[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

ウィスキー・ブランデーに関するよくあるご質問

絞り込み

目的別で絞り込む

  • ネット通販はしていますか?

    キリングループのオンラインショップをこちらのページで紹介しています。

    キリンのオンラインショップ

    閉じる
  • ラベルの麒麟(キリン)は何?

    キリンビールのラベルに描かれている麒麟は、慶事の前にあらわれるとされている、中国の想像上の聖獣です。

    ラベルに登場したのは、「キリンビール」発売の1888年(明治21年)のことですが、当時のラベルデザインは現在と全く違ったものでした。翌年の1889年(明治22年)に、デザインを一新した第二号ラベルが登場し、現在まで受け継がれる聖獣ラベルの原型となりました。

    キリングループ ラベル物語

    閉じる
  • マザーウォーターってどんな水?

    ウイスキーづくりの最初の工程で粉砕したモルトに加える水を、スコットランドでは「マザーウォーター」と呼びます。日本酒づくりでの「仕込水」に相当するこの“母なる水”が、おいしいウイスキーづくりの重要なポイントと言われます。

    水へのこだわり<マザーウォーターとは>

    閉じる
  • 富士御殿場蒸溜所で使用している水は全て富士山の伏流水ですか?

    全てそうです。富士山の雪融け水が地中にしみこみ100年ともいわれる歳月をかけてろ過された上質の天然水を使用しております。

    富士御殿場蒸溜所

    閉じる
  • ウイスキーってどうやってつくるの?

    ウイスキーは大麦やライ麦、トウモロコシなどの穀類を原料とした蒸留酒です。基本的な製造方法は、原料を糖化させた後、酵母を加えて発酵。蒸留器で蒸留し、オークの樽につめて熟成します。蒸留されたばかりの原酒は無色透明ですが、何年か樽の中で熟成されるうちに琥珀色に変化し、ウイスキーの香りもつくられます。貯蔵年数はウイスキーのタイプや樽のタイプにより異なりますが、中には20年以上熟成された高級品もあります。

    Whiskyができるまで

    閉じる
  • ハート オブ ハーツ蒸留法について教えてください。

    蒸留したての原酒のうち、おいしいところだけしか熟成に使わない。それが富士御殿場蒸溜所だけの製法“ハート オブ ハーツ蒸留法”です。1回の蒸留でおよそ半分しかとれない一番上質な部分だけを樽に仕込むのです。無駄が多くても本当においしい原酒をつくるためのこだわりです。

    閉じる
  • ブランデーってどうやってつくるの?

    ブランデーは、果実を原料として発酵(醸造)した後に蒸留したお酒です。一般的にはブドウですが、リンゴやサクランボなどを原料としたブランデーもあります。ブランデーは蒸留後に樽で熟成させた熟成年数の異なる原酒をブレンドしています。その際、最も若い原酒の熟成年数により、XO、ナポレオン、VSOP、スリースターと格付けされます。

    閉じる
  • ブランデーはいつからつくられ始めたの?

    錬金術が盛んな中世、錬金術師たちがワインを蒸留し、ブランデウエイン(焼いたワイン)という名のお酒をつくりました。それがブランデーのルーツと言われます。代表的な種類であるコニャックは、17世紀初めに生まれました。ワインの蒸留が広まった原因は、寒波と宗教戦争の影響により良質なワインがつくれなくなったためでした。

    閉じる
  • スコッチウイスキーの起源を知りたい。

    スコッチ・ウイスキーの起源は、5〜6世紀頃、アイルランドの修道士が蒸留技術を地中海地方から持ち帰り、その後、この修道士が蒸留技術をスコットランドに伝えたことに発すると言われています。

    閉じる
  • バーボンウイスキーっていつからあるの?

    1789年、エリア・クレイグという牧師が、バーボン群の一部であったスコット群のジョージタウンでとうもろこしを主原料にしたバーボンウイスキーを最初に造ったと言われています。

    閉じる
  • モルトウイスキーとは?

    大麦麦芽のみを原料に、蒸留したウイスキーです。香味成分が多く、蒸溜所によって個性が異なります。

    閉じる
  • グレーンウイスキーとは?

