[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

採水地の自然を未来へつなぐ

地域の人々とともに水源地を保護。

次世代の子供たちに、未来に、この美しい自然環境をつなぎたい。

ボルヴィックの水源地周辺の大部分は森と湿原に覆われ、その大自然はいつの時代も地元の人々によって、また採水地への立ち入りは法律で厳しく規制されることで守られてきました。
この水源地の環境を未来につなぎ、ボルヴィックのおいしさを長期的に維持するために、2006年ボルヴィック社は水源地がまたがる4市の地元自治体とともに環境保護委員会「CEPIV(Comite Environnement pour la Protection de I' Impluvium de I' eau de Volvie)」を設立し、共同で長期にわたる自然保護と環境の改善に取り組んでいます。例えば、専門家による水源地の環境診断を定期的に行い、環境保全に役立つ行動の際には補助金を支給するなどです。
フランス政府や企業だけではなく、ボルヴィック村の人々も一緒になり水源地の環境を守っています。自然と共生を通じて、水源地の豊かな環境を守る。すべては次世代の子供たちに、未来に、この美しい自然をつなぎたいと願う人々の想いからにほかなりません。

徹底した環境保護によりブランド化した野菜

水源地周辺での農業は、化学肥料の代わりに天然肥料を使った有機栽培に取り組み、この地でとれた野菜はオーガニックのブランド野菜としてEUの原産地名称保護の認定を受けています。日常の生活においても、土壌汚染のリスクを回避するために様々な対策を行っています。

EUの環境保護専門プログラム「LIFE+」のモデル地区に認定

鳥類をはじめ多くの固有種や希少種が生息する水源地周辺は、専門家からも大きな注目を集めています。ボルヴィック社はフランス鳥類保護連盟(LPO)の保護プログラムに参加し、ヨーロッパ全土を対象にしたプログラムで唯一の民間企業として、オーベルニュ地方の豊かな自然を象徴するこの鳥の保護活動を行っています。これらの環境保護活動が評価され、水源地周辺地域は、EUの環境保護専門プログラム「LIFE+」のモデル地区に認定されました。

greenbottle 自然のために、未来のために。

植物由来のgreenbottle

すべてのボトルで植物由来の原料を約20%使用。

ボルヴィックのペットボトルは、植物由来の原料を使用した「green bottle」を採用しています。サトウキビ製糖過程で出る天然かつ再生可能な廃糖蜜(廃棄物)を一律約20%使用することで、従来のペットボトルに使用されている、非再生資源である石油の削減に成功しました。

廃糖蜜(廃棄物)約20%使用

採水地の自然を未来へつなぐ

地域の人々とともに水源地を保護。

次世代の子供たちに、未来に、この美しい自然環境をつなぎたい。

水源地の環境を未来につなぎ、ボルヴィックのおいしさを長期的に維持するために、 環境保護委員会「CEPIV」を設立。
現在もフランス政府や企業、ボルヴィック村の人々すべてが環境保護のために様々な取り組みを続けています。

もっと見る

ボルヴィックの水源地周辺の大部分は森と湿原に覆われ、その大自然はいつの時代も地元の人々によって、また採水地への立ち入りは法律で厳しく規制されることで守られてきました。
この水源地の環境を未来につなぎ、ボルヴィックのおいしさを長期的に維持するために、2006年ボルヴィック社は水源地がまたがる4市の地元自治体とともに環境保護委員会「CEPIV(Comite Environnement pour la Protection de I' Impluvium de I' eau de Volvie)」を設立し

、共同で長期にわたる自然保護と環境の改善に取り組んでいます。例えば、専門家による水源地の環境診断を定期的に行い、環境保全に役立つ行動の際には補助金を支給するなどです。
フランス政府や企業だけではなく、ボルヴィック村の人々も一緒になり水源地の環境を守っています。自然と共生を通じて、水源地の豊かな環境を守る。すべては次世代の子供たちに、未来に、この美しい自然をつなぎたいと願う人々の想いからにほかなりません。

徹底した環境保護によりブランド化した野菜。

水源地周辺での農業は、化学肥料の代わりに天然肥料を使った有機栽培に取り組み、この地でとれた野菜はオーガニックのブランド野菜としてEUの原産地名称保護の認定を受けています。日常の生活においても、土壌汚染のリスクを回避するために様々な対策を行っています。

