[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

紅茶飲料に関するよくあるご質問

絞り込み

目的別で絞り込む

  • お茶の葉には元になる「紅茶の木」、「緑茶の木」、「ウーロン茶の木」があるのですか?

    実は、どれも同じ植物「チャ」が原材料です。3種の違いは作り方です。茶葉に存在する酸化酵素の働きを利用し、完全発酵させたのが紅茶、発酵を途中で止めたのが烏龍茶、全く発酵させないのが緑茶です。発酵度合いが進むと、液色も濃くなり、香りも深みを増します。

    閉じる
  • 「宵越しのお茶は飲むな」といいますが、どうしてですか?

    お茶を淹れたあとでも、茶葉にはタンパク質をはじめ多くの栄養分が残っています。急須に茶葉を残したままにしていると、茶葉の栄養分にカビや細菌が繁殖します。
    また、渋み成分のタンニンが酸化することにより、味が渋くなります。

    湯のみに注いだ場合でも時間の経過により、カテキンの色素が酸化して変色し、渋みが出てきます。昔から「宵越しのお茶は飲むな」と言われてきたのには、このような理由があったようです。

    ペットボトル入りのお茶についても、一度開栓されましたら、冷蔵庫に保管の上、なるべくお早めにお飲みください。

    閉じる
  • 「午後の紅茶 ミルクティー」に白いものが浮遊していますが飲んでも大丈夫でしょうか?

    ミルクを含む商品は時間の経過とともに、ミルク分が分離することがあります。未開栓で、容器にキズなどがなく密閉性が保たれていれば品質に問題はありません。よく振ってからお飲みください。

    閉じる
  • 「午後の紅茶ストレートティー」は、砂糖が入っているのになぜストレートなんですか?

    当社では、ミルクやレモン等を加えていない紅茶のことをストレートティーと定義しています。ストレートティーのお召し上がり方の一つとして、適度な甘さを加えています。

    閉じる
  • ホット専用「午後の紅茶」は、コールド商品と中味は違うの?

    ホット専用は、茶葉のブレンドや甘さ、濃さ、香りたちなどホットでより美味しくお召し上がりいただける味にしあげております。そのためコールド商品とは中味が異なります。

    閉じる
  • 「キリン 午後の紅茶」のネーミングの由来は何ですか?

    「キリン 午後の紅茶」は、英国の1日に何回もあるティータイムの中で最も社交的で優雅なお茶会「アフターヌーンティー」(午後のお茶会)からネーミングされました。19世紀中頃の英国では、1日2食で、夕食が始まるのは夜も更けた午後9時過ぎだったとか。そこで、夕食までの空腹にたえかねた7代目ベッドフォード公爵夫人アンナ・マリアが午後4時ごろに紅茶と軽い食事をとったのが、「アフターヌーンティー」(午後のお茶会)のそもそもの始まりといわれています。

    閉じる
  • 紅茶に含まれているカフェインの量を教えてください。

    主要商品別の成分を、こちらのページでご案内しています。

    原材料・栄養成分等一覧

    閉じる
  • 紅茶の茶葉の一種である、「ディンブラ(Dimbula)」の特徴は何ですか?
    産地:
    スリランカ
    栽培地:
    中間地から高地にかけて栽培される。
    特徴:
    タンニンの量が少なくマイルドな風味。バラの花に似た芳香を持ち、快い刺激的な渋味を感じる。
    水色:
    明るいオレンジ色。
    閉じる
  • 紅茶の茶葉の一種である、「ヌワラエリア(Nuwaraeliya)」の特徴は何ですか?
    産地:
    スリランカ
    栽培地:
    昼夜の温度差の大きい、標高1800m以上の高地でつくられる。
    特徴:
    優しいおだやかな味わいだが、特有のさわやかな刺激がある。
    水色:
    淡いオレンジ系の赤色。
    閉じる
  • 紅茶の茶葉の一種である、「キャンディ(Kandy)」の特徴は何ですか?
    産地:
    スリランカ
    栽培地:
    古都キャンディを中心に、その周辺の高地で栽培される。
    特徴:
    軽くマイルドな味でブレンド用に広く使われ、どの紅茶ともマッチする風味。
    水色:
    輝きのある明るい美しい赤色で、アイスティーに使ってもクリームダウン(白濁)が起こりにくい。
    閉じる
  • 紅茶の茶葉の一種である、「ダージリン(Darjeeling)」の特徴は何ですか?
    産地:
    インド
    栽培地:
    昼夜の温度差が大きく、霧の発生しやすい西ベンガル州の北端、ヒマラヤ山岳地帯の険しい山の斜面で栽培される。
    特徴:
    あらゆる紅茶の中で最も香りが高く、味は快いパンジェンシーという刺激的な渋味を持ち、マスカットフレーバーといわれる特有の香りは世界最高と称される。
    水色:
    淡いオレンジ色で透明度が高い。
    閉じる
  • 「アールグレイ」とはどんな紅茶ですか?

    紅茶に香りをつけたフレーバードティーのひとつです。もともとは中国茶、主にキーマン紅茶にシシリア島産の柑橘類「ベルガモット」のオイルを染み込ませて着香したものを言います。名前の由来は、1830年代の英国の首相チャールズ・グレイ伯爵が中国に派遣した使節団によって持ち帰られたこのお茶を非常に気に入り愛飲したことにちなんで名づけられました。「アール」とは伯爵を意味する言葉です。

    閉じる
  • 紅茶は、どうやって生まれた飲みものですか?

    中国の雲南省といわれています。その後、紅茶はヨーロッパに輸入され、今日の紅茶文化に発展したといわれています。

    閉じる
  • お茶に含まれている、「サポニン」とは何ですか?

    茶葉中に約0.2%程度含まれているおいしさの成分の一つです。茶葉のほか、大豆やオリーブなどにも含まれています。サポニンは、シャボン玉のシャボンと語源は同じでラテン語のサボン(泡立つ)ということからも分かるように、水と混ぜて振ると泡立つ性質があります。

    閉じる
  • 清涼飲料水の製造後、使用済みの原材料などはどうしているのですか?

    茶葉やコーヒー豆の粕などは、堆肥化され、主に野菜や果物の栽培の肥料として活用されています。弊社の自社工場の製造工程で出る様々な副産物・廃棄物は細かく素材ごとに分別して100%再資源化され、高炉還元や堆肥等に活用されています。

    閉じる

[ここからフッタです。]

先頭へジャンプ