[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

環境活動・トピックス

2016年8月1日

WWFジャパン「企業の温暖化対策ランキング食料品業種」で第1位を獲得しました

WWF企業の温暖化ランキング表紙

キリングループは、WWFジャパン(世界自然保護基金ジャパン)が2016年4月12日に発表した「企業の温暖化対策ランキング」プロジェクト『食料品』業種の日本企業25社の調査結果において、第1位を獲得しました。WWFジャパンでは、日本企業の温暖化対策を調査して「企業の温暖化対策ランキング」としてまとめて発表してきましたが、今回の食料品業界のランキングは、2014年8月に発表した電気機器業界、2015年2月に発表した自動車業界に続く第3弾となります。

この評価では21の評価指標を定めて評価を行っていますが、キリンは実効性の観点から特に重要だとされる7つの指標のうち長期的ビジョン、ライフサイクル全体での排出量の開示など計4つの指標で満点を獲得し、トップランナーとして認められました。

特に、自社のバリューチェーンから発生する環境負荷を地球が賄うことができる能力とバランスさせることを目指し、バリューチェーン全体のCO2排出量を2050年に半減するという目標を掲げて取り組んでいる点、そのための共同配送や詳細な情報開示などが評価されました。

<関連情報>

『企業の温暖化対策ランキング』~実効性を重視した取り組み評価~ Vol.3『食料品』編報告書
別ウィンドウで開きますhttp://www.wwf.or.jp/activities/upfiles/20160412scorecard_WWF.pdf(PDF:992 KB)PDFを新しいウィンドウで開きます

WWFジャパンでの紹介ページ
別ウィンドウで開きますhttp://www.wwf.or.jp/activities/2016/04/1313812.html

Get ADOBE READER

PDFファイルを開くためには、「Adobe Reader 7.0」以上のソフトが必要です。お持ちでない場合はこのボタンをクリックしてください。ダウンロードサイトにジャンプします。

[ここからフッタです。]

先頭へジャンプ