EUの環境保護専門プログラム「LIFE+」のモデル地区に認定。

鳥類をはじめ多くの固有種や希少種が生息する水源地周辺は、専門家からも大きな注目を集めています。ボルヴィック社はフランス鳥類保護連盟(LPO)の保護プログラムに参加し、ヨーロッパ全土を対象にしたプログラムで唯一の民間企業として、オーベルニュ地方の豊かな自然を象徴するこの鳥の保護活動を行っています。これらの環境保護活動が評価され、水源地周辺地域は、EUの環境保護専門プログラム「LIFE+」のモデル地区に認定されました。

閉じる

greenbottle 自然のために、未来のために。

植物由来のgreenbottle

すべてのボトルで植物由来の原料を約20%使用

植物由来の原料を使用したgreen bottle は、再生可能な廃糖蜜(廃棄物)を一律約20%使用することで、従来のペットボトルに使用されている石油原料の削減に成功しました。

ボルヴィックのペットボトルは、植物由来の原料を使用した「green bottle」を採用しています。サトウキビ製糖過程で出る天然かつ再生可能な廃糖蜜(廃棄物)を一律約20%使用することで、従来のペットボトルに使用されている、非再生資源である石油の削減に成功しました。

廃糖蜜(廃棄物)約20%使用

もっと見る

閉じる

採水地の自然を未来へつなぐ

地域の人々とともに水源地を保護。

次世代の子供たちに、未来に、この美しい自然環境をつなぎたい。

水源地の環境を未来につなぎ、ボルヴィックのおいしさを長期的に維持するために、 環境保護委員会「CEPIV」を設立。
現在もフランス政府や企業、ボルヴィック村の人々すべてが環境保護のために様々な取り組みを続けています。

もっと見る

ボルヴィックの水源地周辺の大部分は森と湿原に覆われ、その大自然はいつの時代も地元の人々によって、また採水地への立ち入りは法律で厳しく規制されることで守られてきました。
この水源地の環境を未来につなぎ、ボルヴィックのおいしさを長期的に維持するために、2006年ボルヴィック社は水源地がまたがる4市の地元自治体とともに環境保護委員会「CEPIV(Comite Environnement pour la Protection de I' Impluvium de I' eau de Volvie)」を設立し、共同で長期にわたる自然保護と環境の改善に取り組んでいます。例えば、専門家による水源地の環境診断を定期的に行い、環境保全に役立つ行動の際には補助金を支給するなどです。
フランス政府や企業だけではなく、ボルヴィック村の人々も一緒になり水源地の環境を守っています。自然と共生を通じて、水源地の豊かな環境を守る。すべては次世代の子供たちに、未来に、この美しい自然をつなぎたいと願う人々の想いからにほかなりません。

徹底した環境保護によりブランド化した野菜。

水源地周辺での農業は、化学肥料の代わりに天然肥料を使った有機栽培に取り組み、この地でとれた野菜はオーガニックのブランド野菜としてEUの原産地名称保護の認定を受けています。日常の生活においても、土壌汚染のリスクを回避するために様々な対策を行っています。

EUの環境保護専門プログラム「LIFE+」のモデル地区に認定。

鳥類をはじめ多くの固有種や希少種が生息する水源地周辺は、専門家からも大きな注目を集めています。ボルヴィック社はフランス鳥類保護連盟(LPO)の保護プログラムに参加し、ヨーロッパ全土を対象にしたプログラムで唯一の民間企業として、オーベルニュ地方の豊かな自然を象徴するこの鳥の保護活動を行っています。これらの環境保護活動が評価され、水源地周辺地域は、EUの環境保護専門プログラム「LIFE+」のモデル地区に認定されました。

閉じる

greenbottle 自然のために、未来のために。

植物由来のgreenbottle

すべてのボトルで植物由来の原料を約20%使用

植物由来の原料を使用したgreen bottle は、再生可能な廃糖蜜(廃棄物)を一律約20%使用することで、従来のペットボトルに使用されている石油原料の削減に成功しました。

もっと見る

ボルヴィックのペットボトルは、植物由来の原料を使用した「green bottle」を採用しています。サトウキビ製糖過程で出る天然かつ再生可能な廃糖蜜(廃棄物)を一律約20%使用することで、従来のペットボトルに使用されている、非再生資源である石油の削減に成功しました。

廃糖蜜(廃棄物)約20%使用

閉じる

[ここからフッタです。]

先頭へジャンプ