[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

KIRIN Communication Space ココニワ

ココニワとは?

キリングループ本社(東京・中野)の受付フロアに、コーポレートコミュニケーションスペースとして開設し、広く一般の皆さまに公開しております。展示では130年以上にわたるグループの軌跡を感じていただくと共に、現在の様々な取り組みをご紹介しております。キリングループ本社(東京・中野)の受付フロアに、コーポレートコミュニケーションスペースとして開設し、広く一般の皆さまに公開しております。展示では130年以上にわたるグループの軌跡を感じていただくと共に、現在の様々な取り組みをご紹介しております。

〈ブランドテーブル〉

キリングループの代表的なブランドを紹介しています。
ここでしか見ることのできない草創期の商品やラベル、商品に込められた思いをお伝えするコーナーです。

  • ワインのコーナー

    本物と見紛うほどのブドウの模型や、ワインづくりに込めた思い、シャトー・メルシャンの多数の受賞歴などを紹介しています。

  • ビールのコーナー

    展示台の天板を良く見ると、何かに似ていませんか?
    実は王冠栓をイメージしています。

  • 飲料のコーナー

    初代キリンレモンびんと一緒に並ぶラベルは、キリンシトロン、キリンサイダー、キリンタンサン。どんな味だったのでしょうね!?

  • パッケージのコーナー

    永昌源社が大切に保管してきた中国酒パッケージの歴史展示をはじめ、小岩井生乳100%ヨーグルトや、ウイスキー富士山麓の紹介もあります。

  • 〈グローバルコーナー〉

    海外のグループ会社を紹介するコーナー

    海外のグループ会社を紹介するコーナー。
    各国で販売している代表的な商品が並びます。

  • 〈6面マルチビジョン〉

    大型のビジョン

    大型のビジョンでは、グループのDNAを伝える
    ムービーや工場見学紹介、
    最新のCM映像などを上映しています。

その他にも、サッカー日本代表のオフィシャルパートナーとしての活動や、
グループの研究開発の紹介、新商品をいち早く紹介するコーナーなど、
キリンについて知ることのできる空間になっています。ぜひ一度ご来場ください。

特別展示

ココニワでは、期間限定の特別展示も実施しています。

KIRIN BREWERY 110th HERITAGE

期間:2017年1月30日(月)〜2017年4月下旬(予定)

キリンビール株式会社は、おかげさまで、本年2017年に創立110周年を迎えました。皆さまからいただきました、この110年にわたるご支援・ご厚情に改めて深く感謝申し上げます。今回の特別展示では、重要資料を含む創業当時の経営資料を紹介いたします。
<展示内容> キリンビール株式会社創立当時の取締役会記録や株券、当時の「キリンビール」のラベルや広告品であるグラスなど。また、当時「キリンビール」の一手販売を担っていた明治屋のPR誌「嗜好」をデジタルブックで公開します。当時の広告宣伝活動を知る貴重な資料です。

  • 明治屋PR誌『嗜好』

    1908(明治41)年創刊の明治屋PR誌『嗜好』は2008(平成20)年まで100年に渡り、戦中期を除き定期的に発行された。日本には根付いていない西洋の食文化について詳しく紹介されている。日本の食文化の変遷を紐解く貴重な史料であると同時に、「キリンビール」の広告・宣伝活動も多数紹介されている。

  • <左>株券、<右>取締役会記録

    <左>ジャパン・ブルワリーで重役を務めたグラバーの1907(明治40)年5月15日発行の株券。麒麟麦酒株式会社創立後も一株主として「キリンビール」の発展を見守り続けました。
    <右>1907(明治40)年3月〜1913(大正2)年12月の麒麟麦酒株式会社取締役会記録。


ご利用案内&アクセス

キリングループ本社の総合受付に設けられた280m²ほどの展示スペースです。
ガイドはおりませんので、自由にご見学ください。入場無料です。

  • 住 所東京都中野区4-10-2
    中野セントラルパークサウス2F
    キリングループ本社総合受付隣
    開館時間9:00〜17:30
    休館日土日、祝日、会社指定休日
    セントラルパークサウスビルにご入館し、キリングループ本社総合受付の看板のあるエスカレーターで2Fまでお越しください。
  • Access Map

  • Green Power WIND
  • キリングループでは、横浜市風力発電事業に協賛し自然エネルギー利用の促進を支援しています。
    「ココニワ」エリアで使用する電力はこの事業で発電された電力を活用して運営しています。

[ここからフッタです。]

先頭へジャンプ