[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

キリンビール株式会社 2018年年間課税数量報告

キリンビール年間課税出荷数量

  • ビール類計は+5.3%となり、3年ぶりのプラス着地、3年ぶりのシェアアップとなった。
  • 特に、3月に発売した「本麒麟」は再上方修正した約870万ケースを突破して約940万ケースの販売を達成。過去10年のキリンビール新商品で最大のヒットとなり、新ジャンル計は+28.8%と大幅に伸長、新ジャンルシェアは7.2%上昇し、ビール類計プラス着地に大きく寄与した。
  2018年 2017年
  KL 千ケース 前年比(%) KL 千ケース
ビール計 590,367 46,632 -6.0 628,124 49,615
発泡酒計 422,351 33,361 -7.2 455,220 35,957
新ジャンル計 700,537 55,335 +28.8 543,986 42,969
総計 1,713,255 135,328 +5.3 1,627,331 128,541
  • ビール類計は3年ぶりプラス、シェアアップ(31.8%→34.4%)
  • ビール計は3年連続マイナス、 シェアダウン(24.3%→24.0%)
  • 発泡酒計は12年連続マイナス、シェアアップ(65.4%→66.5%)
  • 新ジャンル計は3年ぶりプラス、シェアアップ(29.7%→36.9%)

キリンビール:18年ブランド別概況

  • ブランド別の対前年比は販売数量。
  • 一番搾りブランド計は、17年の「47都道府県の一番搾り」の裏返しもあり、-5.0%の着地となったが、一番搾り単体は、17年9月のリニューアルが成功し、業界平均(-5.2%)を上回る-2.0%で着地した。特に一番搾り缶計は17年8月以降13カ月連続プラスとなり、+4.7%と好調であった。
  • のどごしブランド計は、17年4月発売の「のどごしスペシャルタイム」の裏返しもあり、-6.1%の着地となった。のどごし単体は昨年6月のリニューアルによって、ブランドの最も大きな課題であった「間口の減少」が反転し、リニューアル前と比べて高いトライアルを獲得できている。
  2018年(万ケース) 前年比(%) 2017年(万ケース)
一番搾りブランド計 3,240 -5.0 3,410
淡麗ブランド計 3,330 -7.2 3,590
のどごしブランド計 3,860 -6.1 4,110
  • 一番搾り計:-2.0%、一番搾り缶計:+4.7%

5社計年間課税出荷数量

  • ビール類計は、14年連続マイナス(-2.5%)
  • ビール計は、3年連続マイナス(-5.2%)
  • 発泡酒計は、3年連続マイナス(-8.8%)
  • 新ジャンル計は、5年ぶりプラス(+3.7%)

18年ビール類市場環境

  • 17年6月に施行された改正酒税法による店頭価格上昇の影響で、引き続き割安感のあるRTDやハイボールへの流出が見られた。
  • ビール計の約半分の構成を占める業務用市場においても、サワーやハイボールへの流出が増加。業務用市場自体も冷え込み、ビールのマイナスに大きく影響した。
  • 天候においては天災に見舞われたものの、夏の猛暑や暖冬の影響もあり、年間平均気温は昨年より高く、プラスに影響した。

[ここからフッタです。]

先頭へジャンプ