[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

環境活動・トピックス

2016年3月25日

キリンはEARTH HOUR(アースアワー)2016に協賛しました

60+ EARTH HOUR 青い地球を未来へつなぐ60分

『EARTH HOUR(アースアワー)』とはWWF(世界自然保護基金)が提唱し、午後8時30分~9時30分の1時間、照明を消すことで地球温暖化防止や地球環境保全の決意を表明する世界最大の環境キャンペーンです。
2016年は3月19日(土曜日)に実施され、当日は日付変更線のすぐ西側に位置する南太平洋諸国から始まり時差の関係から、東から順に消灯がぐるりと地球を一周しました。

日本でも当日は午後から『EARTH HOUR 2016 in Yokohama』と題したイベントが開催されました。
キリンはこのイベントに協賛し、ブースを出展してキリングループの長期環境ビジョンの実現に向けた様々な活動をパネル展示だけでなく、「触れる地球」、「暗くなると光るシール」、「容器の体験コーナー」など体感できるツールをとおして紹介しました。
消灯時には来場者に貼って頂いた「暗くなると光るシール」をブースの前面に出して展示しました。また、会場で使用する電力は全て自然エネルギーで賄われましたが、一部の電力にキリンもグリーン電力証書を活用し協力しました。

EARTH HOUR 2016 in Yokohama

  • 日時:2016年3月19日(土曜日)13時00分~21時30分(消灯時間は20時30分~21時30分)
  • 場所:横浜市 桜木町駅前広場
  • コンセプト:「青い地球を、未来へつなぐ60分」

出展ブース概要

① キリンの長期環境ビジョン
デジタルを利用した地球儀「触れる地球」によって、持続可能な社会実現に向けたキリンの長期環境ビジョンについて紹介。
② 生物資源
キリンの様々な商品の生産地で行っている生物資源に関わる活動を紹介。
生産地に生息する生きものが描かれた“暗くなると光るシール”をパネルに貼って頂きました。
③ 容器包装
お客様や製品を運んでくれる人のことを想い、軽くて使いやすく、自然環境への影響を最小限にしたパッケージのこだわりを、持ち比べたり、実際にペットボトルをつぶしたりして体験頂きました。
④ キリン・スクール・チャレンジ
日本の中高生が主役になって世界の様々な課題を考え、課題解決に向けて挑戦するプログラム「キリン・スクール・チャレンジ」で制作されたポスター等を「デジタルサイネージ」で紹介しました。
アースアワーの様子

EARTH HOUR(アースアワー)の詳細はこちらを参照願います。
別ウィンドウで開きますhttp://www.wwf.or.jp/campaign/earthhour/

[ここからフッタです。]

先頭へジャンプ