[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

酒・飲料の歴史 暮らしを彩る「お酒と飲料」の文化史 暮らしに欠かせないお酒と飲料は、時の流れの中でさまざまな変化を遂げながら、人々のライフスタイルに大きな影響を与えてきました。江戸時代から現代まで、時代ごとに「日本人と飲みもの」の歴史を紐解いてみましょう。 酒・飲料の歴史

日本のビールの歴史

ビールにまつわる歴史と文化を江戸後期からご紹介します。

日本のビール歴史年表 江戸時代後期からの近代までビールが日本に入ってきてから、近代までを年表にまとめました。

日本のビール歴史年表

時代別解説 日本のビールの文化史 5000年以上前から人類に親しまれてきたビールが、日本にはじめて登場するのが、1613年(慶長18年)のことです。その後、ビールは日本の激動の時代の中でどのような文化を作り上げてきたのでしょうか。時代ごとにビールの文化史を解説します。 時代別解説

テーマ別解説 もっと知りたい!ビールの歴史 明治のはじめ新しい飲みものただったビールは徐々に多くの人たちに愛される存在に成長しました。私たちの生活と密接な関係のビール。知ると楽しいビールの生活文化史を13のテーマで解説します。 テーマ別解説

コラム 日本にビールが登場してから時代と共に様々な人や文化と関わりを持ってきました。そのストーリーをキーワードごとにご紹介します。

コラム

飲みものの歴史

ビール以外のお酒と飲料歴史をご紹介します。

酒と飲料の文化史 飲むことによって感じることも時代によって様々 現代の日本では、すっかり身近なものとなった酒や飲料。酒と飲料は19世紀後半から20世紀にかけて、技術の発達や人々の嗜好の変化により大きく様変わりしました。また、飲みものそのものだけでなく、人々の飲み方、飲むシーン、飲むことによって感じることも時代によって様々です。 酒と飲料の文化史。

紅茶の話 茶が私たちにもたらした文化とその恵み 数ある飲み物の中でも、お茶が選ばれ、世界中で飲みつがれている理由はなんでしょうか。生きるために必要な水を、より安全に、よりおいしく飲むことが出来るということ。そして、お茶が文化を育み、人と人とをつなぐ役割を果たしてきたからでしょう。 紅茶の話




[ここからフッタです。]

先頭へジャンプ