[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

過去の特別展示

KIRIN BREWERY 110th HERITAGE

期間:2017年1月30日(月)〜2017年4月28日(金)

キリンビール株式会社は、おかげさまで、本年2017年に創立110周年を迎えました。皆さまからいただきました、この110年にわたるご支援・ご厚情に改めて深く感謝申し上げます。今回の特別展示では、重要資料を含む創業当時の経営資料を紹介いたしました。
<展示内容> キリンビール株式会社創立当時の取締役会記録や株券、当時の「キリンビール」のラベルや広告品であるグラスなど。また、当時「キリンビール」の一手販売を担っていた明治屋のPR誌「嗜好」をデジタルブックで公開しました。

  • 明治屋PR誌『嗜好』

    1908(明治41)年創刊の明治屋PR誌『嗜好』は2008(平成20)年まで100年に渡り、戦中期を除き定期的に発行された。日本には根付いていない西洋の食文化について詳しく紹介されている。日本の食文化の変遷を紐解く貴重な史料であると同時に、「キリンビール」の広告・宣伝活動も多数紹介されている。

  • <左>株券、<右>取締役会記録

    <左>ジャパン・ブルワリーで重役を務めたグラバーの1907(明治40)年5月15日発行の株券。麒麟麦酒株式会社創立後も一株主として「キリンビール」の発展を見守り続けました。
    <右>1907(明治40)年3月〜1913(大正2)年12月の麒麟麦酒株式会社取締役会記録。

アートなパッケージ

期間:2016年12月19日(月)〜2017年1月27日(金)

  • 「生姜とハーブのぬくもり麦茶 moogy(ムーギー)」パッケージ

    「生姜とハーブのぬくもり麦茶 moogy(ムーギー)」
    「生姜とハーブのぬくもり麦茶 moogy」が2016年度グッドデザイン賞を受賞。キリンビバレッジの3人の女性デザイナーが手書きでデザインし、バーコードまで遊び心を加えたパッケージで女性の暮らしに馴染むデザインになっています。その春・夏デザインを展示しました。

  • キリンラガービール アンディ・ウォーホルデザインパッケージ

    キリンラガービール アンディ・ウォーホルデザインパッケージ
    「What’s “OLD”? What’s “NEW”?」というメッセージのもと、時代を超えて多くのお客様に支持されている「キリンラガービール」と、芸術に対する既成概念や常識を根底から覆し、今なお人気のアーティスト「アンディ・ウォーホル」を掛け合わせることで、新たな価値を生むことを表現したデザインパッケージが発売されました。その全デザインを展示しました。

47都道府県の一番搾り

開催期間:2016年8月16日〜2016年12月16日

  • 47都道府県の一番搾りの様子

    全国の47都道府県ごとに味の違いや個性を楽しめる一番搾り“地元うまれシリーズ”「47都道府県の一番搾り」。ココニワでは、そのすべての缶を、日本列島の地図の上に配置して展示しました。缶にはそれぞれ異なるメッセージが込められています。

  • 47都道府県の一番搾りの様子

    缶にはある仕掛けが。缶をセンサー台の上に置くと、各地から届いたビデオレターを備え付けのモニターで視聴することが出来ました。それぞれの地域ならではの映像に、思わず釘付けになってしまう方が続出していました。

キリンビアマグコレクション

開催期間:2016年2月8日〜2016年5月17日

  • キリンビアマグコレクションの様子

    キリンのアーカイブコレクションの中から、ビアマグを展示しました。今回展示した"キリンビアマグコレクション"は1979年に頒布を開始し、2004年まで世界22ヶ国88窯、総数116点にもおよんだ一大コレクションでした。その中から、34点を2回に分けてご紹介し、来場者の目を楽しませました。

  • キリンビアマグコレクションの様子

    円形の什器に、17点の作品を展示しました。中央のテーブルををスクリーンに見立て、プロジェクターを用いて各ビアマグの詳細をご紹介。また、作品を360度見ていただくために、展示台はターンテーブルになっているものも。ビールと切っても切れない関係にある器。なかでもビアマグは古くからデザイン性に富み、ビール文化を見て楽しむものとしても親しまれているようです。

ワイン展

開催期間:2015年10月18日〜2016年2月5日

  • ワイン展の様子

    長い歴史を持つ、日本ワインの原点ともいえるブランド「シャトー・メルシャン」の世界観の中で、ワインの製造工程や、ぶどうの栽培地についてご紹介しました。展示什器にも工夫を凝らし、使用済みのワインの樽を利用したり、タッチモニターでクイズに挑戦するこコンテンツもあるなど、来場者の皆さまに楽しんで頂きました。

  • ワイン展の様子

    展示の背面では、webサイト「ワインディスカバリー」のコンテンツを、リアルに展示しました。ボトルの形状からワインの種類をイメージできたり、ワイングラスの形にも意味があることをお伝えしたり、食事とワインの組み合わせのチャートなどもご用意。ワインバーをイメージした空間は、いつものココニワとは違った雰囲気になりました。

キリンのココロ-「一番搾り」のキリン品質

開催期間:2015年7月13日〜2015年10月23日

  • キリンのココロ-「一番搾り」のキリン品質の様子

    キリンの品質への取り組みは、"おいしさの追求"、"ものづくりへのこだわり"、"安全のためのお約束"、"お客様の安心に、誠実に"の4つの「キリン品質」に集約されています。この4つは、すなわち「キリンのココロ」。毎日、何万本とつくられているキリンの全商品に共通するこのココロを、「キリン一番搾り」を例にご紹介しました。

