[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

熊本への復興支援

熊本への復興支援

キリンは、被災地の一日も早い復興を心より祈念し、被災地の方々の絆や被災地と全国の絆をより深めていただけるよう、復興支援活動を継続してまいります。

熊本地震復興支援に向けた中期的な取り組みについて

1 熊本地震への復興支援拠出金などの概要
  • (1)キリングループで義捐金1億円を拠出します。
  • (2)救援物資として「アルカリイオンの水」2Lを30,000本提供しました。
  • (3)お客様にお買い上げいただいた商品の売上げの一部、グループ各社の従業員や家族からの募金を支援金として復興支援活動に役立てます。
  • ①キリンビール株式会社(社長 布施孝之)が5月10日(火)から順次発売している「47都道府県の一番搾り」の売上げ1本につき1円を拠出。
  • ②メルシャン株式会社(社長 横山清)が販売する「八代不知火蔵 白水」の売上げ1本につき5円(200ml商品は1本につき1円)を拠出。
  • ③キリンビバレッジ株式会社(社長 堀口英樹)が今年3月にリニューアル発売した「キリン生茶」の小型ペットボトル商品※の本年7月の1カ月間の売上1本につき1円を拠出。
    ※280ml、430ml、525ml、555mlのペットボトル4品種。
  • ④グループ従業員を対象にした募金を実施中。
2 支援金を活用した復興支援活動の概要

キリングループは、2011年に東日本大震災の復興支援活動として「復興応援 キリン絆プロジェクト」を立ち上げ、「絆を育む」をテーマにグループ各社が一体となり展開しています。当グループは熊本地震の被災地の一日も早い復興を心より祈念するとともに、引き続き被災された皆様の支援に取り組みます。

「食産業復興支援」「地域の活性化支援」「心と身体の元気サポート」の3つの幹で活動していきます。

  • (1)食産業復興支援
    熊本県は日本有数の農業県であることから、農業、畜産・酪農の復興を支援していきます。
  • (2)地域の活性化支援
    今回の震災は観光施設への影響が大きいため、熊本城の復旧など観光の活性化を支援します。
  • (3)心と身体の元気サポート
    被災した子供たちの身体と元気をサポートする活動として、公益財団法人日本サッカー協会(JFA)と協働してサッカーを通じた支援を実施していきます。

キリングループの商品を通じた熊本地震への復興支援について

「一番搾り 熊本づくり」 全国発売記念出荷式・懇親会

2016年9月26日
熊本県産米を使用し、熊本の誇りを込めてつくった「一番搾り 熊本づくり」は、10月12日より全国発売され、好評発売中です。キリンビールマーケティング株式会社熊本支社(支社長 麻生 芳彦)では、発売に先立って9月26日にキリンビール福岡工場で記念出荷式を行いました。

「一番搾り 熊本づくり」の全国発売を通じた熊本地震への復興支援について

2016年7月6日
キリンビール株式会社(社長 布施孝之)は、「復興応援 キリン絆プロジェクト」の活動の一環として、この度、熊本地震で被災された方、および当該被災地のお役に立てていただくことを目的に、熊本県産素材を使用し、熊本県の誇りを込めて造った「一番搾り 熊本づくり」を、10月12日(水)より全国で発売します。また、同商品の売り上げ1本につき10円を熊本地震の被災地の復興支援策に活用します。
「一番搾り 熊本づくり」は、“地元の誇りを、おいしさに変えて”をスローガンに、熊本県で暮らすお客様との共創を通じて、地域の魅力を発掘しながらつくりだした特別な「一番搾り」です。
熊本県以外のお客様から復興応援のため「熊本づくりを買いたい」との声をいただき、今回熊本県限定から全国発売に切り替え、同商品を通じて被災地の復興支援に取り組んでいきます。

「キリン 生茶」を通じた熊本地震への復興支援について

2016年6月1日
キリン株式会社(社長 磯崎功典)は、「復興応援 キリン絆プロジェクト」の活動の一環として、この度、熊本地震で被災された方、および当該被災地のお役に立てていただくことを目的に、キリンビバレッジ株式会社(社長 堀口英樹)が今年3月にリニューアル発売した、「キリン 生茶」の小型ペットボトル商品※を対象に、本年7月の1カ月間の売上げ1本につき1円を拠出し、被災地の復興支援に活用します。
※ 280ml、430ml、525ml、555mlのペットボトル4品種。

「キリン 生茶」は、原料の一部に九州産の茶葉を使用しており、茶葉を低温で丁寧に抽出した後に、 微粉砕した“かぶせ茶”の粉末茶を加え、まる搾りにした生茶葉抽出物を加えることにより“お茶のいいところをまるごと”楽しめる緑茶です。
当社は九州とのかかわりが深い「生茶」を通じて、被災地の復興支援に取り組んでいきます。

「八代不知火蔵 白水」を通じた熊本地震への復興支援について

2016年5月17日
キリン株式会社(社長 磯崎功典)は、「復興応援 キリン絆プロジェクト」の活動の一環として、この度、熊本地震で被災された方、および当該被災地のお役に立てていただくことを目的に、メルシャン株式会社(社長 横山清)が販売する「八代不知火蔵 白水」の売上げ1本につき5円(200ml商品は1本につき1円)を拠出し被災地の復興支援に活用します。

「八代不知火蔵 白水」は、メルシャン社の本格焼酎製造の拠点「八代不知火蔵」(熊本県八代市三楽町)で製造しています。仕込み水に球磨川伏流水を、製品の約4割※を占め焼酎の味わいを大きく左右する「割り水」に熊本県南阿蘇村の「名水百選 白川水源水」を使用した、水にこだわり抜いた本格焼酎です。
熊本県にゆかりの深い同商品を通じて、被災地の復興支援に取り組んでいきます。
※ 焼酎原酒アルコール度数43度を製品として25度へ希釈する場合

「47都道府県の一番搾り」を通じた熊本地震への復興支援について

2016年5月10日
キリン株式会社(社長 磯崎功典)は、「復興応援 キリン絆プロジェクト」の活動の一環として、この度、熊本地震で被災された方、および当該被災地のお役に立てていただくことを目的に、キリンビール株式会社(社長 布施孝之)が5月10日(火)から順次発売を開始した「47都道府県の一番搾り」の売上げ1本につき1円を拠出し被災地の復興支援に活用します。

「47都道府県の一番搾り」は、“地元の誇りを、おいしさに変えて”をスローガンに、地域で暮らすお客さまと一緒になって、地域の魅力を発掘しながらつくりだす特別な「一番搾り」です。「一番搾り 熊本づくり」をはじめ、全国の47都道府県ごとに味や個性が違う“地域に寄り添う”同商品を通じて被災地の復興支援に取り組んでいきます。

熊本の誇りを全国の皆さまへ

熊本の誇りを全国の皆さまへ

熊本地震への復興支援をシェアする

※ お酒に関する情報の場合、20歳未満の方の共有(シェア)はご遠慮下さい。

[ここからフッタです。]

先頭へジャンプ