[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

環境活動・トピックス

2016年10月25日

CDPから2年連続して「気候変動」「CDPウォーター」の両方で最高評価のAリストに選定されました

CDP Climateのロゴ CDP Waterのロゴ

キリンホールディングス株式会社は、環境情報開示システムを提供する国際的な非営利団体であるCDP※1により最高評価である「気候変動Aリスト」「ウォーターAリスト」企業に認定され、2017年10月24日(火)に発表されました。
当社がAリストに認定されるのは、「気候変動」については2014年から4年連続、「ウォーター」については2年連続です。
2017年にAリストに認定された企業は世界全体で160社でした。そのうち、「気候変動」では112社、「ウォーター」では73社がAリストに認定されています。また、「気候変動」、「ウォーター」ともにAリストに認定された日本企業は6社ですが、当社は2年連続して両方でAリストに認定されました。

  • ※1 CDPは、国際的な非営利組織であり、企業や政府が温室効果ガスの排出を減らし、水資源を守り、森林を守ることを促進しています。投資家による投票では気候研究の第一位を獲得し、資産総額100兆米ドルに及ぶ機関投資家と協働しており、投資家と企業の調達を通じて、企業が環境影響について情報開示をし、管理をすることを促しています。2017年には、世界全体の時価総額の55%相当を占める6,300社がCDPを通じて環境情報を開示しています。
写真

CDP2017日本報告会で登壇する
キリンホールディングス(株)
代表取締役副社長 西村慶介

<< 参考 >>

[ここからフッタです。]

先頭へジャンプ