  • キリンのココロ-「一番搾り」のキリン品質の様子

    展示では、ビールの製造工程で必要となる検査を模擬的に体験できるゲーム「空びん検査機ゲーム」を用意し、楽しみながら理解いただける内容になりました。この写真はファミリーデーで本社に来社した従業員の子供たちが体験しているところ。自分の順番をまだかまだかと待っている子供たちが微笑ましかったです。

KIRIN for ONE PLANET with「触れる地球」

開催期間:2015年3月23日〜2015年7月10日

  • KIRIN for ONE PLANET with「触れる地球」の様子

    デジタル地球儀"触れる地球"を使って、キリングループの長期環境ビジョンを紹介するほか、グループの商品を通して地球目線で見たKIRINの取り組みを紹介しました。モニターの説明に合わせて地球が自動でぐるぐる動き、地球規模での取り組みをお伝えすることができました。

  • KIRIN for ONE PLANET with「触れる地球」の様子

    今回の展示では自動で動くデモンストレーションタイムと、手動のマニュアルタイムを交互に展開。マニュアルタイムでは、過去4日間の雲の動きを3分間にぎゅっと詰め込んだダイナミックな動きが映し出されました。お客様もすぐにコツをつかんで、自由自在に動かし“触れる地球”を体感されていました。

KIRIN GROUP ARCHIVE COLLECTION〜ラベル・ポスター・びん〜

開催期間:2014年11月10日〜2015年3月20日

  • KIRIN GROUP ARCHIVE COLLECTION〜ラベル・ポスター・びん〜の様子

    今回の展示では、キリンビール社を中心としたキリングループの歴史資料数千点の中から、これまで展示したことのない希少資料を中心にものづくりに込められた思いと共にご紹介しました。特に、ポスターは修復を終えたばかりの美しい状態でご紹介することができました。

  • KIRIN GROUP ARCHIVE COLLECTION〜ラベル・ポスター・びん〜の様子

    「KIRIN Label Selection」と題して、「キリンビール」や「キリンレモン」のびんラベルや、珍しい海外輸出用ラベルなどを展示しました。また、今回は特別に、甲州市教育委員会のご協力のもと、メルシャン社のルーツでもある甲斐産商店(のちの大黒葡萄酒株式会社、オーシャン株式会社)が発売したワインラベルも展示し、KIRINとは一味違ったラベルをご紹介しました。

R100PETボトルって何だろう?

開催期間:2014年8月4日〜2014年11月7日

  • R100PETボトルって何だろう?の様子

    ペットボトルが、洋服やたまごのケース、クリアファイルなど私たちの身近な物にリサイクルされていることは知られていますが、実は、ペットボトルがもう一度ペットボトルにリサイクルされていることをご存じでしょうか?
    今回の展示ではその一端をアニメーションでご紹介しました。空のペットボトルを投入口に入れると、映像が動きだし、リサイクルされる工程が写し出されました。

  • R100PETボトルって何だろう?の動画

    実際には、リサイクルは地方自治体の施設で実施され、キリンビバレッジの工場では商品化からの工程になりますが、一連の流れをアニメーションでご紹介することで、「キリン午後の紅茶おいしい無糖」のパッケージが100%リサイクルされることをお伝えしました。
    また今回の展示では、最後には嬉しい仕掛けもありました。

SAMURAI BLUE GALLERY

  • 開催期間:2014年5月10日〜2014年6月13日

    の様子

    2002年、2003年に実施したサッカー日本代表応援キャンペーンの景品として制作された「勝ちT」。これが欲しかったんだ!というお客様も多くいらっしゃいました。

  • 開催期間:2014年6月16日〜2014年7月31日

    No images

    展示第2弾は、キリンカップサッカー以前に、ジャパンカップと呼ばれていた時代のポスターから最近のものまでを展示しました。サッカー支援の長い歴史を感じます。

復興応援 キリン絆プロジェクト

開催期間:2014年2月10日〜2014年5月9日

  • の様子

    前回の企画展(2013年9月〜2014年2月)の什器をそのまま使ったエコな展示。笑顔でつながるイメージのパネルで支援の概要をご紹介しました。

  • の様子

ココイコNAKANO

開催期間:2013年9月17日〜2014年2月8日

  • の様子

    中野をもっと知りたい、知って欲しいとの思いで企画されたココイコNAKANO展。

  • の様子

    中野の「まちあるき」の記録も展示。ぶらぶら歩いた記録写真は何故か、みんな汗だくです。2013年、中野の夏は暑かった!

KIRIN'S HEART START/ KIRIN'S HEART WARM/ KIRIN'S HEART BORN!

開催期間:2013年5月1日/ 2013年5月31日/ 2013年6月3日

  • KIRIN'S HEART START/KIRIN'S HEART WARMの様子

    ココニワスペースに謎のタマゴが現る!
    「10年後に叶えていたい夢」をハート型のシールに託して

  • KIRIN'S HEART BORN!の様子

    「たまご」から誕生したのは、お客様や社会と共に価値をつくっていきたい、というキリンからのメッセージである「Creating Shared Value」


[ここからフッタです。]

先頭へジャンプ