[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

コーヒー飲料に関するよくあるご質問

絞り込み

目的別で絞り込む

  • 「ファイア 微糖」に白いものが浮遊していますが飲んでも大丈夫でしょうか?

    ミルクを含む商品は時間の経過とともに、ミルク分が分離することがあります。未開栓で、容器にキズなどがなく密閉性が保たれていれば品質に問題はありません。よく振ってからお飲みください。

    閉じる
  • コーヒ飲料で「ブラック」は普通無糖ですが、「加糖ブラック」とはどういう意味ですか?

    乳製品などを加えていないものが「ブラック」と定義(※)されています。また、糖類を使用した場合には「加糖」の表示も必要とされていることから「加糖ブラック」と表示しています。

    • コーヒー飲料等の表示に関する公正競争規約
    閉じる
  • コーヒーに含まれているカフェインの量を教えてください。

    主要商品別の成分を、こちらのページでご案内しています。

    原材料・栄養成分等一覧

    閉じる
  • コーヒーは、どうやって生まれた飲みものですか?

    コーヒーの発祥には、いくつかの伝説と記録が残っていますが、それらを総合すると、9世紀前後にエチオピアで飲み始められ、アラビアに伝わったと考えられています。もっともこの頃のコーヒーは、僧侶たちの夜の勤行のときに眠気を覚ます秘薬として、イスラム教寺院で独占的に用いられていたようです。飲み方も、生豆を乾燥して煎じたものを薬として飲むような方法をとっていたようです。

    閉じる
  • 「コーヒー」と「コーヒー飲料」の違いは何ですか?

    コーヒー関連の清涼飲料は公正競争規約に基づき、3つに分類されています。

    コーヒー飲料等の分類
    コーヒーコーヒーの生豆換算100gの製品中に5.0g以上
    コーヒー飲料コーヒーの生豆換算100gの製品中に2.5g以上5.0g未満
    コーヒー入り清涼飲料コーヒーの生豆換算100gの製品中に1.0g以上2.5g未満
    閉じる
  • 「キリン ファイア」のダイヤのデザインは、どういう方法でつくっているのですか?

    缶の立体模様を、「ダイヤカット」と呼んでいます。「ダイヤカット」はダイヤ形をした凹凸の金型で缶を内側と外側から挟み込み、その型を回転させ、立体的な模様をつくっています。

    「キリン ファイア」のダイヤのデザインは、どういう方法で造っているのですか?
    閉じる
  • 「微糖」「低糖」はどう違うのですか?

    飲料に含まれる「糖類」については、100ml当たり2.5g以下の場合、「微糖」「低糖」など、糖類が少ないことを強調する表示を使用することができます。 なお、「無糖」の表示は、100ml当たり0.5g未満の場合に使用することができます。
    どのような栄養素をどのくらい含んでいるかの表示は、食品表示法の食品表示基準に基づいて定められています。

    閉じる
  • 「カロリーゼロ」や「糖類ゼロ」は本当に「ゼロ」なのですか?

    「ゼロ」表示については食品表示法の食品表示基準に基づき定められています。食品100g当たり(100ml当たり)の含有量が以下の通りだと「0(ゼロ)」表示ができます。

    たんぱく質
    0.5g未満
    脂質
    0.5g未満
    炭水化物
    0.5g未満
    糖質
    0.5g未満
    糖類
    0.5g未満
    ナトリウム
    5mg未満
    熱量(カロリー)
    5kcal未満
    閉じる
  • コーヒーに入っているシリコーンとは何ですか?

    食品衛生法の中で、国で安全性が認められている食品添加物です。開栓時に内容液が噴出しお洋服などを汚すことがないよう、噴出し防止目的で使用しています。

    閉じる
  • 缶コーヒーに入っている「カゼインNa」って何ですか?

    「カゼインNa」のカゼインは牛乳などに含まれるたんぱく質の一種です。製品中でコーヒーとミルクが混ざり合った状態を保つために使用しています。(カゼインを水に溶けやすく加工されたものが「カゼインNa(カゼインナトリウム)」です。)

    閉じる
  • 清涼飲料水の製造後、使用済みの原材料などはどうしているのですか?

    茶葉やコーヒー豆の粕などは、堆肥化され、主に野菜や果物の栽培の肥料として活用されています。弊社の自社工場の製造工程で出る様々な副産物・廃棄物は細かく素材ごとに分別して100%再資源化され、高炉還元や堆肥等に活用されています。

    閉じる

[ここからフッタです。]

先頭へジャンプ