[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

水と暮らすヨーロッパの人々

水の先進国と言われているヨーロッパ。
その理由は自然からの贈り物である「水」と「人」との関わり方にあるようです。
歴史や日々の暮らしから探ってみましょう。

歴史

貴族が足しげく通う場所にあるものとは。

今では手軽に飲むことができるナチュラルミネラルウォーター。ヨーロッパではその昔、治療のために療養施設で使用されてきました。鉱泉の水には炭酸や塩分の含まれたものがあり、とくに水温の高い地下水源から汲み上げられた鉱泉に治療的効能が認められていました。19世紀には採水地は温泉保養地として発展し、王侯貴族など上流階級の人々が治療のために長期にわたり滞在したそうです。

自宅でもできるようになった健康法とは。

ヨーロッパでは、入浴と同じく温泉水を飲む「飲泉」が治療のひとつとして考えられていました。19 世紀には瓶詰めが行われ始め、流通や持ち運びが可能となったことから、保養地だけではなく自宅でも治療が行えるようになったことで、健康のために水を飲むようになったそうです。

ミネラルウォーターを拡大させたあるモノとは。

20世紀に入ると、60年代には瓶に替わってプラスチックボトルが登場しました。水道水に代わる水を求める人々のニーズの増加や流通システムの発展、生産の機械化などによって、ミネラルウォーター市場は飛躍的に拡大。治療のために飲まれていた水が、時を経て日々の飲用水として生活の中に浸透していったのです。

国民全員が子供のうちに身につける習慣とは。

フランスでは国民の健康増進を目的とした施策が実施されています。その一つに、子供たちの水分補給の啓発があり、家庭や学校でこまめに水を摂る習慣を身につけているそうです。

Volvic(R)

生活

朝起きたらコップ一杯の水を。

こまめな水分補給は朝起きてすぐ始まります。まずは常温の水をコップ1杯飲んでから身支度を整えます。

料理や気分によってお水をチョイス。

食事の時間を何よりも大切にするフランス人。料理に併せて飲み物を選ぶというよりは、ガス入り(発泡)やガス無しのミネラルウォーターを飲んだり、紅茶やコーヒーを楽しんだりと、そのときの気分で選ぶようです。ちなみに子供たちはフレーバーウォーターがお気に入りだとか。

学校では水飲みを設置してゴクゴク。

フランスでは政府の施策により、学校にも給水所が設置されるようになりました。特にスポーツの授業後は積極的に水を飲むことをすすめられているそうです。こまめに水分を摂ることが身についている大人たちは、スポーツ中や前後にミネラルウォーターで水分を補っています。

カジュアルレストランの新常識とは。

フランスのレストランでは、日本のようにオーダーする前にお水がサーブされることはほとんどありません。そのため、メニューにはミネラルウォーターが有料で記載されています。とはいえ、無料で水道水をオーダーしてテーブルに持ってきてもらうこともできるのですが、カジュアルレストランでもウエーターのすすめで有料のミネラルウォーターを注文するお客様も少なくありません。

オフィスでのブレイクタイムに。

フランス人にとって大切なコーヒーブレイク。このときはコーヒーや紅茶を楽しみながら仲間たちとの会話で気分転換。デスクではお気に入りのミネラルウォーターで水分補給をしているそう。

お休み前にベッドサイドに水を。

こまめな水分補給は目が覚めたときにも。すぐ飲めるようにベッドサイドに水を置いています。

出産がミネラルウォーターを買うきっかけに。

フランスでは出産をきっかけにミネラルウォーターを購入する人が増えています。ボトルのラベルに乳児の摂取に適していると表記されていることが理由のひとつだそうです。

子供が大好きなフレーバーウォーター。

フランスでは昔からフルーツ味のシロップを水やソーダで割るジュースが人気です。ボルヴィックがミネラルウォーターブランドで初めて香料を添加し、甘みと酸味を感じる、液色のないフレーバー味を発売。世界中でその味が楽しまれています。

