[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

芸術文化支援活動

芸術文化支援活動

キリングループは、芸術文化支援を通じた社会貢献の取組みとして、約35年前に芸術文化支援活動を開始いたしました。時代によって取り組む視点や内容は少しずつ変化してきましたが、より幅広いお客様に身近に芸術文化に親しんでいただく機会を提供したいという想いのもと、活動に取り組んでおります。

キリン絆プロジェクト コバケンとその仲間たち

キリングループが東日本大震災復興支援に グループをあげて継続的に取り組む「復興応援 キリン絆プロジェクト」の一環として、世界で活躍する指揮者の小林研一郎(通称:コバケン)による「キリン絆プロジェクト コバケンとその仲間たちオーケストラ in 調布」を5月31日(日)に、「in 久慈」を11月15日(日)に、「in 南相馬」を12月12日(土)に開催しました。このオーケストラはプロ・アマ・年齢を問わず、活動主旨に賛同する不特定多数の演奏家たちとそれを支えるスタッフから構成され、知的障がいのある方々を招いて生の演奏を聴いていただくためにボランティアコンサートを行っています。
キリングループは「復興応援 キリン絆プロジェクト」の3本柱の中の、「子どもの笑顔づくり支援」の一環として、2011年11月に応援を開始し、2015年までに通算13回開催しました。
今後もグループ一体となって、「絆を育む」をテーマに、被災地の皆さまの“地域社会の絆”や“家族の絆”を深めていただけるよう、復興支援策に全力で取り組んでまいります。被災地の一日も早い復興を心より祈念するとともに、キリングループとして、引き続き被災地の皆さまの支援に尽力してまいります。

※南相馬公演については無料でご招待いたしました。

キリン絆プロジェクト コバケンとその仲間たち

復興応援キリン絆プロジェクト

芸術文化支援のあゆみ

1979年

キリンオレンジ劇場開始(~1988年)

"お客様の心が豊かになるひとときを提供するために…"
全国各地のお客さまに、芸術文化鑑賞機会を提供。

より多くのお客様に、芸術文化鑑賞機会を提供し、心が豊かになるひとときを過ごしていただきたい、という思いをもとに開始しました。
質の高いミュージカル作品を全国各地へ展開し、手ごろな料金で提供、多くのお客様に鑑賞いただきました。(劇団四季「青い鳥」(28都市)、同「赤毛のアン」(15都市)など)

1985年

キリンニューイヤーコンサート開始(~2009年)

良質のクラシック音楽を手ごろな料金で楽しんでいただく機会を提供。毎年、テーマを変えて開催しました(東京交響楽団特別定期演奏会)。

1987年

KPOキリンプラザ大阪開館(~2007年)

"現代芸術との出会い…芸術創造型の活動を目差して"
「新たな可能性に挑戦する現代芸術を支援する」をコンセプトに、KPOキリンプラザ大阪を情報発信拠点とし、「キリンアートアワード」の開催、また現代舞踊の普及などに取り組みました。

1987年11月14日、大阪ミナミに光の塔が浮かび上がり、道頓堀川の水面を照らした。建築家、高松伸による、斬新なスタイルのキリンプラザ大阪の出現は、大阪に大きな衝撃を与えた。この建物は、日本建築学界賞を受賞するなど、内外からの大きな評価を得た。

(キリンプラザ大阪15周年記念誌「THE EXPOSE」より抜粋)

1990年

キリンアートアワード創設(~2005年)

新鋭アーティストの発掘と育成を目的として創設。アーティストの登竜門として、多数の応募をいただいた、ジャンル不問の公募コンクール。受賞者からは、世界レベルで活躍するアーティストが多数生まれました。

<写真:ヤノベケンジ作品「タンキングマシーン」>

1998年

KPOキリンプラザ大阪がメセナ大賞「普及賞」受賞

企業メセナ協議会が芸術文化の振興に高く貢献した企業を表彰する「メセナ大賞(現メセナアワード)」の「普及賞」を受賞しました。

1999年

現代舞踊支援開始

勅使河原三郎氏の公演協賛を皮切りに、世田谷パブリックシアター「キリンダンスネットワーク二十一世紀舞踊シリーズ」など、優れた現代舞踊の公演を全国で鑑賞いただく機会を提供しました。

<写真:H.アール・カオス「春の祭典」/撮影:松山悦子>

2000年

KPOキリンプラザ大阪リニューアル

「アートとビールの融合」をコンセプトに、先進性や発信力に富んだアートと、ビール文化の奥深さを体感していただくための複合施設としてリニューアルしました。

2007年の閉館まで、多くのお客様にご来場いただきました。

2001年

キリンダンスサポート創設(~2011年)

現代舞踊の公演機会が少ない地方都市において、より多くのお客様に現代舞踊の優れた作品に触れる場を提供することを目的に朝日新聞社の協力のもと創設しました。

2004年

キリンダンスネットワーク・コミュニケーションイベント開始(~2006年)

現代舞踊ジャンルのアーティストの協力により、体験・参加型のプログラムを全国のキリンビール工場・関連施設で実施しました。

近藤良平、森山開次、水と油メンバーを講師に迎え、お子様と保護者の方がコミュニケーションをとりながら実際に体を動かし、楽しんでいただくプログラムを通じ、未来を担う世代の育成にも取り組みました。

2008年

「キリンシート」のプログラム開始

キリンホールディングス設立…CSR、社会貢献活動として、新たな芸術文化支援活動がスタート
2007年7月にキリンホールディングスが設立され、従来キリンビールとして行ってきた芸術文化支援への思いを引継ぎ、より多くのお客様に、芸術文化の楽しさを提供しています。
芸術文化支援を通じた社会貢献活動の取り組みを開始しました。

ピアノデュオ「レ・フレール」と協働し、彼らの公演の会場で「キリンシート」を設置しました。

※2012年4月以降より、プログラムを「キリンキッズシート」へと変更しました。

レ・フレール公式サイト

2011年

「キリン絆プロジェクト」にて音楽を通じた支援を開始

小林研一郎さん(通称:コバケン)による「コバケンとその仲間たちオーケストラ」と協働し、東北地方を中心に、岩手県、福島県において被災された方々を招待するコンサートの開催を開始いたしました。

キリン絆プロジェクト コバケンとその仲間たち

2012年

「キリンキッズシート」のプログラム開始

全国の子どもたちを対象にした「キリンキッズシート」の取り組みを開始。ピアノデュオ「レ・フレール」の全国ツアーに引き続き協賛し、1公演あたり20席を提供しました。

芸術文化支援活動をシェアする

※ お酒に関する情報の場合、20歳未満の方の共有(シェア)はご遠慮下さい。

CSV~社会との共有価値創造~ トップ

[ここからフッタです。]

先頭へジャンプ