[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

ボルヴィック × シェフズ ボイス

フランスの豊かな自然とその自然を守る人々から「ボルヴィック」のおいしさは生まれています。産地の土壌や農法にこだわり、ありのままの食材のおいしさを料理に活かす、フレンチビストロ×カフェ×エピスリー「ピルエット」。ディナータイムにはボルヴィックをテーブルウォーターとして提供しているピルエットとボルヴィックには、フランスという共通ワード以外にも共感できる価値観が。早速、ピルエットのシェフ小林直矢さんにお話をうかがいました。


日常的に本物に触れることができる場所

ピルエットはビストロ、カフェ、エピスリーを兼ね備えた、
今までにない「食」の複合スペースです。
スタイルはカジュアルでありながらも食材、料理、サービスは上質で本物。
カフェでのんびり、特別な日の食事に、食材を買いに来るだけでもいい。
お客様、シェフ、スタッフ、そして食材を提供してくれる生産者―
すべての人と人とが自然につながり、
日常的に本物に触れることができる場所を目指しています。

良いものにこだわり選択できる満足感

食材は厳選したものを使用したい。
だから自分たちで食材を探し、生産者の方々に会うため直接足を運んでいます。
土壌や農法などにこだわって生産している方の野菜はおいしい。
上質で新鮮な食材を可能な限りリーズナブルに仕入れるのも、
シェフである私の役目だと思っています。

フランス風に豊かな食の世界を楽しむ

フランスでは食事は仲間と一緒に楽しむもの。
味も大事なのですが、お店の雰囲気も重要なんです。
ピルエットがビストロやカフェというスタイルをとっているのも、
カジュアルにフランス料理を楽しんでもらいたいから。
素材の旨みや香りを大切にするピルエットの料理には、
クセがなくてどんな料理にも合わせやすい
フランス生まれのボルヴィックがピッタリ。

素材の持つエネルギーをそのまま届ける

品目も種類も指定しないし、カタチにもこだわらないため、
契約している農家からその時期に一番おいしい野菜が届きます。
届いた目の前にある野菜が持つチカラをどう活かすかを考え、
その姿を料理に変えていく。
ピルエットの料理の考え方はいたって「シンプル」なんです。

ボルヴィックを提供するのがピルエット流。

ボルヴィックはビストロのディナータイムに
テーブルウォーターとして利用しています。
フランスのナチュラルミネラルウォーターで、
まろやかで日本人にも飲みやすいボルヴィックを
提供するもの一つのオリジナリティだと思っています。

Chef

小林 直矢

エコール キュリネール国立(現エコール辻東京)卒業後、
レストラン「マルディ・グラ」(銀座)「コム・ダビチュード」(池尻大橋)を経て、

2009年
レストラン「オマージュ」(浅草)にてリニューアル時より勤務し副料理長として貢献
2011年
同店がミシュラン1つ星を獲得したことを機に退職
2012年  3月
渡仏
南仏のミシュラン2つ星レストラン「オステルリー ジェロンム」、
パリの新進気鋭レストラン「GARANCE」での経験を経て、2013年3月帰国
2014年  7月
株式会社コントレイル入社
2014年  9月
Pirouetteシェフに就任

ピルエット

http://www.pirouette.jp/

ボルヴィック × シェフボイス

フランスの豊かな自然とその自然を守る人々から「ボルヴィック」のおいしさは生まれています。

日常的に本物に触れることができる場所

ピルエットはビストロ、カフェ、エピスリーを兼ね備えた、今までにない「食」の複合スペースです。
スタイルはカジュアルでありながらも食材、料理、サービスは上質で本物。
カフェでのんびり、特別な日の食事に、食材を買いに来るだけでもいい。お客様、シェフ、スタッフ、そして食材を提供してくれる生産者―すべての人と人とが自然につながり、日常的に本物に触れることができる場所を目指しています。

良いものにこだわり選択できる満足感

食材は厳選したものを使用したい。
だから自分たちで食材を探し、生産者の方々に会うため直接足を運んでいます。
土壌や農法などにこだわって生産している方の野菜はおいしい。上質で新鮮な食材を可能な限りリーズナブルに仕入れるのも、シェフである私の役目だと思っています。

素材の持つエネルギーをそのまま届ける

品目も種類も指定しないし、カタチにもこだわらないため、契約している農家からその時期に一番おいしい野菜が届きます。
届いた目の前にある野菜が持つチカラをどう活かすかを考え、その姿を料理に変えていく。
ピルエットの料理の考え方はいたって「シンプル」なんです。

フランス風に豊かな食の世界を楽しむ

フランスでは食事は仲間と一緒に楽しむもの。
味も大事なのですが、お店の雰囲気も重要なんです。
ピルエットがビストロやカフェというスタイルをとっているのも、カジュアルにフランス料理を楽しんでもらいたいから。
素材の旨みや香りを大切にするピルエットの料理には、クセがなくてどんな料理にも合わせやすいフランス生まれのボルヴィックがピッタリ。

