[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

人気商品で見るキリン品質

1. 原料を選ぶ

豊かに実った麦、香り高いホップ、大切に磨きぬいた水。選りすぐりの原料を用意します。
麦にはたっぷりと水分を含ませ、発芽させた後乾燥させて成長を止め、麦芽(モルト)にします。

写真
check!

選び抜いた原料も、工場受入れの際にはその都度入念な検査を行います。

写真

2. 仕込む

湯を張った糖化槽に細かく砕いたモルトを入れ、“もろみ”を作ります。もろみの中では、麦芽の澱粉が糖に分解され、甘い”麦汁”ができます。もろみを麦汁ろ過機に通して麦汁を取り出し、ホップを加えて煮沸します。
「一番搾り」は、麦汁ろ過の工程で、もろみから自然に流れ出てくる、最初の麦汁(一番搾り麦汁)だけでつくられます。

写真
check!

一番搾り麦汁のみで仕込むと上品ですっきりとした味、その後エキス分を絞り出した二番搾り麦汁も使って仕込むと、豊かで飲みごたえのある味のビールになります。商品ごとに最適なプロセスが、慎重に選ばれます。

check! 写真

3. 発酵させる

煮沸を経て、冷やした麦汁に酵母を加えて低温発酵します。
糖分がアルコールと炭酸ガスに分解され、若ビール(名前の通り、まだ未熟なビールです。)が誕生します。

写真
check!

商品の特徴に応じて、きめ細かな発酵条件の調整を行っています。特に温度管理には、細心の注意を払っています。

写真
写真

4. 貯蔵する

若ビールを約0℃でじっくりと貯蔵し、熟成させます。
この間に、調和のとれた風味と香りが生まれ、味が整ってきます。

写真
check!

熟成の判断の決め手は「香り」。化学分析と、人の五感を駆使した官能評価との合わせ技で、香りのチェックを行います。

写真
写真

5. ろ過する

熟成の終わったビールから酵母や余分なたんぱく質を取り除くと、雑味のない、美しい琥珀色のビールに仕上がります。

写真
check!

どちらも目には見えませんが、おいしさのために取り除くものは取り除き、旨みはしっかり残します!

写真

6. 容器に詰める

写真

缶やビンに詰め、素早くふたをします。缶の場合はふたをかぶせた後に巻き締めます。1分間に、缶は最大で2,000本、ビンは600本のスピードで完了します。

check!

新鮮さを保つため、この工程ではスピードが命!空気に触れる時間は極限まで短くします。

写真

7. 検査する

検査機で全数、内容量を厳密に確認します。チェック後の缶ビールは、完全自動包装で段ボール包装され、さらに重量検査などのチェックも行われます。

写真
写真
写真
写真
写真
写真
check!

商品の見た目も大切です。機械での検査に加え、人による外観検査も行って、万全を期しています。

写真

8. お店に向けて出発する

すべての検査をクリアしたビールは、倉庫に送られた後、新鮮なうちに各地のお店に輸送されて店頭に並べられます。

写真 写真
check!

輸送時は、商品に振動を与えないよう、丁寧な運転を心がけています。また、トラックにも衝撃を吸収する「エアサス」が搭載されているんですよ。

写真

9. お客様のもとに

「発売以来、ずっと一番搾りです」と言っていただけることも少なくありません。
今日もお客様の、“最高の一杯!”に選ばれますように。

写真
check!

一番搾りは2010年にビールの本場ドイツで生産を開始し、「KIRIN ICHIBAN」の商品名で欧州各国で販売されています。
法律により麦芽100%のビールのみが醸造を許されているドイツ。厳格な基準の中、生産が実現したのは日本のビールブランドとしては初の快挙! 一番搾り製法というニッポンの技が認められ、「KIRIN ICHIBAN」は欧州でも予想を超える人気を博しています。

写真 一番搾りの商品ページはこちら(別ウインドウで開きます) 写真

10. 一枚のラベルに品質への誇りを込めて 10. 一枚のラベルに品質への誇りを込めて

「本格独逸風(ほんかくドイツ風)」。
キリンビール創立時に目指したビールづくりの志は、脈々と醸造家に引き継がれていきました。

キリン品質

おいしさをつくる 技、ひと、想い。 そのすべてが、キリン品質。

一枚のラベルに品質への誇りをこめて

キリン品質

麒麟麦酒株式会社創立(1907年)の頃の横浜山手工場

1885(明治18)年 横浜山手

1888(明治21)年のラベル

1889(明治22)年のラベル

1888(明治21)年 キリンビール発売

最新の設備と資格ある醸造技師を揃え 本格ドイツ風麦酒を発売

急速に西洋化が進む明治にあって日本で好まれるビールは、スッキリとした味わいのラガータイプのビールだという思いがありました

麦汁ろ過機

冷凍機(イメージ)

設備はすべてドイツから輸入

ラガータイプすなわち低温熟成に欠かせない

冷凍機

を業界で初めて導入

最新の技術を有する資格あるドイツ人醸造技師と契約 品質には一切の妥協を許しませんでした

三代目の醸造技師アイヘルベルク

麦芽やホップはもとより、びんやコルクにいたるまでドイツ製 まだ技術力が発展途上の日本で、最高のドイツ風ビールをつくるためのこだわりだったのです

1889(明治22)年のラベル

リニューアル当時(1991年)のキリンビール横浜工場全景

「キリン一番搾り生ビール」350ml缶

キリンの品質へのこだわりは一番搾りにもひきつがれています

一番搾りの原料は、麦芽とホップだけ

横浜工場(仕込釜)

麦汁ろ過工程でもろみから最初に流れ出る一番搾り麦汁

その、もろみから最初に流れ出す一番搾り麦汁

一番搾り製法の源流それは、

かつてドイツで祝祭の日に飲まれていた特別なビール

うまさにこだわると、一番搾り製法になる

キリン一番搾り生ビール

「キリン一番搾り生ビール」350ml缶

キリン品質

一枚のラベルに品質への誇りをこめて

一番搾り

キリン品質

午後の紅茶®

キリン品質

Chateau Mercian

メルシャン品質

キリン品質

おいしさをつくる 技、ひと、想い。そのすべてが、キリン品質。

~いつの時代にも、最高の安全、安心を~

  • 一番搾りをお届けするまで
  • 午後の紅茶をお届けするまで
  • シャトー・メルシャンをお届けするまで

Replay

いつの時代にも、最高の安全、安心をお届けしてまいります。

このビジュアルの解説はこちら

[ここからフッタです。]

先頭へジャンプ