[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

キリン アルカリイオンの水

  • 商品情報
  • アルカリキッチン
  • 水分補給
  • スマートストック
  • ゴクゴクマ
  • インデックス
  • What's アルカリイオンの水
  • ラベルのゴクヒ情報
  • お知らせ・ニュース
  • プレスリリース一覧

アルカリイオンの水通信Vol.1 夏の水分補給

冬の水分不足にご用心正しい水分補給で冬バテ知らず!
〜この冬を健康に乗り切るための、水分補給術〜

夏バテならぬ”冬バテ”?!

なんだか身体がむくみやすい、疲れやすい、風邪をひきやすい、冬ならではの体調不良を感じていませんか。
夏バテは汗をかくことによるミネラル分の欠乏や、消化機能の低下、栄養不足、さらには冷房と外気温の差による自律神経の失調による疲れやだるさの症状を総称するものですが、冬でも室内外の温度・湿度差によって自律神経のバランスを崩すことがあります。さらに空気が乾燥しているためにウイルスが蔓延しやすくなり、冬場特有の感染症にかかりやすくなります。

冬場は夏に比べて発汗量が少なく、のどの乾きを自覚しにくくなるため積極的に水分を摂取しなかったり、体が冷えることを恐れて水分補給を控えたりしがちです。ただ、水分補給が減りすぎると尿や汗の量も減り、体内の不要物などが排泄しにくくなり、体内の水分バランスが崩れたり新陳代謝が落ちてしまうことが想定されます。さらに中高年に多い、脳梗塞、心筋梗塞なども水分摂取量の不足が大きなリスク要因のひとつと言われています。

”冬バテ”には、水分補給が大切

冬は汗をかかないから水分補給は不要、というわけではありません。例えば、エアコンの効いた部屋は乾燥しやすく、また室内外への出入りは温度差が激しく体温調節の必要があり、気付かないうちに体内の水分は失われていきます。特に年間を通じて冬場は湿度も低くなり、肌の乾燥を感じる方も多くなります。 また、人間は汗をほとんどかかないと感じていても、尿や呼吸などを通じて1日に約2.5リットルもの水分が排出されていると言われています。ですから、意識的に水分補給をしないと水分摂取量の不足につながり、様々な健康障害につながりかねません。冬場でものどの渇きを感じる前に、こまめに水分補給することを心がけましょう。

2001年発表の日本

インフルエンザやノロウイルスの対症にも水を

冬場に流行するインフルエンザやノロウイルスですが、罹患したときに心配なのが脱水症状。特に乳幼児は嘔吐や下痢などで脱水症状にかかりやすいため、成人以上に適切な水分補給が大切です。消化器系疾患の場合は、胃腸に負担をかけないよう常温の水などで、少しずつ(1〜2口くらいずつ)頻繁に水分補給するのがポイントです。症状によっては水分を摂取するだけでも吐き気をもよおすこともありますが、その際はいったん何も摂取せずに胃腸を休ませてから水分補給しましょう。

もしお水を飲ませるのであれば、「キリン アルカリイオンの水」のように、軟水でくせのないものが摂取しやすいでしょう。

乾燥に打ち勝つ!冬バテ防止レシピ

「キリン アルカリイオンの水」はくせのない味わいと口当たりで、料理にも最適。繊細な出汁を味わう和食や鍋料理にもおすすめです。特に冬場の感染症防止に取り入れたいのがビタミンA。ビタミンAが不足すると粘膜が乾燥しやすくなり、感染症にかかりやすくなると言われています。ビタミンAの形で摂取されるのは、動物性食品に含まれるレチノールと、植物性のβ-カロチン。小松菜や春菊、レバーなどに多く含まれるといわれています。


ビタミンA,鉄分を含む旬野菜小松菜を使った美肌レシピ「小松菜のツナサラダ」

 

[ここからフッタです。]

ページトップへ

先頭へジャンプ