料理とお酒をゆっくり楽しむために。

グルメ大国のフランスでは、食事のときには相性のよいお酒を一緒にいただきます。 ゆっくり時間をかけてお酒を楽しめるのはチェイサー(水)のおかげかもしれません。

旅行先でもこまめに水分補給を。

旅先での体調管理にはこまめな水分補給が大切です。とくにヨーロッパの多くは、日本とは異なる硬水なので、人によってはおなかを壊すこともあります。普段から飲み慣れている軟水のミネラルウォーターを選ぶと安心です。

カフェで楽しむ世界水の旅。

フランスではパリをはじめ各地に数多くのウォーターバーがあります。なかでも、パリの人気セレクトショップ「コレット」にあるカフェ「ウォーターバー」では、おいしくてオシャレな料理と一緒に、世界各国のミネラルウォーターを産地や成分、炭酸の有無などが記載されたウォーターリストを見ながらオーダーすることができます。

コレットサイト
http://www.colette.fr/content/menu/la-carte/

参考資料
ダノンウォーターズフランス
「諸外国における食育推進制作に関する調査報告書」WIPジャパン株式会社
平成16年度 対日供給可能性調査「フランスのミネラルウォーター」日本貿易振興機構

水とクラスヨーロッパの人々

水の先進国と言われているヨーロッパ。
その理由は自然からの贈り物である「水」と「人」との関わり方にあるようです。
歴史や日々の暮らしから探ってみましょう。

歴史

貴族が足しげく通う場所にあるものとは。

今では手軽に飲むことができるナチュラルミネラルウォーター。ヨーロッパではその昔、治療のために療養施設で使用されてきました。鉱泉の水には炭酸や塩分の含まれたものがあり、とくに水温の高い地下水源から汲み上げられた鉱泉に治療的効能が認められていました。19世紀には採水地は温泉保養地として発展し、王侯貴族など上流階級の人々が治療のために長期にわたり滞在したそうです。

自宅でもできるようになった健康法とは。

ヨーロッパでは、入浴と同じく温泉水を飲む「飲泉」が治療のひとつとして考えられていました。19 世紀には瓶詰めが行われ始め、流通や持ち運びが可能となったことから、保養地だけではなく自宅でも治療が行えるようになったことで、健康のために水を飲むようになったそうです。

ミネラルウォーターを拡大させたあるモノとは。

20世紀に入ると、60年代には瓶に替わってプラスチックボトルが登場しました。水道水に代わる水を求める人々のニーズの増加や流通システムの発展、生産の機械化などによって、ミネラルウォーター市場は飛躍的に拡大。治療のために飲まれていた水が、時を経て日々の飲用水として生活の中に浸透していったのです。

国民全員が子供のうちに身につける習慣とは。

フランスでは国民の健康増進を目的とした施策が実施されています。その一つに、子供たちの水分補給の啓発があり、家庭や学校でこまめに水を摂る習慣を身につけているそうです。

Volvic(R)

生活

朝起きたらコップ1杯の水を。

こまめな水分補給は朝起きてすぐ始まります。まずは常温の水をコップ1杯飲んでから身支度を整えます。

料理や気分によってお水をチョイス。

食事の時間を何よりも大切にするフランス人。料理に併せて飲み物を選ぶというよりは、ガス入り(発泡)やガス無しのミネラルウォーターを飲んだり、紅茶やコーヒーを楽しんだりと、そのときの気分で選ぶようです。ちなみに子供たちはフレーバーウォーターがお気に入りだとか。

学校では水のみを設置してゴクゴク。

フランスでは政府の施策により、学校にも給水所が設置されるようになりました。特にスポーツの授業後は積極的に水を飲むことをすすめられているそうです。こまめに水分を摂ることが身についている大人たちは、スポーツ中や前後にミネラルウォーターで水分を補っています。

