[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

環境活動・トピックス

2017年11月24日

「つながっている、わたしたちと世界」
今回のキリン・スクール・チャレンジのテーマは“午後の紅茶×持続可能な容器”です

2017年10月29日、11月5日に開催したこのワークショップには、合計48名の中高生のみなさんが参加しました。
キリンが行っているペットボトルや紙など、容器に関する持続可能な資源利用の取り組みを通して、直面した現実と課題を中高生のみなさんが自分たちの目線で読み取り、それを同世代に向けたメッセージと写真に表現しSNSで発信しています。
今回の作品は伝えたいメッセージを31文字であらわし、写真はチーム毎に月を感じるカレンダー風に仕上げています。ぜひご覧ください。

< 2017年10月29日 >

  • 9時15分 集合

    台風が近づいていましたが交通に影響はなく、24名の中高生が参加しました。

    集合の様子1 集合の様子2
  • 9時30分  オリエンテーション

    レゴを使って自己紹介。初めて会ったのにお互いのオタクポイントもわかり、うちとけてきましたね。

    オリエンテーションの様子1 オリエンテーションの様子2
  • 10時30分  講義

    まずはキリンCSV戦略部から、キリンの環境への取り組みと容器包装のリサイクルについて聞きました。次にキリン パッケージング技術研究所から、ペットボトルや紙容器の講義です。6缶パックも組み立ててもらいましたが、どう組み立ててよいのかわからず悪戦苦闘。うまくできたかな。

    講義の様子1 講義の様子2 講義の様子3 講義の様子4
  • 13時10分  質問タイム

    講義のあと疑問に思ったことをチームでまとめ質問しました。理解が深まりましたね。

    質問タイムの様子1 質問タイムの様子2
  • 13時40分  さあ作品づくり

    自分たちで感じた社会的な課題と、どうしたら解決できるのかイメージを膨らませます。一人ひとりの想いをチームで重ね合わせ、資源の大切さや私たちにできることを31文字のメッセージに込めました。
    メッセージができあがったら、さあ作品づくりです。試行錯誤を繰り返し、SNSで発信する写真に仕上げました。

    作品づくりの様子1 作品づくりの様子2 作品づくりの様子3 作品づくりの様子4 作品づくりの様子5 作品づくりの様子6 作品づくりの様子7 作品づくりの様子8
  • どの作品も私たちを取り巻く環境課題への深い理解と、解決するための想いをのせた素晴らしいものになりました。
    できあがった作品は、キリン・スクール・チャレンジのサイトで紹介しています。

    「こども国連環境会議推進協会」のアカウントでも発信し、作品ごとにリツイート数を競います。あわせて「こども国連環境会議推進協会」のアカウントをフォローした上でリツイートしていただいた方の中から抽選で「キリン 午後の紅茶 ストレートティー デカフェ(500ml)」や、エコパンダのパペットをプレゼントするキャンペーンも実施します。

    詳細はこちらを参照ください。
    別ウィンドウで開きますこども国連環境会議推進協会のウェブサイト

    • 10月29日実施分 優勝チーム:第2班(268リツイート獲得)
    • 11月5日実施分 優勝チーム:第7班(362リツイート獲得)
    • ※いずれも2017年11月30日時点

    ※キリン・スクール・チャレンジ twitter キャンペーンは終了しました。

    10月29日のワークショップ参加者
    10月29日の作品一覧

< 2017年11月5日 >

11月5日(日曜日)はトランプ大統領が来日した日。24名の中高生が参加しました。

ワークショップの様子1 ワークショップの様子2 ワークショップの様子3 ワークショップの様子4 ワークショップの様子5 ワークショップの様子6 ワークショップの様子7 ワークショップの様子8 ワークショップの様子9 ワークショップの様子10 ワークショップの様子11 ワークショップの様子12
11月5日のワークショップ参加者
11月5日の作品一覧

※キリン・スクール・チャレンジ twitter キャンペーンは終了しました。

[ここからフッタです。]

先頭へジャンプ