37)年
2

キリンビール名古屋工場完成

完成時の名古屋工場

完成時の名古屋工場

高度成長期にビール人気沸騰、シェア60%に到達

1963(昭和38)年
4

自動販売機で清涼飲料を販売する会社・自動販売サービス株式会社(現・キリンビバレッジ株式会社)設立

「キリンレモン」の自動販売機

「キリンレモン」の自動販売機

1965(昭和40)年
3

麒麟麦酒、本店所在地を横浜市鶴見区生麦から東京都中央区京橋へ登記変更

5

麒麟麦酒、高崎工場完成(2000年操業終了)

完成時の高崎工場

完成時の高崎工場

1966(昭和41)年
2

キリンビール福岡工場完成

3

麟鳳商会、ホテルエコー株式会社に商号変更

完成時の福岡工場

完成時の福岡工場

1967(昭和42)年
1

麒麟麦酒、総合研究所(現・キリンホールディングス株式会社基盤技術研究所など)を群馬県高崎市に開設

2

自動販売サービス、小売店への販売を開始

7

自動販売サービス、キリンレモン・サービス株式会社に商号変更

完成時の総合研究所

完成時の総合研究所

1968(昭和43)年
5

麒麟麦酒が寶酒造株式会社から取得した京都工場の増改築工事完成(1999年操業終了)

完成時の京都工場

完成時の京都工場

1970(昭和45)年
6

キリンビール取手工場完成

完成時の取手工場

完成時の取手工場

1971(昭和46)年
9

麒麟麦酒、輸入ウイスキー、ワインなどの販売開始

12

キリンビールとキリンレモン・サービスなどの合弁で北海道キリンレモン・サービス株式会社(現・北海道キリンビバレッジ株式会社)設立

1972(昭和47)年
4

キリンビール岡山工場完成

8

キリン・シーグラム株式会社(現・キリンディスティラリー株式会社)設立

完成時の岡山工場

完成時の岡山工場

1973(昭和48)年
6

キリンレモン・サービス相模工場(現・キリンビバレッジ湘南工場)完成

8

酵母細胞壁溶解酵素「ザイモリエイス®5000」発売

9

三菱商事株式会社、Shakey's Inc.と合弁で日本シェーキーズ株式会社設立(2000年キリンダイニング株式会社に店舗継承)

10

麒麟麦酒、輸入ウイスキー、ワインなどの販売をキリン・シーグラムに移管

11

キリン・シーグラム御殿場工場(現・キリンディスティラリー富士御殿場蒸溜所)完成

完成時のキリンレモン・サービス相模工場

完成時のキリンレモン・サービス相模工場

完成時のキリン・シーグラム御殿場工場

完成時のキリン・シーグラム御殿場工場

1974(昭和49)年
2

キリン・シーグラムが初の国産ウイスキー「ロバートブラウン」発売

5

キリンビール滋賀工場完成

発売時の「ロバートブラウン」

発売時の「ロバートブラウン」

完成時の滋賀工場

完成時の滋賀工場

1975(昭和50)年
4

Indústria Agrícola Tozan S.A.(現・AZUMA KIRIN Indústria e Comércio de Bebidas e Alimentos Ltda.、ブラジル)に資本参加

5

麒麟麦酒、千歳工場(清涼飲料工場)完成

完成時の千歳工場

完成時の千歳工場

物価高とオイルショックを超え、さらなる品質向上へ

1976(昭和51)年
6

小岩井農牧株式会社と合弁で小岩井乳業株式会社設立

K.B.B. Malting Co., Pty Ltd(のちのKirin Australia Pty Ltd)設立

長野トマト株式会社(現・株式会社ナガノトマト)に資本参加(2010年株式譲渡)

8

ケービー不動産株式会社設立

9

「キリントマトジュース」発売

10

麒麟麦酒、小岩井乳製品(9品目)の発売開始

K.B.B. Malting Co., Pty Ltdのモルト工場

K.B.B. Malting Co., Pty Ltdのモルト工場

発売時の「キリントマトジュース」

発売時の「キリントマトジュース」

当時の小岩井乳製品

当時の小岩井乳製品

1977(昭和52)年
1

麒麟麦酒、本店所在地を東京都中央区京橋から東京都渋谷区神宮前へ登記変更

2

ホテルエコー、キリンエコー株式会社に商号変更

金港商会、株式会社キリンフードサービスに商号変更

5

鶴見倉庫株式会社を完全子会社とする(2009年株式譲渡)

KW Inc.(現・Coca-Cola Bottling Company of Northern New England,Inc.、アメリカ)設立

KW Inc.本社

KW Inc.本社

1978(昭和53)年
-

ジャパンカップ(現・キリンカップサッカー)協賛開始

1979(昭和54)年
4

麒麟麦酒、栃木工場完成(2010年操業終了)

8

「キリンメッツ」発売

栃木工場初出荷式

栃木工場初出荷式

発売時の「キリンメッツ」

発売時の「キリンメッツ」

1949(昭和24)年

湯川秀樹が日本人初のノーベル賞を受賞



1953(昭和28)年

NHKのテレビ放送開始


1954(昭和29)年

この頃高度経済成長始まる。白黒テレビ、冷蔵庫、洗濯機が三種の神器と呼ばれる

電気冷蔵庫のある風景の再現

電気冷蔵庫のある風景の再現



1958(昭和33)年

東京タワー完成

東京タワー Licensed by TOKYO TOWER

東京タワー Licensed by TOKYO TOWER

1960(昭和35)年

カラーテレビ放送が始まる


1961(昭和36)年

レジャーブーム、スキー客、登山客が増加




1964(昭和39)年

東海道新幹線の開通

東京オリンピック開催



1966(昭和41)年

ビートルズが来日

この頃のカラーテレビ、クーラー、カー(3C)が新三種の神器と呼ばれる


1967(昭和42)年

日本人の人口が1億人を超える



1969(昭和44)年

アメリカのアポロ11号が月面着陸に成功

1970(明治45)年

日本万博博覧会(大阪万博)開催

太陽の塔

太陽の塔


1972(昭和47)年

洋酒などの関税が下がる

沖縄返還


1973(昭和48)年

第一次オイルショック発生







1976(昭和51)年

ロッキード事件






1978(昭和53)年

インベーダーゲームが大流行

日本人の平均寿命が男女とも世界一に

[ここからフッタです。]

先頭へジャンプ