[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

オーストリア

ワインのおいしい未来をつくる。Mercian

レンツ・モーザー LENZ MOSER

ハイカルチャー方式(高垣式)のブドウ栽培法を世界に広めた、オーストリア最大のワイナリー

オーストリア最大のワイナリーであるレンツ・モーザー社は1849年に創立された名門。この地のワインの歴史は古く12世紀にまで遡ることができます。ドナウ河上流域にあたる、クレムス近郊のローレンドルフ村を本拠地とし、1000年以上前にクレムス修道士が建てたと言われるワインセラーを所有しています。同社は古い歴史を持つセラーを所有するなど、伝統を重んじる一方で、最新鋭の設備を導入し、厳格なワイン法の下でワイン造りを行っています。また、同社は、環境保護に配慮したワイン造りを推進しています。レンツ・モーザー3世が考案したハイカルチャー方式(高垣式)のブドウ栽培法は、最小限の労働力で良質のブドウが出来ることから、今や世界各地のワイン産地でも取り入れられています。

[ここからフッタです。]

先頭へジャンプ