[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

生茶

‘味覚の科学’で検証!生茶、ほんとに変わった?

“味覚の科学”で検証!生茶、ほんとに変わった?

“味覚の科学”で検証!生茶、ほんとに変わった?

“味覚の科学”で検証!生茶、ほんとに変わった?

“味覚の科学”で検証!生茶、ほんとに変わった?

“味覚の科学”で検証!生茶、ほんとに変わった?

“味覚の科学”で検証!生茶、ほんとに変わった?

“味覚の科学”で検証!生茶、ほんとに変わった?

“味覚の科学”で検証!生茶、ほんとに変わった?

“味覚の科学”で検証!生茶、ほんとに変わった?

“味覚の科学”で検証!生茶、ほんとに変わった?

“味覚の科学”で検証!生茶、ほんとに変わった?

“味覚の科学”で検証!生茶、ほんとに変わった?

“味覚の科学”で検証!生茶、ほんとに変わった?

“味覚の科学”で検証!生茶、ほんとに変わった?

“味覚の科学”で検証!生茶、ほんとに変わった?

“味覚の科学”で検証!生茶、ほんとに変わった?

“味覚の科学”で検証!生茶、ほんとに変わった?

“味覚の科学”で検証!生茶、ほんとに変わった?

“味覚の科学”で検証!生茶、ほんとに変わった?

“味覚の科学”で検証!生茶、ほんとに変わった?

2016年3月。
新しい緑茶カルチャーを創り出す未来のGreen Teaを目指し、生茶は生まれ変わりました。
味・香り・色といったお茶のいいところを“まるごと”引き出すために、
今までのつくりかたを一から見直し、
「最新テクノロジー」と「伝統製法」の組み合わせからなる、
まったく新しい製法を実現しました。

果たして生茶はどんな風に変わることができたのか?
味覚分析のプロである、「味博士」ことAISSY株式会社の鈴木隆一氏にご協力いただき、
生茶の味わいを科学的に分析していきます。

生茶について

分析1

「味覚」

生茶の良さはそのままに、よりコクのある味わい!

味の強さ

味の強さ

味覚を五味(甘味・塩味・酸味・旨味・苦味)で分析をすると、緑茶の味覚は旨味と苦味に影響を受けています。他の緑茶と比較したときに、生茶は旨味・苦味が強い味覚といえます。

味のバランス

  • 生茶
  • 緑茶A/B/C
  • 旧生茶

味のバランス

多くの緑茶の味覚は、苦味>旨味の構造になっています。一方、生茶は、旨味と苦味のバランスが良く、それによって苦味を感じにくく、お茶の旨味を楽しむことができます。以前の生茶は、すっきりとした味覚でしたが、旨味と苦味のバランスが取れている味覚でした。そのため、15年→16年で大きく味覚が変わりましたが、生茶の良さであるバランスは保ったままより味の強いコクのある味わいになりました。

分析2

「余韻」

バランスのいい余韻が、長く続く。

バランスのいい余韻が、長く続く。

味の変化を時間軸で見ると、生茶は他の緑茶と比較して時間が経過しても最も余韻が残る味覚になっています。また、ただ余韻が残るのではなく、旨味と苦味のバランスが良い状態を保ったまま、余韻が感じられる味わいになっています。

分析3

「振る」

茶葉のいいところ“まるごと”味わうコツ!

茶葉のいいところ“まるごと”味わうコツ!

生茶のおいしさは、微粉砕茶葉がもたらす旨みや余韻がポイントになっています。しかし、粉状のもののため、時間が経過すると沈殿してしまいます。そこで、飲む前にボトルを振ることで、微粉砕茶葉が全体に広がります。そうすることで旨みや香りが広がり、余韻が感じられる味わいになります。

出典:AISSY株式会社調べ(2016)

[ここからフッタです。]

先頭へジャンプ