    グレーンウイスキーはトウモロコシ、小麦などの穀類と大麦麦芽を原料に使用し、モルトウイスキーと同じように糖化・発酵・蒸留・熟成という工程によって製造されます。グレーンウイスキーの製造上の特徴は、蒸留で連続式蒸溜器を使用することです。その結果、モルトウイスキーに比べて香味成分が少なく、クセのない軽い味わいになります。ほとんどがブレンデッドウイスキーのベースとして使用されます。

    閉じる
  • スコッチウイスキーとは?

    スコットランドで造られるウイスキーの総称。原料となる大麦麦芽を乾燥させる際、ピート(植物が泥炭化したもの)で燻製します。このときにつくスモーキーフレーバーが最大の特徴です。モルトウイスキーとモルトウイスキーとグレーンウイスキーをブレンドしたブレンデッドウイスキーがあります。キリンには、ジョニーウォーカー ブラックラベル12年などのブレンデットウイスキーがあります。

    閉じる
  • バーボンウイスキーとは?

    アメリカのウイスキーで代表的なウイスキー。ケンタッキー州を中心とするアメリカ中西部で造られています。原料となる穀類の51%以上がトウモロコシであり、アルコール度数80%以下で蒸留すること、熟成用の樽は新樽で内側を焦がしてあることなどが、アメリカ連邦アルコール法で規定されています。原料のコーンと焦がした新樽に由来する華やかな香りが特長です。キリンのフォアローゼズがよく知られています。

    閉じる
  • カナディアンウイスキーとは?

    カナダで造られるウイスキーで、世界のウイスキーの中でも軽快な香味でマイルドな味わいが特徴です。ライ麦やトウモロコシを主原料にしたバーボンに似た香味を持つフレーバリングウイスキー原酒と、トウモロコシを主原料に連続蒸留器で蒸留したスコッチウイスキーのグレーンウイスキーと同じ軽いタイプのベースウイスキー原酒をブレンドしたものです。キリンにはクラウンローヤルなどの商品があります。

    閉じる
  • ブランデーの種類について教えてください。

    グレープブランデーにも多くの種類があります。コニャック地方でつくられるコニャックはその代表。その他には、アルマニャック地方でつくられるアルマニャック、ブルゴーニュ、シャンパーニュ、アルザス地方のマール、イタリアのグラッパなどがあります。

    閉じる
  • プルーフとアルコール度数ってどう違うの?

    アメリカやイギリスでは、蒸留酒のアルコール度数を「プルーフ」で表す伝統があります。アメリカンプルーフに0.5倍、ブリティッシュプル−フに0.571倍掛けるとアルコール度数となります。

    閉じる
  • 古いウイスキーがあるんだけど、飲めるかな?

    ウイスキーは蒸留酒。アルコール度数が高いので、未開栓なら10年程は変化しません。直射日光と高温を避けて保管してください。開栓後は風味が変わるので、早めにお召し上がりください。

    閉じる
  • ウイスキーの「シングル」・「ダブル」の量ってどのくらい?

    シングルは30ml、ダブルは60ml。グラスの横に指をそえて、底から指1本分(ワンフィンガー)がシングル、指2本分(ツーフィンガー)がダブルの目安です。

    閉じる
  • 天使の分け前ってなんですか?

    熟成中、樽から毎年2〜3%のウイスキーが揮散してしまいます。これを天使の分け前(エンジェルズ・シェアー)と呼んでいます。天使にウイスキーの一部を献上することでウイスキーはますますおいしくなっていきます。

    閉じる
  • ジョニーウォーカー ブラックラベル12年の「12」ってどういう意味?

    原酒は全て12年以上、樽の中で熟成したものだけであるということを示しています。

    閉じる
  • フォアローゼズの名前の由来は?

    ロマンチックなネーミング。フォアローゼズの生みの親ポール・ジョーンズは、南部美人に一目惚れしプロポーズ。彼女はプロポーズ受諾の証として、4輪の深紅のバラのコサージュを胸に舞踏会に現れました。2人の出会いを永遠にという願いをこめて名づけられた「フォアローゼズ」。

    閉じる

[ここからフッタです。]

先頭へジャンプ