[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

年度別活動報告

  • 水産業の支援
  • サッカーを通じた支援
  • 音楽を通じた支援
  • 農業関連の高校生の就学支援
  • キリン絆ボランティア
  • 復興応援 キリン絆プロジェクト
  • 農業の支援
  • 水産業の支援
  • サッカーを通じた支援
  • 音楽を通じた支援
  • 農業関連の高校生の就学支援
  • キリン絆ボランティア
  • 復興応援 キリン絆プロジェクト
  • 農業の支援

年度別活動報告

  • 年度別活動報告
  • 復興応援 キリン絆プロジェクト
  • 農業の支援
  • 水産業の支援
  • サッカーを通じた支援
  • 音楽を通じた支援
  • 農業関連の高校生の就学支援
  • キリン絆ボランティア
  • 年度別活動報告
  • 復興応援 キリン絆プロジェクト
  • 農業の支援
  • 水産業の支援
  • サッカーを通じた支援
  • 音楽を通じた支援
  • 農業関連の高校生の就学支援
  • キリン絆ボランティア
キリンは、被災地の一日も早い復興を心より祈念し、被災地の方々の絆や被災地と全国の絆をより深めていただけるよう、復興支援活動を継続してまいります。

地域食文化・食産業の復興支援

農業の支援

2013年からスタートした第2ステージ(復興に向けたソフト支援)では、岩手県、宮城県、福島県のJAや農業団体を対象に生産支援だけでなく、農作物のブランド育成支援、6次産業化に向けた販路拡大支援、将来にわたる担い手・リーダー育成支援などを展開し、2013年1月から2014年12月までに約8億円(39案件)の支援に取り組みました。また、福島県については、原発事故の影響による厳しい状況の中、2015年以降2016年2月までに、1億円(6案件)の追加支援を行い、いずれも公益社団法人日本フィランソロピー協会の協力のもと助成しました。2016年12月までの期間において、合わせて約1億3,000万円の助成支援を行っていきます。

将来にわたる担い手・リーダー育成支援としては、2013年4月から支援している「東北復興・農業トレーニングセンタープロジェクト」が3年目を迎え、「農業経営者リーダーズネットワークin東北」(農業経営者84名:1期30名、2期30名、3期24名)と、「農業復興プロデューサーカリキュラムin東京」(ビジネスパーソン124名:1期56名、2期44名、3期24名)の2つを開設し、新しい地域の農業ビジネスの創出を目指しています。
2つのカリキュラムは常に相互に連携しながら、地域誘客・新規顧客開拓・新商品開発等の課題解決に向けて取り組んでおり、地域を巻き込み、地域の課題解決につながる将来性のある事例創出が始まっています。

水産業の支援

2013年からスタートした第2ステージ(復興に向けたソフト支援)では、岩手県、宮城県、福島県の水産業関係者を対象に、生産支援だけでなく、水産物のブランド育成支援、6次産業化に向けた販路拡大支援、将来にわたる担い手・リーダー育成支援などを展開しています。岩手県、宮城県については、2013年から2015年12月までに、約8.5億円(36案件)の支援に取り組みました。福島県については、原発事故の影響による厳しい状況の中、2015年度に2,500万円(2案件)の支援を行いました。いずれも公益社団法人日本財団の協力のもと助成しました。今後も、2016年12月までの期間において、合わせて約1億円の助成支援を行っていきます。

子どもの笑顔づくり支援

音楽を通じた支援

2015 年は「キリン絆プロジェクト」の一環として、東京都調布市と岩手県久慈市、福島県南相馬市にて「コバケンとその仲間たちオーケストラ」の計3回の公演を支援しました。コンサートでは世界的指揮者である小林研一郎さん(コバケン)とその仲間たちが日本各地、及び海外から集まり、地元の小学校から大人までのさまざまな年齢やバックグラウンドの方々と共に舞台の上で音楽を奏でました。南相馬公演は全席を無料で開催し、被災した方々や避難している方々そして、障がいをお持ちの方々もご招待し、各公演とも多くのお客様にご来場いただきました。

心と体の元気サポート

サッカーを通じた支援

公益財団法人日本サッカー協会の協力を得て、岩手県、宮城県、福島県の小学生を対象に、巡回によるサッカー教室「JFA・キリン スマイルフィールド」を開催し、サッカーを通じてスポーツの楽しさ、心の豊かさを伝えています。第1回目は2011年9月1日に仙台市の小学校で開催し、2015年12月末までに岩手県、宮城県、福島県の657校で開催、99,438人の小学生が参加しました。

従業員による被災地支援

キリン絆ボランティア

2015年も宮城県南三陸町で、社会福祉協議会の南三陸ボランティアセンターの協力を得て、漁業支援(牡蠣の仕訳、殻の洗浄、牡蠣剥き場の下回り作業など)や、仮設住宅でのボランティアを実施しました。これまでに、延べ1,046名のグループ各社の従業員がボランティア活動に参加しました。

支援活動と拠出額

2014年度をもって当初予定していた3年間で60億円の拠出に達しましたが復興の現状を踏まえ、未来につながる絆を育むことを目指し、2015年度は3つの幹の活動に314,259,050円を拠出しました。

活動内容 2015年 累計
地域食文化・食産業の復興支援 農業復興・再生に向けた支援 120,300,000円 1,891,630,151円
養殖業復興・再生に向けた水産業の支援 0円 1,618,191,858円
大学への支援 10,000,000円 70,000,000円
その他 71,518,518円 163,297,400円
子どもの笑顔づくり支援 農業関連高校生就学支援 0円 589,700,509円
卓球を通じた支援 0円 164,317,038円
理科教育支援 0円 160,421,842円
音楽を通じた支援 16,391,462円 102,979,286円
心と体の元気サポート サッカーを通じた支援 96,049,070円 1,544,965,187円
東北六魂祭の支援 0円 20,895,303円
情報収集と発信 0円 12,000,000円
年度計 314,259,050円 6,338,398,574円
活動内容 2015年 累計
地域食文化・食産業の復興支援
農業復興・再生に向けた支援 120,300,000円 1,891,630,151円
養殖業復興・再生に向けた水産業の支援 0円 1,618,191,858円
大学への支援 10,000,000円 70,000,000円
その他 71,518,518円 163,297,400円
子どもの笑顔づくり支援
農業関連高校生就学支援 0円 589,700,509円
卓球を通じた支援 0円 164,317,038円
理科教育支援 0円 160,421,842円
音楽を通じた支援 16,391,462円 102,979,286円
心と体の元気サポート
サッカーを通じた支援 96,049,070円 1,544,965,187円
東北六魂祭の支援 0円 20,895,303円
情報収集と発信 0円 12,000,000円
年度計 314,259,050円 6,338,398,574円

[ここからフッタです。]

先頭へジャンプ