Secret of the Namacha taste

【 生茶のうまみの話 】

「 振る 」

茶葉のいいところ
“まるごと”味わうコツ!

振る

多くの緑茶の味覚は、苦味>旨味の構造になっています。一方、生茶は、旨味と苦味のバランスが良く、それによって苦味を感じにくく、お茶の旨味を楽しむことができます。以前の生茶は、すっきりとした味覚でしたが、旨味と苦味のバランスが取れている味覚でした。そのため、15年→16年で大きく味覚が変わりましたが、生茶の良さであるバランスは保ったままより味の強いコクのある味わいになりました。

出典:AISSY株式会社調べ(2016)

「 うまみ飲み 」

生茶のうまみを
さらに感じるには?

生茶「うまみ飲み」

お茶は、“あまみ”、“苦渋味”、“うまみ”などの、さまざまな味わいを愉しむことができます。ペットボトル緑茶が主流の現代、あまり注目されていなかった“お茶のうまみ”を生茶は大切に考えています。「うまみ飲み」をぜひお試しください。

【 お茶のうまみとは? 】

温度と味の関係