カジュアルレストランの新常識とは。

フランスのレストランでは、日本のようにオーダーする前にお水がサーブされることはほとんどありません。そのため、メニューにはミネラルウォーターが有料で記載されています。とはいえ、無料で水道水をオーダーしてテーブルに持ってきてもらうこともできるのですが、カジュアルレストランでもウエーターのすすめで有料のミネラルウォーターを注文するお客様も少なくありません。

オフィスでのブレイクタイムに。

フランス人にとって大切なコーヒーブレイク。このときはコーヒーや紅茶を楽しみながら仲間たちとの会話で気分転換。デスクではお気に入りのミネラルウォーターで水分補給をしているそう。

お休み前にベッドサイドに水を。

こまめな水分補給は目が覚めたときにも。すぐ飲めるようにベッドサイドに水を置いています。

出産がミネラルウォーターを買うきっかけに。

フランスでは出産をきっかけにミネラルウォーターを購入する人が増えています。ボトルのラベルに乳児の摂取に適していると表記されていることが理由のひとつだそうです。

子供が大好きなフレーバーウォーター。

フランスでは昔からフルーツ味のシロップを水やソーダで割るジュースが人気です。ボルヴィックがミネラルウォーターブランドで初めて香料を添加し、甘みと酸味を感じる、液色のないフレーバー味を発売。世界中でその味が楽しまれています。

料理とお酒をゆっくり楽しむために。

グルメ大国のフランスでは、食事のときには相性のよいお酒を一緒にいただきます。 ゆっくり時間をかけてお酒を楽しめるのはチェイサー(水)のおかげかもしれません。

旅行先でもこまめに水分補給を。

旅先での体調管理にはこまめな水分補給が大切です。とくにヨーロッパの多くは、日本とは異なる硬水なので、人によってはおなかを壊すこともあります。普段から飲み慣れている軟水のミネラルウォーターを選ぶと安心です。

カフェで楽しむ世界水の旅。

フランスではパリをはじめ各地に数多くのウォーターバーがあります。なかでも、パリの人気セレクトショップ「コレット」にあるカフェ「ウォーターバー」では、おいしくてオシャレな料理と一緒に、世界各国のミネラルウォーターを産地や成分、炭酸の有無などが記載されたウォーターリストを見ながらオーダーすることができます。

コレットサイト
http://www.colette.fr/content/menu/la-carte/

参考資料
ダノンウォーターズフランス
「諸外国における食育推進制作に関する調査報告書」WIPジャパン株式会社
平成16年度 対日供給可能性調査「フランスのミネラルウォーター」日本貿易振興機構

水と暮らすヨーロッパの人々

水の先進国と言われているヨーロッパ。
その理由は自然からの贈り物である「水」と「人」との関わり方にあるようです。歴史や日々の暮らしから探ってみましょう。

歴史

貴族が足しげく通う場所にあるものとは。

今では手軽に飲むことができるナチュラルミネラルウォーター。ヨーロッパではその昔、治療のために療養施設で使用されてきました。鉱泉の水には炭酸や塩分の含まれたものがあり、とくに水温の高い地下水源から汲み上げられた鉱泉に治療的効能が認められていました。19世紀には採水地は温泉保養地として発展し、王侯貴族など上流階級の人々が治療のために長期にわたり滞在したそうです。

自宅でもできるようになった健康法とは。

ヨーロッパでは、入浴と同じく温泉水を飲む「飲泉」が治療のひとつとして考えられていました。19 世紀には瓶詰めが行われ始め、流通や持ち運びが可能となったことから、保養地だけではなく自宅でも治療が行えるようになったことで、健康のために水を飲むようになったそうです。

ミネラルウォーターを拡大させたあるモノとは。

20世紀に入ると、60年代には瓶に替わってプラスチックボトルが登場しました。水道水に代わる水を求める人々のニーズの増加や流通システムの発展、生産の機械化などによって、ミネラルウォーター市場は飛躍的に拡大。治療のために飲まれていた水が、時を経て日々の飲用水として生活の中に浸透していったのです。