ボルヴィックを提供するのがピルエット流。

ボルヴィックはビストロのディナータイムにテーブルウォーターとして利用しています。
フランスのナチュラルミネラルウォーターで、まろやかで日本人にも飲みやすいボルヴィックを提供するもの一つのオリジナリティだと思っています。

Chef

小林 直矢

エコール キュリネール国立(現エコール辻東京)卒業後、
レストラン「マルディ・グラ」(銀座)「コム・ダビチュード」(池尻大橋)を経て、

2009年
レストラン「オマージュ」(浅草)にてリニューアル時より勤務し副料理長として貢献
2011年
同店がミシュラン1つ星を獲得したことを機に退職
2012年  3月
渡仏
南仏のミシュラン2つ星レストラン「オステルリー ジェロンム」、
パリの新進気鋭レストラン「GARANCE」での経験を経て、2013年3月帰国
2014年  7月
株式会社コントレイル入社
2014年  9月
Pirouetteシェフに就任

pirouette

営業時間
 
カフェ
11:00-22:00 (L.O 21:00/土日祝)
ビストロ
11:30-14:30 (L.O)
18:00-21:30 (L.O)/17:30-21:00 (L.O 土日祝)
エピスリー
11:00-23:00 (22:00/土日祝)

席数店内 70席

〒105-0001
東京都 港区虎ノ門 一丁目23番3号
虎ノ門ヒルズ ガーデンハウス1階
TEL 03-6206-6927

ボルヴィック × シェフボイス

フランスの豊かな自然とその自然を守る人々から「ボルヴィック」のおいしさは生まれています。
産地の土壌や農法にこだわり、ありのままの食材のおいしさを料理に活かす、フレンチビストロ×カフェ×エピスリー「ピルエット」。
ディナータイムにはボルヴィックをテーブルウォーターとして提供しているピルエットとボルヴィックには、フランスという共通ワード以外にも共感できる価値観が。
早速、ピルエットのシェフ小林直矢さんにお話をうかがいました。

日常的に本物に触れることができる場所

ピルエットはビストロ、カフェ、エピスリーを兼ね備えた、今までにない「食」の複合スペースです。スタイルはカジュアルでありながらも食材、料理、サービスは上質で本物。カフェでのんびり、特別な日の食事に、食材を買いに来るだけでもいい。お客様、シェフ、スタッフ、そして食材を提供してくれる生産者―すべての人と人とが自然につながり、日常的に本物に触れることができる場所を目指しています。

良いものにこだわり選択できる満足感

食材は厳選したものを使用したい。だから自分たちで食材を探し、生産者の方々に会うため直接足を運んでいます。土壌や農法などにこだわって生産している方の野菜はおいしい。上質で新鮮な食材を可能な限りリーズナブルに仕入れるのも、シェフである私の役目だと思っています。

素材の持つエネルギーをそのまま届ける

品目も種類も指定しないし、カタチにもこだわらないため、契約している農家からその時期に一番おいしい野菜が届きます。届いた目の前にある野菜が持つチカラをどう活かすかを考え、その姿を料理に変えていく。ピルエットの料理の考え方はいたって「シンプル」なんです。

フランス風に豊かな食の世界を楽しむ

フランスでは食事は仲間と一緒に楽しむもの。味も大事なのですが、お店の雰囲気も重要なんです。ピルエットがビストロやカフェというスタイルをとっているのも、カジュアルにフランス料理を楽しんでもらいたいから。素材の旨みや香りを大切にするピルエットの料理には、クセがなくてどんな料理にも合わせやすいフランス生まれのボルヴィックがピッタリ。

ボルヴィックを提供するのがピルエット流。

ボルヴィックはビストロのディナータイムにテーブルウォーターとして利用しています。フランスのナチュラルミネラルウォーターで、まろやかで日本人にも飲みやすいボルヴィックを提供するもの一つのオリジナリティだと思っています。

ボルヴィック × シェフボイス

Chef

小林 直矢

エコール キュリネール国立(現エコール辻東京)卒業後、レストラン「マルディ・グラ」(銀座)「コム・ダビチュード」(池尻大橋)を経て、

2009年
レストラン「オマージュ」(浅草)にてリニューアル時より勤務し副料理長として貢献
2011年
同店がミシュラン1つ星を獲得したことを機に退職
2012年  3月
渡仏
南仏のミシュラン2つ星レストラン「オステルリー ジェロンム」、
パリの新進気鋭レストラン「GARANCE」での経験を経て、2013年3月帰国
2014年  7月
株式会社コントレイル入社
2014年  9月
Pirouetteシェフに就任

ピルエット

営業時間
 
カフェ
11:00-22:00 (L.O 21:00/土日祝)
ビストロ
11:30-14:30 (L.O)
18:00-21:30 (L.O)/17:30-21:00 (L.O 土日祝)
エピスリー
11:00-23:00 (22:00/土日祝)

席数店内 70席

〒105-0001
東京都 港区虎ノ門 一丁目23番3号 虎ノ門ヒルズ ガーデンハウス1階
TEL 03-6206-6927

http://www.pirouette.jp/

[ここからフッタです。]

先頭へジャンプ