[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

スピリッツ・リキュールに関するよくあるご質問

絞り込み

目的別で絞り込む

  • 「カロリーオフ」の表示がある商品は「カロリーゼロ」ですか?

    カロリーはゼロではありません。食品表示法の食品表示基準に基づき、飲料100mlあたりのエネルギーが20kcal以下の商品を、「カロリーオフ」と表示することが可能です。

    主要商品別の栄養成分を、こちらのページでご案内しています。

    原材料・栄養成分等一覧

    閉じる
  • ラベルの麒麟(キリン)は何?

    キリンビールのラベルに描かれている麒麟は、慶事の前にあらわれるとされている、中国の想像上の聖獣です。

    ラベルに登場したのは、「キリンビール」発売の1888年(明治21年)のことですが、当時のラベルデザインは現在と全く違ったものでした。翌年の1889年(明治22年)に、デザインを一新した第二号ラベルが登場し、現在まで受け継がれる聖獣ラベルの原型となりました。

    キリングループ ラベル物語

    閉じる
  • 4大スピリッツについて教えてください。

    スピリッツとはもともと蒸留酒を指しますが、一般的にはウイスキーやブランデーなどを除く蒸留酒を指し、その中で代表的なジン・ウォッカ・ラム・テキーラが「4大スピリッツ」と呼ばれます。スピリッツはその原産国によって原料や製法が異なり、ストレートはもちろんカクテルのベースとしても広く好まれています。

    閉じる
  • ウォッカとは?

    主原料の穀類を糖化、発酵、蒸留し、さらに白樺の炭で濾過した蒸留酒がウォッカです。原産地はロシアで、最初はライ麦のビールを蒸留していたと考えられています。香草で味や香りを加えたウォッカが多いのは、まだ雑味が多かった誕生当時の名残りです。

    閉じる
  • ジンとは?

    17世紀、オランダ人のフランシス・デュボアが薬をつくろうと、アルコールに漬けた「ねずの実」を蒸留。その偶然からジンは生まれました。その後、オランダのオレンジ公がイギリス国王に即位し、ジンはイギリスに広まります。19世紀には連続式蒸留器からのニュートラルスピリッツを用いた新しいタイプのジン、ロンドンドライジンが登場しました。

    • ねずの実はジュニバーベリー(Juniper berry)とも呼ばれ、利尿効果のあるハーブといわれます。
    閉じる
  • ラムとは?

    ラムは、サトウキビの搾り汁を煮つめ、砂糖を結晶させたあとの糖蜜を原料としたものです。

    • ラムの語源はランバリオン(乱痴気騒ぎ)といわれています。
    閉じる
  • テキーラとは?

    テキーラはメキシコ原産のアガベ・テキラーナ・ウエーバーという竜舌蘭の一種である植物を原料とし、その茎を糖化、発酵、蒸留してつくります。テキーラはメキシコの地酒として好まれていましたが、1949年、カクテル コンテストに「マルガリータ」が入選。世界4大スピリッツとしての地位を確立しました。

    閉じる
  • リキュールとは?

    蒸留酒造りの技法を発見した中世の錬金術師たちは、それらをラテン語で「生命の水」と呼び、生命維持の薬酒として用いていました。やがて彼らは、より高い霊力を持つ秘酒をつくり出そうとします。その蒸留の際には各種の薬草や香草類が加えられ、そして生まれたのがリキュールです。

    • ラテン語で「アクア・ヴィッテ(Aqua Vitae)」とは「生命の水」の意。
    閉じる
  • リキュールの語源はなんですか?

    リキュールには、各種の薬草や香草類の有効成分が溶け込んでいます。そのことから「リケファセレ(Liquefacere)」(ラテン語で「溶け込ませる」の意)と呼ばれ、さらに英語の「リキュール(Liqueur)」という言葉が生まれました。

    閉じる
  • フルーツリキュールとは?

    18世紀になると、薬酒的リキュールに代わりフルーツ主体の香味を持つリキュールがつくられはじめます。さらに19世紀後半以降には連続式蒸留器が開発されて高純度アルコールの入手が容易になり、現在と同じような洗練された香味のリキュールがつくられるようになりました。

    閉じる

[ここからフッタです。]

先頭へジャンプ