国民全員が子供のうちに身につける習慣とは。

フランスでは国民の健康増進を目的とした施策が実施されています。その一つに、子供たちの水分補給の啓発があり、家庭や学校でこまめに水を摂る習慣を身につけているそうです。

生活

朝起きたらコップ1杯の水を。

こまめな水分補給は朝起きてすぐ始まります。まずは常温の水をコップ1杯飲んでから身支度を整えます。

料理や気分によってお水をチョイス。

食事の時間を何よりも大切にするフランス人。料理に併せて飲み物を選ぶというよりは、ガス入り(発泡)やガス無しのミネラルウォーターを飲んだり、紅茶やコーヒーを楽しんだりと、そのときの気分で選ぶようです。ちなみに子供たちはフレーバーウォーターがお気に入りだとか。

オフィスでのブレイクタイムに。

フランス人にとって大切なコーヒーブレイク。このときはコーヒーや紅茶を楽しみながら仲間たちとの会話で気分転換。デスクではお気に入りのミネラルウォーターで水分補給をしているそう。

学校では水飲みを設置してゴクゴク。

フランスでは政府の施策により、学校にも給水所が設置されるようになりました。特にスポーツの授業後は積極的に水を飲むことをすすめられているそうです。こまめに水分を摂ることが身についている大人たちは、スポーツ中や前後にミネラルウォーターで水分を補っています。

お休み前にベッドサイドに水を。

こまめな水分補給は目が覚めたときにも。すぐ飲めるようにベッドサイドに水を置いています。

カジュアルレストランの新常識とは。

フランスのレストランでは、日本のようにオーダーする前にお水がサーブされることはほとんどありません。そのため、メニューにはミネラルウォーターが有料で記載されています。とはいえ、無料で水道水をオーダーしてテーブルに持ってきてもらうこともできるのですが、カジュアルレストランでもウエーターのすすめで有料のミネラルウォーターを注文するお客様も少なくありません。

料理とお酒をゆっくり楽しむために。

グルメ大国のフランスでは、食事のときには相性のよいお酒を一緒にいただきます。 ゆっくり時間をかけてお酒を楽しめるのはチェイサー(水)のおかげかもしれません。

出産がミネラルウォーターを買うきっかけに。

フランスでは出産をきっかけにミネラルウォーターを購入する人が増えています。ボトルのラベルに乳児の摂取に適していると表記されていることが理由のひとつだそうです。

子供が大好きなフレーバーウォーター。

フランスでは昔からフルーツ味のシロップを水やソーダで割るジュースが人気です。ボルヴィックがミネラルウォーターブランドで初めて香料を添加し、甘みと酸味を感じる、液色のないフレーバー味を発売。世界中でその味が楽しまれています。

旅行先でもこまめに水分補給を。

旅先での体調管理にはこまめな水分補給が大切です。とくにヨーロッパの多くは、日本とは異なる硬水なので、人によってはおなかを壊すこともあります。普段から飲み慣れている軟水のミネラルウォーターを選ぶと安心です。

カフェで楽しむ世界水の旅。

フランスではパリをはじめ各地に数多くのウォーターバーがあります。なかでも、パリの人気セレクトショップ「コレット」にあるカフェ「ウォーターバー」では、おいしくてオシャレな料理と一緒に、世界各国のミネラルウォーターを産地や成分、炭酸の有無などが記載されたウォーターリストを見ながらオーダーすることができます。

コレットサイト
http://www.colette.fr/content/menu/la-carte/

参考資料
ダノンウォーターズフランス
「諸外国における食育推進制作に関する調査報告書」WIPジャパン株式会社
平成16年度 対日供給可能性調査「フランスのミネラルウォーター」日本貿易振興機構

[ここからフッタです。]

先頭へジャンプ